セマグルチドを追加すると2型糖尿病患者の心血管イベントを最長3年間抑えられる可能性 10年間の心血管イベントのリスクは20%減少

 ノボ ノルディスクは、SUSTAIN 6およびPIONEER 6の2つの第3相試験からのプールデータの事後解析結果を、第56回欧州糖尿病学会(EASD2020)で発表した。
SUSTAIN 6とPIONEER 6の事後解析
 セマグルチド(商品名:オゼンピック)はGLP-1アナログ製剤。同社は、セマグルチドを有効成分とした週1回投与の注射剤である「オゼンピック皮下注」に加えて、経口セマグルチドである「リベルサス」を開発中。

 今回発表された事後解析では、心血管疾患のリスクが高い2型糖尿病患者では、標準治療に加えてセマグルチドを追加することで、心筋梗塞や脳卒中などの心血管イベントのない生存期間を平均18ヵ月、最長3年間延長できることが示された。

 セマグルチドを投与された参加者では、標準治療のみを受けた参加者と比較して、10年間に心血管イベントを経験するリスクが20%低下することも示された。

 さらに、セマグルチドにより、参加者が心血管イベントを経験しなかった平均年数が全年齢層(50~90歳)で7~35ヵ月延長され、50~65歳で心血管リスクが高い人に最大の便益が認められたことが示された。

 SUSTAIN臨床開発プログラムは、現在10の第3相グローバル臨床試験で構成されており、合計1万人以上の成人2型糖尿病患者が参加している。心血管アウトカム試験であるSUSTAIN 6試験では、心血管疾患のリスクが高い2型糖尿病患者で、オゼンピックが標準治療に追加された場合、心血管疾患による死亡、非致死性心筋梗塞または非致死性脳卒中のリスクが26%低下し、プラセボ群と比較して統計的に有意な低下が示された。

 また、PIONEER臨床試験プログラムは、2型糖尿病治療のために「リベルサス」(経口セマグルチド)を調査した第3a相グローバル臨床開発プログラム。この試験には、臨床試験10試験に合計9,543人の2型糖尿病患者が参加した。同試験は、「リベルサス」の承認申請前に実施されたevent-drivenの心血管安全性試験であり、2型糖尿病患者における、「リベルサス」の心血管系に対する安全性および有効性が検証された。

 事後解析では、2つの第3相無作為割付け試験、SUSTAIN 6およびPIONEER 6からのプールデータを用いられた。これら2つの試験には、心血管疾患のリスクが高い50~90歳の2型糖尿病患者6,480人が含まれている。

 解析は、心血管リスクモデルの糖尿病生涯予測(DIAL)を用いて行われた。この生涯リスクモデルは、2型糖尿病患者の心血管イベントの生涯リスク予測および介入によって得られた心血管疾患のない年数予測のために特別に開発された。欧州心臓病学会(ESC)を含む主要な心臓病学会は、こうした心血管疾患の予測と予防に寄与する予測モデルを推奨している。

 心血管疾患の既往がある特定の61歳の2型糖尿病患者のケースでは、DIALモデルにより、標準治療にセマグルチドを追加すると、10年間の心血管イベント発症リスクが21%低下し、ほぼ2年半(29ヵ月)にわたって心血管イベントが発症しなくなることが示された。

 「心血管疾患はいまだ2型糖尿病患者の身体障害および死亡の主要な原因であり、今回の解析は、SUSTAIN 6およびPIONEER 6の結果を再解釈するのに役立ち、心血管疾患を発症するリスクが高い2型糖尿病の個々の患者さんに対する臨床的な意思決定の根拠となるだろう」と、オランダのUniversity Medical Centerの内科助教であるJan Westerink氏は述べている。

ノボ ノルディスク ファーマ
[Terahata]

関連ニュース

2020年10月28日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」が心不全治療薬として欧州医薬品委員会より承認勧告 2型糖尿病合併の有無に関わらず左室駆出率が低下した心不全に適応
2020年10月28日
日本初の医師向けオンライン診療手引書が完成 遠隔医療開始の準備、診療の質を保つためのポイントなどを解説 慶應大
2020年10月22日
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第1版)」を公表 厚生労働省
2020年10月22日
【新型コロナ】息を用いた検査法を開発 呼気オミックスによる呼気医療に期待 東北大と島津製作所
2020年10月21日
SGLT2阻害薬に貧血の抑制効果 慢性腎臓病をともなう2型糖尿病で 赤血球数を増加させる作用を確認 金沢大学など
2020年10月21日
日本人高齢者のフレイル割合は8.7% プレフレイルは40.8% フレイルの予防・重症化予防を推進
2020年10月21日
【新型コロナ】コロナ禍がメンタル面に悪影響 職場でのストレス・不安・疲労が増加 早急なサポートが必要
2020年10月20日
「テクノロジーが変える糖尿病診療」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(5)
2020年10月20日
「ガイドラインからみた糖尿病の食事療法における課題」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(4)
2020年10月20日
「日本糖尿病学会・日本循環器学会 合同ステートメントの背景」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(3)

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶