電解水素水が酸化ストレスと炎症を抑制する可能性 ラットのストレス負荷に対する生体応答を調査 理研と日本トリム

 理化学研究所と日本トリムの共同研究グループは、電解水素水により、ストレスにさらされた際の生体の酸化ストレスと炎症が抑制され、ストレスに対する耐性が強くなることを確認したと発表した。
 整水器から生成される電解水素水を事前に飲用させたラットの、ストレス負荷に対する生体応答への影響を調べた実験で明らかにしたもの。
整水器から生成される電解水素水の事前飲用によるストレス抑制効果を検証
 この研究は、理化学研究所生命機能科学研究センター・チームリーダーの渡辺恭良氏、日本トリムMD室の樺山繁室長らの共同研究グループによるもの。研究成果は、「Biochemical and Biophysical Research Communications」に掲載された。

 生体に対して、制御しにくいストレス(心理的、肉体的)が負荷されると、さまざまな不調が発生し、精神疾患、慢性疲労症候群、感染症、生活習慣病などが引き起こされやすくなると考えられている。その避けられないストレスに対して耐性をもつことができれば、健康寿命延伸に寄与することが期待される。

 また、電解水素水は、水道水を整水器で浄水・電気分解することで得られる、アルカリ性で分子状水素(molecular hydrogen)を含む飲用の水。分子状水素および微量に存在する白金ナノ粒子に保持された反応性の高い水素により抗酸化作用を示すことは、学術発表されている。

 今回の実験は、整水器から生成される電解水素水を事前に飲用しておくことにより、制御しにくい持続的なストレスにさらされた際の生体応答への影響を評価することを目的に行われた。

 研究グループは、実験用ラットを電解水素水飲用群または対照水飲用群の2つに分け、1週間自由に飲水させた。その後、高さ2.2cmの水を張ったゲージに5日間置くことで慢性ストレスを与えた。その5日間は、自由飲水と一定量の強制飲水をした。持続的ストレスの前後で血中の酸化ストレスマーカー、抗酸化ストレスマーカー、炎症マーカー、ストレス応答ホルモン濃度の変化を調べた。

 その結果、電解水素水の事前飲用により、浸水ストレスによる血液中の酸化ストレスマーカーの1つである酸化度(d-ROMs)の上昇が有意に抑制され(図1A)、抗酸化能の指標の1つである抗酸化力(BAP)の低下が抑制された(図1B)。

 また、電解水素水飲用群は抗酸化力/酸化度比(BAP/d-ROMs)も、6.8±0.2から7.7±0.2へ上昇しており、還元側へ有意にシフトしていた。

出典:日本トリム、2020年

 さらに、電解水素水の事前飲用は、浸水ストレスによる血液中の炎症マーカーの1つ(IL-1β)の上昇が有意に抑制された(図2)。IL-1βは、感染やストレスを受けた際に上昇する血中の初期炎症マーカーだ。

出典:日本トリム、2020年

 電解水素水の事前飲用は、浸水ストレスによる血液中のストレス応答ホルモン濃度の変動も防いだ(図3)。

出典:日本トリム、2020年

 これらから、電解水素水を事前飲用しておくことで、ストレス環境下におかれても、電解水素水の抗酸化作用と抗炎症作用によりストレス応答が緩和される、つまりストレス耐性を強くすることが示唆された。

 今回の研究により、飲み水を、水道蛇口に接続した整水器から生成される電解水素水に替えるだけで、ストレス耐性を強くできる可能性が示された。「生活習慣化しやすいソリューション(解決策)の1つになることが期待される。今後ヒトでの検証も期待される」と、研究者は述べている。

電解水素水の飲用は、ストレス耐性を強くする(理化学研究所 2020年12月28日)
電解水素水の飲用は、ストレス耐性を強くする(日本トリム 2020年12月28日)
[Terahata]

関連ニュース

2021年03月23日
【新型コロナ】アストラゼネカ製COVID-19ワクチンはベネフィットが上回ると結論 「血栓症は根拠なし」 英国医薬品・医療製品規制庁と欧州医薬品庁
2021年03月23日
【新型コロナ】国産COVID-19ワクチンの第1/2相試験を新たに2社が開始 第一三共とKMバイオロジクス アンジェスは第2/3相試験での接種を完了
2021年03月23日
【新型コロナ】嗅覚チェックで無症状感染者を早期発見 「簡易嗅覚確認キット」を開発 順天堂大学
2021年03月23日
スタチンに対する効果が減弱している症例で心不全リスクが増加 スタチンによるコレステロール低下作用が乏しい症例は15.2% 国循が調査
2021年03月19日
テルモ、海外での糖尿病治療のデジタル化を推進 情報管理システム(DMS)で測定データを一元管理
2021年03月18日
糖尿病網膜症発症に関わるゲノム領域を同定 遺伝的要因を解明 新たな予防法・治療薬開発の足がかりに 理化学研究所
2021年03月18日
【新型コロナ】抗うつ薬「クロミプラミン」が新型コロナウイルスの細胞侵入を防ぐ 既存薬と作用点が異なり併用療法も期待できる
2021年03月18日
【新型コロナ】医師の9割がワクチンを「接種するだろう」と回答 ワクチンの「情報が不足している」との声も多い
2021年03月18日
【新型コロナ】「医療機関での感染恐怖」の払拭が治療中断や病状悪化を予防するために重要 定期通院中の患者のうち38%で受診頻度が減少
2021年03月18日
肝臓-筋肉の代謝制御ネットワークを解明 肥満症にともなう高血糖症や2型糖尿病などの全容解明を期待

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶