新型コロナウイルスを捕捉・不活性化する人工抗体を作製 急速なパンデミックを抑えるために

©YCU-CDC, amana/Hydroid
 名古屋大学などが、新型コロナウイルスを捕捉・不活性化する人工抗体を作製したと発表した。
 独自に開発した人工抗体を高速に作製する方法「TRAP提示法」を用いて、新型コロナウイルスに特異的にかつ強く結合する複数の人工抗体を、わずか4日で取得することに成功した
新型コロナウイルスを捕捉・不活性化
 名古屋大学などが、新型コロナウイルスを捕捉・不活性化する人工抗体を作製したと発表した。この人工抗体が、新型コロナウイルスに対して高い中和活性をもつことも確認した。

 人工抗体は、既存のタンパク質のループ部分や表面に、標的と結合する配列をもつ人工的な抗体。通常は、ランダムなアミノ酸配列を導入したタンパク質群から選択操作によって作る。骨格にヒト由来のタンパク質を使用することで、抗原性を下げることもできる。

 また、中和抗体はウイルス感染を阻止する能力をもつ抗体だ。

 一般的に、抗原検査に使用する抗体や中和抗体は、数ヵ月の開発期間を要する動物免疫によって得られる。この開発期間を短縮するために、近年、人工抗体を試験管内で創製する研究開発が進められている。

 研究グループは、新しい試験管内抗体作製法として、高い多様性(10兆種類)をもつ人工抗体候補群の中から、高速に人工抗体を選び出す技術「TRAP提示法」を開発した。

 4月7日に標的となる新型コロナウイルスのスパイクタンパク質を受け取り、10兆種類の人工抗体候補群の中から、標的に結合する人工抗体をわずか4日で同定することに成功した。

 ウイルスのタンパク質に強く結合する抗体は、治療目的の中和抗体、もしくは抗原検査の際にウイルスタンパク質を特異的に捕捉する抗体として使用できる。

 そのため、迅速で高性能の抗体の作製技術は、急速なパンデミックを抑えるために必要不可欠だ。

 研究は、名古屋大学大学院工学研究科の村上裕教授の研究グループが、名古屋医療センター臨床研究センター感染・免疫研究部の岩谷靖雅部長と共同で行ったもの。研究成果は、「Science Advances」オンライン版に掲載された。

人工抗体を高速に開発する方法(TRAP提示法)を用いて、
パンデミックウイルスに迅速に対処

出典:名古屋大学、2020年
新型コロナウイルスを感染できないように中和
 得られた人工抗体は、単量体で新型コロナウイルス表面のスパイクタンパク質にKD = 0.4 nM程度と非常に強く結合し、ヒトに感染するウイルスとしてはもっとも近縁であるSARSコロナウイルスの表面のスパイクタンパク質には結合しなかった。

 また、この人工抗体を用いて、患者の鼻ぬぐい液から高効率に新型コロナウイルスを濃縮することにも成功し、さらに新型コロナウイルスと人工抗体を混ぜることで、新型コロナウイルスを細胞に感染できないように中和することにも成功した。

 この人工抗体の骨格はヒト由来のタンパク質だが、大腸菌で容易に大量生産でき、抗原検査による迅速な診断とともに、中和抗体としても応用できると考えられる。

 また、研究で開発したTRAP提示法は、COVID-19だけでなく今後のパンデミックに素早く対処するための新技術となることが期待される。

 PCR検査はウイルス感染診断法として優れた技術であるが、検体の集約の必要性や検査に時間を要するため、パンデミックの速度が速い場合には限界がある。簡便な抗原検査でスクリーニングを行い、精度が高いPCR検査は確定診断に活用するのが理想的だ。

名古屋大学工学部化学生命工学科 村上研究室
Antibody-like proteins that capture and neutralize SARS-CoV-2(Science Advances 2020年9月18日)
[Terahata]

関連ニュース

2020年10月28日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」が心不全治療薬として欧州医薬品委員会より承認勧告 2型糖尿病合併の有無に関わらず左室駆出率が低下した心不全に適応
2020年10月28日
日本初の医師向けオンライン診療手引書が完成 遠隔医療開始の準備、診療の質を保つためのポイントなどを解説 慶應大
2020年10月22日
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第1版)」を公表 厚生労働省
2020年10月22日
【新型コロナ】息を用いた検査法を開発 呼気オミックスによる呼気医療に期待 東北大と島津製作所
2020年10月21日
SGLT2阻害薬に貧血の抑制効果 慢性腎臓病をともなう2型糖尿病で 赤血球数を増加させる作用を確認 金沢大学など
2020年10月21日
日本人高齢者のフレイル割合は8.7% プレフレイルは40.8% フレイルの予防・重症化予防を推進
2020年10月21日
【新型コロナ】コロナ禍がメンタル面に悪影響 職場でのストレス・不安・疲労が増加 早急なサポートが必要
2020年10月20日
「テクノロジーが変える糖尿病診療」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(5)
2020年10月20日
「ガイドラインからみた糖尿病の食事療法における課題」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(4)
2020年10月20日
「日本糖尿病学会・日本循環器学会 合同ステートメントの背景」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(3)

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶