日本糖尿病財団など「ベーリンガー/リリー糖尿病研究助成プログラム」の助成対象者を発表 テーマは「糖尿病合併症の発症機序に関する研究」

 日本糖尿病財団(理事長:岩本安彦)と、日本ベーリンガーインゲルハイム、日本イーライリリーは、「ベーリンガー/リリー糖尿病研究助成プログラム」の助成金交付対象者を決定したと発表した。
糖尿病領域での革新的な研究を助成
 「ベーリンガー/リリー糖尿病研究助成プログラム」は、糖尿病研究のより一層の発展に貢献することを目的に、日本糖尿病財団・日本ベーリンガーインゲルハイム・日本イーライリリーにより設立された。

 募集研究テーマは年度毎に検討され、第7回(2020年度)の募集テーマは、「糖尿病合併症の発症機序に関する研究」(前向き臨床研究、ならびに日本ベーリンガーインゲルハイムおよび日本イーライリリーの製品に関する臨床研究は除く)で、応募期間は7月1日~8月末日だった。

 本年度は、全国から寄せられた31件の応募の中から、日本糖尿病財団選考委員会による審査・選考および、理事会による最終決定の結果、下記4名の研究者が助成金交付対象者として選ばれた。 助成金交付対象者には、研究課題1件につき225万円の助成金が交付される。

第7回(2020年度) ベーリンガー/リリー糖尿病研究助成金交付対象者
氏名所属研究課題
岩部真人東京大学大学院医学系研究科糖尿病・代謝内科講師NAFLD治療薬開発に向けた肝臓における新規シグナル情報伝達経路の解明
的場圭一郎東京慈恵会医科大学内科学講座糖尿病・代謝・内分泌内科講師糖尿病腎症の新規治療法確立へ向けたROCKシグナル機構の解明
山口慎太郎慶應義塾大学医学部腎臓内分泌代謝内科助教血管内皮細胞NAMPT‐NAD⁺合成系を標的とした脂肪組織血管新生能促進による肥満2型糖尿病・心血管疾患発症予防法の開発
山本毅士大阪大学医学部附属病院血液浄化部医員新たな細胞死フェロトーシスに着目した難治性糖尿病性腎臓病の病態解明とそれに基づく治療薬の探索

 助成プログラムに関する情報は、日本糖尿病財団のホームページに掲載されている。

公益財団法人 日本糖尿病財団
[Terahata]

関連ニュース

2021年02月09日
患者さんの2人に1人がインスリン注射の「打ち忘れ」を経験 ネットワークアンケートより
2021年02月09日
【新型コロナ】ワクチン接種の希望は説明の仕方によって増減 丁寧に説明すれば接種希望を高められる可能性
2021年02月09日
【新型コロナ】日本医師会と日本循環器連合が心血管病診療に関する緊急声明を発表 「治療中断や受診控えで重症化する患者が増えている」
2021年02月09日
後期高齢の心疾患患者の腎機能を維持するために 身体活動量を高めて心不全悪化による再入院を予防 外来心臓リハビリが有効な治療介入に
2021年02月05日
世界初の経口投与できるGLP-1受容体作動薬「リベルサス錠」 2型糖尿病治療薬として発売 新たな治療オプションを提供
2021年02月03日
糖尿病・慢性腎臓病患者に対するSGLT-2阻害薬とGLP-1受容体作動薬の予防効果の違いを発見 SGLT-2阻害薬は心血管・腎イベントを有意に減少
2021年02月03日
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する包括的な検査ソリューションを拡充 測定時間が15分の迅速抗原検査キットなど アボット
2021年02月03日
【新型コロナ】1回接種で効果のあるCOVID-19ワクチンの第3相試験中間解析を発表 重症疾患への予防効果は85% ジョンソン・エンド・ジョンソン
2021年02月02日
【新型コロナ】コロナ禍での自殺率は女性・子供・青年を中心に上昇 経済・生活面でのダメージが大きい人の自殺動向を注視する必要が
2021年02月02日
認知機能の低下した患者の顔は人工知能(AI)により見分けられる 認知症の早期診断を促す新たな検査法の開発へ

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶