【新型コロナ】なぜ高齢者が重症化しやすい? 感染しやすさはどの年齢も同じだが、病状の進みやすさは年齢によって異なる

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症者および死亡者は、世界共通で高齢者に多い。
 感染した後の病状の進みやすさは年齢によって異なることが、北海道大学などが日本など3ヵ国を比較した研究で明らかになった。
 一方、感染のしやすさは年齢によらず、どの年齢でも同じくらいの感染の可能性があるという。
新型コロナの重症例は高齢者に多い
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症例と死亡例は、高齢者に多くみられることが全世界で共通して報告されている。

 北海道大学などは、COVID-19での重症者および死亡者が高齢者に多い現象について、感染症流行の数理モデルを用いて検証し、感染した後の病状の進行の進みやすさが年齢によって異なることを明らかにした。

 なぜ高齢者が重症化しやすく死亡リスクが高いのか、そのメカニズムを解明することが急務となっている。そこで研究グループは、(1)高齢者は感染しやすい、もしくは、(2)感染のしやすさは年齢によらないが、感染した後の重症化のしやすさは高齢者ほど高い――という2つの原因を考え、どちらが正しいかを検証した。

 研究は、同大人獣共通感染症リサーチセンターの大森亮介准教授、広島大学大学院医系科学研究科の松山亮太助教、青山学院大学理工学部物理・数理学科の中田行彦准教授の研究グループによるもの。研究成果は、「Scientific Reports」に掲載された。
新型コロナの死亡の年齢分布はどの国も変わらない
 まず研究グループは、2020年5月時点で流行規模が大きく異なったイタリア、スペイン、日本の3ヵ国で比較して、死亡の年齢分布はほぼ変わらないということに着目した。

 流行規模によらず死亡の年齢分布が共通している理由を解明するためには、どのような重症化および死亡の年齢依存性があるかを知る必要がある。

 そこで、年齢別のCOVID-19の流行についての数理モデルを作った。この数理モデルでは、年齢による人の接触のしやすさの違い、COVID-19の流行による家庭外での行動制限などを考えた。

 この数理モデルを、3ヵ国の死亡年齢分布のデータにあてはめ、年齢別の感染のしやすさを推定し、その推定値から新型コロナウイルスの重症化および死亡のメカニズムの可能性について検討した。
感染のしやすさは、年齢によらないことが明らかに
 数理モデルにより、死亡率は年齢によらないが、感染のしやすさが高齢者ほど高いと仮定すると、重症化および死亡の発生が高齢者に偏る現象を説明できる。

 しかしこの条件では、死亡の年齢分布は流行規模に大きく左右され、イタリア、スペイン、日本で観察された流行規模に依存しない死亡の年齢分布を説明できない。

 一方、感染のしやすさは年齢によらないが、死亡率は高齢者ほど高いと仮定すると、死亡の年齢分布は流行規模にほぼ影響を受けないという結果となり、観察データと合致する。

 さらに、(1)死亡率が年齢によらず一定、もしくは、(2)症状が出る率が年齢によらず一定という2つの仮定のもとで、数理モデルを3ヵ国の死亡の年齢分布のデータにあてはめ、感染の年齢別の感染のしやすさを推定した。

 すると、どちらも年齢間で感染のしやすさは非現実的に大きく異なる推定値になり、この2つの仮定は妥当でないことが示された。

 これらから、死亡率や症状が出る率といった病状の進みやすさは年齢によって異なることが、COVID-19の重症および死亡は高齢者に偏ることの原因になっていることが明らかになった。

新型コロナウイルス感染症の死亡の年齢分布

出典:北海道大学、2020年
死亡率や病状の進みやすさは高齢者でより高い
 感染のしやすさは年齢によらないが、死亡率や病状の進みやすさは高齢者でより高いことが解明されたことは、感染による死亡を未然に防ぐ手法を開発するために重要だ。

 COVID-19以外の感染症に感染した経験から、COVID-19に感染しやすくなっているといった、感染のしやすさが年齢とともに異なるような状況も十分に考えられる。

 感染のしやすさが年齢に依存しないことことは、重症化および死亡のメカニズムを解明するのに役立つ。「今後は病状進行の年齢依存性のメカニズムを解明し、治療手法を開発・発展することが期待されます」と、研究グループは述べている。

北海道大学人獣共通感染症リサーチセンター
The age distribution of mortality from novel coronavirus disease (COVID-19) suggests no large difference of susceptibility by age(Scientific Reports 2020年10月6日)
[Terahata]

関連ニュース

2020年10月28日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」が心不全治療薬として欧州医薬品委員会より承認勧告 2型糖尿病合併の有無に関わらず左室駆出率が低下した心不全に適応
2020年10月28日
日本初の医師向けオンライン診療手引書が完成 遠隔医療開始の準備、診療の質を保つためのポイントなどを解説 慶應大
2020年10月22日
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第1版)」を公表 厚生労働省
2020年10月22日
【新型コロナ】息を用いた検査法を開発 呼気オミックスによる呼気医療に期待 東北大と島津製作所
2020年10月21日
SGLT2阻害薬に貧血の抑制効果 慢性腎臓病をともなう2型糖尿病で 赤血球数を増加させる作用を確認 金沢大学など
2020年10月21日
日本人高齢者のフレイル割合は8.7% プレフレイルは40.8% フレイルの予防・重症化予防を推進
2020年10月21日
【新型コロナ】コロナ禍がメンタル面に悪影響 職場でのストレス・不安・疲労が増加 早急なサポートが必要
2020年10月20日
「テクノロジーが変える糖尿病診療」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(5)
2020年10月20日
「ガイドラインからみた糖尿病の食事療法における課題」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(4)
2020年10月20日
「日本糖尿病学会・日本循環器学会 合同ステートメントの背景」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(3)

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶