低血糖時救急治療剤「バクスミー点鼻粉末剤3mg」を発売 室温で携帯できる初の点鼻粉末剤 迅速な救急処置を可能に

 日本イーライリリーは10月2日、「低血糖時の救急処置」を効能・効果として、低血糖時救急治療剤「バクスミー点鼻粉末剤3mg」(一般名:グルカゴン)を発売した。
迅速かつ簡便にグルカゴンを投与ができる
バクスミー点鼻粉末剤3mg
 「バクスミー」は注射剤以外の低血糖治療剤としては初の選択肢であるグルカゴン点鼻粉末剤。成分であるグルカゴンは血糖を上昇させるホルモン。室温(1~30℃)で持ち運びができる1回使い切りの製剤で、看護者(家族など)が投与することにより重症低血糖の救急処置を行うことができる。

 「バクスミー」は鼻粘膜から吸収されるため、重症低血糖に陥り意識を失っている患者に対しても使用可能。また、薬剤は噴霧器に充填されており、点鼻容器の先端を鼻に入れ、注入ボタンを押すことで緊急時に迅速かつ簡便に投与できる。

 「バクスミー」の迅速性および確実性は、糖尿病患者の介護者20例(1型糖尿病患者および2型糖尿病患者の2親等以内の同居家族各10例)を対象とした国内単一施設非盲検部分的クロスオーバー模擬投与試験にて検証された。

 「バクスミー」3mg経鼻投与およびグルカゴン注射剤1mg筋肉内投与、双方の使用方法の説明を受けた看護者(家族など)がマネキンへの模擬投与を行い、その成功率を確認したところ、同剤を模擬投与した89.5%が全量投与に成功した。また、同剤の模擬投与完了までの平均時間は24秒だった。

* 成功の定義は「すべての必須手順を正確に完了」かつ「十分量のグルカゴン(点鼻グルカゴン製剤は100%、グルカゴン注射剤は90%以上)を投与」とした。
* 投与開始の合図から点鼻デバイスまたは注射針をマネキンから抜くまでの時間とし、投与開始の合図から15分以上経過した場合や介護者が投与を中止した場合は投与未完遂とした。

 また、「バクスミー」は、日本デザイン振興会が主催する「2020年度グッドデザイン賞」を受賞した。今回の受賞は、医学的・社会的課題に対して同剤の簡便なデザインが評価された結果。

 「迅速かつ簡便に投与ができるバクスミーをいざという時のために携帯していただくことで、多くの糖尿病患者さんとそのご家族に安心をご提供できると考えています」と、同社では述べている。

「バクスミー」点鼻粉末剤3mg 概要
一般名グルカゴン
効能・効果低血糖時の救急処置
用法・用量通常、グルカゴンとして1回3mgを鼻腔内に投与する
製造発売承認日2020年3月25日
薬価基準収載日2020年8月26日
発売日2020年10月2日
薬価8,368.60円(3mg1瓶)

日本イーライリリー
糖尿病治療薬 バクスミー点鼻粉末剤3mgの使い方 日本イーライリリー「知りたい!糖尿病」

低血糖および重症低血糖とは
 低血糖とは、血糖値が正常範囲以下まで下がった状態のことをいい、冷や汗、動悸、意識障害、けいれん、手足の震えなどの症状があらわれる。症状が起きた時にきちんと対処すれば回復するが、急に血糖値が低下して対処が間に合わない場合や、自覚症状なしに血糖値の低下が進行する場合などは、自己のみでは対処できない重症低血糖に陥ることがある。重症低血糖に陥った場合、大脳機能が低下して昏睡や痙攣、不可逆性の脳障害などを起こす可能性がある。
[Terahata]

関連ニュース

2020年10月28日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」が心不全治療薬として欧州医薬品委員会より承認勧告 2型糖尿病合併の有無に関わらず左室駆出率が低下した心不全に適応
2020年10月28日
日本初の医師向けオンライン診療手引書が完成 遠隔医療開始の準備、診療の質を保つためのポイントなどを解説 慶應大
2020年10月22日
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第1版)」を公表 厚生労働省
2020年10月22日
【新型コロナ】息を用いた検査法を開発 呼気オミックスによる呼気医療に期待 東北大と島津製作所
2020年10月21日
SGLT2阻害薬に貧血の抑制効果 慢性腎臓病をともなう2型糖尿病で 赤血球数を増加させる作用を確認 金沢大学など
2020年10月21日
日本人高齢者のフレイル割合は8.7% プレフレイルは40.8% フレイルの予防・重症化予防を推進
2020年10月21日
【新型コロナ】コロナ禍がメンタル面に悪影響 職場でのストレス・不安・疲労が増加 早急なサポートが必要
2020年10月20日
「テクノロジーが変える糖尿病診療」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(5)
2020年10月20日
「ガイドラインからみた糖尿病の食事療法における課題」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(4)
2020年10月20日
「日本糖尿病学会・日本循環器学会 合同ステートメントの背景」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(3)

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶