【新型コロナ】日本糖尿病学会と日本糖尿病協会が患者向け声明を公表「患者と医師・医療従事者が連携をとり、困難な時期を乗り切ろう」

 日本糖尿病学会と日本糖尿病協会は1月4日に、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行が拡大するなか、糖尿病患者に向けて声明を発した。
コロナ禍こそ血糖コントロールが重要
 糖尿病は、とくに血糖コントロールが良くない場合、COVID-19を含む感染症の重症化因子となる。両者は、不安な気持ちで過ごす患者に対し、血糖コントロールの重要性を周知するとともに、かかりつけの医療機関の定期的な受診を継続することを呼びかけている。

 COVID-19は医療機関で診察や検査を受けることではじめて診断される。COVID-19などの感染が疑われる場合は、「重症化しないためには、できるだけ早期に診断をつけて適切な治療を受けることが大切です」と強調し、主に次の事柄を推奨している。

・ 発熱や息苦しさなどの症状が出た場合には、保健所やPCR実施機関ではなく、まずかかりつけの医療機関に連絡して、どのようにすれば良いかを相談する。

・ 人混みを避けての運動や家のなかで体を動かすこと。

・ 一定の間隔でかかりつけの医療機関を受診して、自分の血糖コントロールや体の状態を確認すること。

一般社団法人 日本糖尿病学会

公益社団法人 日本糖尿病協会
[Terahata]

関連ニュース

2021年01月07日
【新型コロナ】2型糖尿病患者がコロナ禍で受診を控え血糖コントロールが悪化 J-DOMEの症例データを分析 日本医師会
2021年01月07日
【新型コロナ】日本糖尿病学会と日本糖尿病協会が患者向け声明を公表「患者と医師・医療従事者が連携をとり、困難な時期を乗り切ろう」
2021年01月05日
医療ビッグデータを解析する人工知能(AI)を開発 健康診断のデータから生活習慣病の発症因子を推定 エビデンスに基づく保健指導の実現へ
2021年01月05日
【新型コロナ】高齢で基礎疾患があると死亡リスクは上昇 80歳以上で基礎疾患のある患者では致命率は20%超 国立感染症研
2021年01月04日
【糖尿病ニュース TOP15】1年間で最も読まれたニュースは? 糖尿病リソースガイド/糖尿病ネットワーク
2020年12月28日
糖尿病を契機に膵がんを早期発見すると治療向上につながる 糖尿病患者の膵がんリスクは2倍
2020年12月24日
「ファリシマブ」が糖尿病黄斑浮腫の第3相試験で主要評価項目を達成 良好な持続性も 初のバイスペシフィック抗体
2020年12月24日
【新型コロナ】医療機関の受診控えで健康リスクが上昇 日本医師会は安心マークを発行「医療機関では感染防止を徹底している」
2020年12月24日
高脂血症治療薬「ピタバスタチン」の抗がん作用を発見 ドラッグ リパーパシングで新たな抗がん剤候補を探索 東京医歯大
2020年12月22日
糖尿病・肥満症外来で血糖のクラウド管理システムを用いた遠隔診療を開始在宅での血圧・体重・血糖値・インスリン使用量などを医師が確認 慶應義塾大学病院

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶