「スマートインスリンペン」2種を日本で承認申請 インスリン投与データを自動的に記録 ノボ ノルディスク ファーマ

 ノボ ノルディスク ファーマは、糖尿病患者にデジタルコネクティビティを提供する「スマートインスリンペン」(インスリンペン型注入器)2種について、承認申請を厚生労働省に提出したと発表した。
インスリン投与データを経時的に記録し、振り返ることができるインスリンペン型注入器
 「スマートインスリンペン」は、インスリン投与データ(投与単位・投与時間)を自動的に記録し、スマートフォンと連携することで、患者が自身のインスリン投与データを経時的に記録し、振り返ることができるインスリンペン型注入器。

 これにより、患者と医療従事者との話し合いを充実させ、より良い治療効果と長期的な転帰に結びつけるための用量調整の支援が可能になるとしている。また、血糖値データを記録する糖尿病管理アプリと組み合わせることで、患者と医療従事者が糖尿病管理に必要な情報を容易に入手できる可能性がある。

 「スマートインスリンペン」の主な特徴は以下の通り――。

・ 投与履歴をNFC(Near Field Communication近距離通信システム)対応のスマートフォンアプリに無線転送可能。

・ 注射機能とは別*に「最後の注射単位および最後の注射からの経過時間」を表示。

・3mLのペンフィルカートリッジで販売されている5種類のインスリンアナログ製剤(フィアスプ注、ノボラピッド注、トレシーバ注、レベミル注、ノボラピッド30ミックス注)が使用可能。

* 安全性を重視し、メモリー表示機能と注射機能を独立させている。

 インスリンは長年にわたって進化をしているが、糖尿病患者は今なおインスリンの投与を手入力で記録しており、血糖値が正常範囲内にとどまる時間は、平均して1日当たり約12時間ほどという報告がある。

 ノボ ノルディスクの新しい「スマートインスリンペン」を使用して実施されたスウェーデンの研究結果によると、1型糖尿病の患者で血糖値を正常範囲内に維持できる時間が1日当たり平均で約2時間増加した。*

* Increased time in range and fewer missed bolus injections after introduction of a smart connected insulin pen(Diabetes Technology & Therapeutics 2020年3月11日)

 「スマートインスリンペン」 (インスリンペン型注入器)2種は2月現在で、EU(2018年6月)およびカナダ(2020年11月)で承認されている。

 「スマートインスリンペンとインスリンおよびデバイスにより、患者さんは治療を管理しやすくなる可能性があります。スマートインスリンペンにより、インスリンの打ち忘れ軽減やアドヒアランスの改善などが見込めることで、糖尿病患者の治療効果を高める可能性があると考えられます。1985年に世界で初めて登場したインスリンペン型注入器であるノボペンの開発に注がれた約35年余りの経験が礎となっているスマートインスリンペンを通じ、私たちは引き続き糖尿病患者さんと医療従事者のニーズについて理解を深め、毎日の糖尿病管理の課題に対処し、患者さんの健康と生活の質の向上に取り組んでまいります」と、同社では述べている。

ノボ ノルディスク ファーマ
[Terahata]

関連ニュース

2021年03月10日
糖尿病性腎症のスクリーニングは均てん化しており、重症化予防も一定の効果を上げている 日医総研がNDBを解析 世界最大級のビッグデータ
2021年03月10日
かかりつけ医の日常診療での心房細動スクリーニングの有用性を検討 日本脳卒中協会などが「TASK-AFプロジェクト」を実施
2021年03月10日
【新型コロナ】大気汚染がCOVID-19の重症化をきたすメカニズムを解明 PM2.5がウイルスの侵入ロを拡大 京都大
2021年03月04日
【新型コロナ】COVID-19ワクチンを臨床医向けに解説 「筋肉注射の方法とコツ」も 日本プライマリ・ケア連合学会が動画を公開
2021年03月04日
高血糖による「糖尿病性筋萎縮」の病因解明 骨格筋の幹細胞「サテライト細胞」の増殖能力が衰えるのが原因 高血糖が筋肉の再生能力を低下
2021年03月02日
「スマートインスリンペン」2種を日本で承認申請 インスリン投与データを自動的に記録 ノボ ノルディスク ファーマ
2021年03月02日
糖尿病専門医レベルの方針決定ができる人工知能(AI)システムを開発 糖尿病データマネジメント研究会のビッグデータを活用 AIと非専門医を比較検証
2021年03月02日
週1回投与のデュアルGIP/GLP-1受容体作動薬「Tirzepatide」の第3相試験 2型糖尿病患者のHbA1cおよび体重を有意に減少 低血糖発生率は増やさず
2021年03月02日
トロント大学とノボ ノルディスクが革新的パートナーシップを締結 インスリン発見100周年を記念して
2021年03月02日
人工知能(AI)により糖尿病や脂質異常症などの将来リスクを予測し行動変容につなげる 国際医療研究センターなどが共同研究

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶