【新型コロナ】迅速抗原検査キット「SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト」発売 専用の装置は必要なく15分で判定 ロシュ

 ロシュ・ダイアグノスティックスは、専用の装置を使わずに新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗原を検出する体外診断用医薬品「SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト」を2月12日に発売した。承認は2月9日に取得した。
鼻腔ぬぐい液は受診者による採取も可能
 「SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト」は、鼻咽頭ぬぐい液、または鼻腔ぬぐい液を用いて新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗原を検出し、SARS-CoV-2感染の診断を補助する検査薬。

 専用の装置は必要なく、約15分で結果を判定することができる。ポイントオブケアテスティングと呼ばれる患者のそばで行われる場面で使用できる。また鼻腔ぬぐい液は、医療従事者の管理下のもと受診者による採取も可能のため、医療従事者の感染リスクを低減し、受診者の負担も軽減できる。

 同社は、これまでも遺伝子検査(PCR法)や免疫検査を通じて新型コロナウイルス感染症の対策に寄与しており、同品の発売により製品ラインナップをさらに強化し、国内の臨床検査体制の構築と迅速かつ適切な診療に貢献するとしている。

SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト

SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト 概要

製品名SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト
使用目的鼻咽頭ぬぐい液または鼻腔ぬぐい液中のSARS-CoV-2抗原の検出(SARS-CoV-2感染の診断の補助)
特徴・ イムノクロマト法により新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗原を迅速に検出します。
・ 専用の測定装置は不要で、鼻咽頭ぬぐい液、または鼻腔ぬぐい液を採取したスワブを抽出用バッファーに浸した検体をキットに滴下すれば約15分後に結果の判定ができます。

【保険収載の内容】
測定項目:新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の抗原
保険点数:令和2年5月13日付 保医発0513第1号「検査料の点数の取扱いについて」
・ D012 感染症免疫学的検査 SARS-CoV-2抗原検出 600点

令和2年度 診療報酬点数
・D026 検体検査判断料 6. 免疫学的検査判断料 144点

SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト(ロシュ・ダイアグノスティックス)
[Terahata]

関連ニュース

2021年02月25日
【新型コロナ】SARS-CoV-2に対する中和抗体の取得に成功 国産抗体製剤の早期実用化を目指す 慶應義塾大学など
2021年02月25日
【新型コロナ】コロナ禍で子供の15~30%に中等度以上のうつ症状が 保護者のうつも深刻 成育医療研究センターが調査
2021年02月25日
【新型コロナ】COVID-19増加にともなう脳卒中の診療現場への影響 迅速な診療プロセスよりも医療従事者への感染防御を優先
2021年02月24日
【新型コロナ】コロナ禍で急性心筋梗塞の治療開始が遅れる 重症合併症の増加につながった可能性
2021年02月18日
褐色脂肪細胞の燃焼を促す新たなメカニズムを解明 体の熱産生にマイクロRNA-33が関与 糖尿病やメタボのターゲットに
2021年02月17日
日本人の2型糖尿病発症に関連するミトコンドリア遺伝子多型を発見 高リスクの遺伝型でも運動により発症リスクが低下することを明らかに 順天堂大学
2021年02月17日
【新型コロナ】迅速抗原検査キット「SARS-CoV-2 ラピッド抗原テスト」発売 専用の装置は必要なく15分で判定 ロシュ
2021年02月16日
【新型コロナ】看護職の4割強が「仕事を辞めたい、自信がなくなった」 コロナ禍では看護職の精神健康ケアも必要
2021年02月16日
【新型コロナ】国内初のCOVID-19ワクチン「コミナティ筋注」が承認取得 ワクチン接種は17日にも開始 欧米に2ヵ月遅れ
2021年02月12日
「ライゾデグ 配合注」 臨床診療で他のインスリン治療から切り替えた日本人2型糖尿病患者での安全性と有用性を検討

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶