2型糖尿病患者の3人に1人が心血管疾患に罹患 うち大多数が治療による管理を受けていない CAPTURE試験

 ノボ ノルディスクは、2型糖尿病患者における心血管疾患の有病率と心血管リスク、ならびにその管理について把握することを目的とした非介入国際共同試験である「CAPTURE」試験の結果を発表した。
2型糖尿病における心血管疾患に関する世界最大規模の試験
 「CAPTURE」試験は、2型糖尿病患者における心血管疾患の有病率と心血管リスク、ならびにその管理について把握することを目的とした初の非介入国際共同試験。

 同試験の目的は、2型糖尿病患者のうち、心血管疾患ハイリスクおよびアテローム動脈硬化性心血管疾患を有する人々の割合を把握すること、および心血管疾患に罹患している2型糖尿病患者における、心血管リスクを抑制する医薬品の使用状況を記録すること。

 アテローム動脈硬化性心疾患は、脳血管疾患(頸動脈疾患を含む)、冠動脈疾患および/または末梢動脈疾患として定義された。

 同試験は、アルゼンチン、オーストラリア、ブラジル、チェコ、中国、フランス、ハンガリー、イスラエル、イタリア、日本、メキシコ、サウジアラビア、トルコで、1万人近くの2型糖尿病患者が参加して行われた。2型糖尿病の診断を受けてから180日以上が経過した18歳以上の患者を被験者とした。

 その結果、2型糖尿病患者の3人に1人が心血管疾患に罹患していること、また、そのうち10人中9人がアテローム動脈硬化性心血管疾患に罹患していることが明らかになった。

 アテローム動脈硬化性心血管疾患は、動脈壁の内部と表面に脂肪やコレステロールなどの物質が蓄積し、血管が細くなることにより発症する疾患で、その結果、血流が減少し、心臓発作や脳卒中などのイベントを引き起こすおそれがある。

 また、同試験では、2型糖尿病とアテローム動脈硬化性心血管疾患を併発している人々のうち、心血管へのベネフィットが検証されている糖尿病治療薬を使用している人は、10人中2人に過ぎないことも明らかになった。

 同試験では、プライマリケアおよびセカンダリケア環境の双方から、2型糖尿病における心血管疾患に関する情報がはじめて収集された。これは、2型糖尿病患者のかなりの割合が、糖尿病専門医と合わせてプライマリケア医によって治療を受けているという事実を反映するものだ。

 「心血管疾患は2型糖尿病患者の身体障害や死亡の主な原因となっています。最近まで2型糖尿病と心血管疾患との関係の重要性については、国際的な規模では十分には認識されていませんでした」と、ノボ ノルディスクのステファン ガフ氏は述べている。

 「CAPTURE試験の結果は、2型糖尿病患者の治療にあたるすべての人々にとって重要なものです。データからは、2型糖尿病患者グループにおけるアテローム動脈硬化性心血管疾患の有病率が高いにもかかわらず、その大多数の方が、人生を一変させる恐れのある心血管イベントのリスクを抑えることが判明している治療による管理を受けていないことが明らかになりました」と、ノボ ノルディスクおよびハダサ医療センター(イスラエル)糖尿病部門の顧問を務める試験責任医師のオフリモ センゾン氏は述べている。

 「心血管疾患は2型糖尿病の重要なファクターとして優先的に管理することが重要です。2型糖尿病とともに生きる人々は、自身のリスクファクターに対する意識を高める必要があります。また医師は、2型糖尿病のスクリーニングを積極的に実施する必要があります。現在では、さまざまな治療ガイドラインが推奨しているように、心血管ベネフィットが判明している治療を通じて、このリスクに対処することが可能です」としている。

ノボ ノルディスク ファーマ
An International Survey of the Occurrence of Cardiovascular Disease Among Patients With Type 2 Diabetes (CAPTURE-IO)(ClinicalTrials.gov)
[Terahata]

関連ニュース

2020年10月28日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」が心不全治療薬として欧州医薬品委員会より承認勧告 2型糖尿病合併の有無に関わらず左室駆出率が低下した心不全に適応
2020年10月28日
日本初の医師向けオンライン診療手引書が完成 遠隔医療開始の準備、診療の質を保つためのポイントなどを解説 慶應大
2020年10月22日
「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)病原体検査の指針(第1版)」を公表 厚生労働省
2020年10月22日
【新型コロナ】息を用いた検査法を開発 呼気オミックスによる呼気医療に期待 東北大と島津製作所
2020年10月21日
SGLT2阻害薬に貧血の抑制効果 慢性腎臓病をともなう2型糖尿病で 赤血球数を増加させる作用を確認 金沢大学など
2020年10月21日
日本人高齢者のフレイル割合は8.7% プレフレイルは40.8% フレイルの予防・重症化予防を推進
2020年10月21日
【新型コロナ】コロナ禍がメンタル面に悪影響 職場でのストレス・不安・疲労が増加 早急なサポートが必要
2020年10月20日
「テクノロジーが変える糖尿病診療」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(5)
2020年10月20日
「ガイドラインからみた糖尿病の食事療法における課題」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(4)
2020年10月20日
「日本糖尿病学会・日本循環器学会 合同ステートメントの背景」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(3)

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶