日本初の医師向けオンライン診療手引書が完成 遠隔医療開始の準備、診療の質を保つためのポイントなどを解説 慶應大

 慶應義塾大学医学部が、国内初の医師向けオンライン診療手引書を完成したと発表した。手引書は、診療、法律、技術に関する3セクションから構成されており、医師が理解しておくべき点についてまとめてある。
診療内容に根差した医療の質を保つための工夫を解説
 インターネットなどの情報通信技術の進歩にともない、テレビ電話などを用いた遠隔医療が行われるようになり、2018年4月からは医師がテレビ電話で患者を診察する「オンライン診療」の一部が保険診療として認められたことで、今後の普及が期待されている。

 また現在、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、電話やタブレット端末などを使ったオンライン診療が初診から認められている。

 オンライン診療の普及に欠かせないのが、遠隔医療を法令に則り正しく開始し、安全に診療の質を保ちながら提供できるようにするための医師向けの手引書(ガイドブック)だ。海外にはそうした手引書があるが、これまで日本にはなかった。

 厚生労働省より2018年3月に発出された「オンライン診療の適切な実施に関する指針」など、遠隔医療に関連する法令やガイドラインは多いが、膨大かつ難解で、医師にとってすべてを理解するのは困難な面があった。また、これらの法令やガイドラインは、診療内容に根差した医療の質を保つための工夫についてはふれられていない。

 そこで、慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室の岸本泰士郎専任講師らの研究グループは、アメリカ遠隔医療学会(ATA)の協力を得ながら、医師・法律家・技術専門家による協議を重ね、安全で質の高い精神科の遠隔医療を患者に届けるため、精神科領域における医師向けの手引書を作成した。

 同手引書は、2016~2017年度に実施した日本医療研究開発機構(AMED)の委託研究の一部として作成された暫定版を発展させるかたちで完成させたものだ。

 手引書はWebサイト上で公開されている。

 手引書は、診療、法律、技術に関する3セクションから構成される。診療のセクションでは、遠隔医療を開始するための準備事項、診療の質を保つためのポイント、プライバシー保護、緊急時の対処法などについてまとめられている。また、医師がそれぞれのポイントが満たされているか確認できる、チェックリストも設けている。法律、技術のセクションでは、それぞれ遠隔医療に関連する専門的事項につき、医師が理解しておくべき点についてまとめてある。

 「国内初の医師向けの遠隔医療の手引書ができたことで、精神科医療に携わる医師などがそれを参考にして遠隔診療をはじめやすくなり、安全で質の高い医療を届けやすくなります。また、手引書が他の診療科の手引書作成の参考にもなることで、遠隔医療が広まり、精神科に限らずさまざまな診療科で医療を受ける多くの患者にとって、遠隔医療がより身近なものになる可能性があります」と、研究者は述べている。

 今後は、この手引書を多くの医療者に利用してもらうためにWebサイトなどで公表するとともに、最新の事情を反映し定期的に改定していくとしている。

精神科遠隔(オンライン)診療手引書(慶應義塾大学医学部)
[Terahata]

関連ニュース

2020年11月20日
糖尿病治療薬「インクレチン関連薬」が血糖値を改善させるメカニズムを解明 膵臓β細胞のシグナル変換が作用を決める 神戸大学
2020年11月20日
歯周病菌が骨格筋の代謝異常を引き起こす 糖尿病やサルコペニアの悪化にも寄与 東京医科歯科大
2020年11月20日
【新型コロナ】SARS-CoV-2のスパイクタンパク質をブロックして感染を阻止 高い中和活性のあるタンパク質製剤の開発へ 大阪大学など
2020年11月19日
【新型コロナ】COVID-19は短期間の変異で感染力がアップ 現在流行中のD614Gウイルスは感染効率がより高い 東大医科学研究所
2020年11月19日
【新型コロナ】抗菌技術「Hydro Ag+」を活用した環境清拭材が新型コロナウイルスの感染を抑制 富士フイルム
2020年11月18日
寄生虫が1型糖尿病の発症を抑える仕組みを解明 腸内菌が分泌する糖がT細胞を誘導 自己免疫疾患の予防・治療に新たな光
2020年11月18日
患者が亡くなる前の医療や療養についての全国調査結果 「医療には満足しているが、つらい気持ちや負担感も大きい」 がん研究センター
2020年11月18日
新型コロナとA/B型インフルエンザのウイルスを同時に検出する検査薬が保険適用 インフルエンザ流行期に備えて ロシュ
2020年11月13日
左室駆出率が低下した心不全患者でSGLT2阻害薬「ジャディアンス」が慢性腎臓病の有無を問わず心および腎アウトカムを改善
2020年11月13日
【新型コロナ】感染対策の意識を高めるのは「自己決定」 周囲の視線を気にし過ぎると社会的混乱に 日本人の「恐怖感」を調査

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶