【新型コロナ】子供の3人に1人が「コロナになったら秘密にする」 7割にストレス反応 成育医療研究センター調査

「コロナ×こどもアンケート」第2回調査(6月~7月実施)の全体報告
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、子供の生活も大きく変化した。子供の7割がCOVID-19に対して何らかのストレス反応を示していることが、国立成育医療研究センターのアンケート調査で明らかになった。
 子供の32%は「もし自分や家族がコロナになったら、そのことは秘密にしたい」と考えており、40%は「コロナになった人とは、コロナが治っても、あまり一緒には遊びたくない人が多いだろう(付き合うのをためらう人が多いだろう)」と答えた。
子供でもコロナのスティグマの問題は避けて通れない
出典:国立成育医療研究センター、2020年

 子供の32%は「もし自分や家族がコロナになったら、そのことは秘密にしたい」と答え、40%は「コロナになった人とは、コロナが治っても、あまり一緒には遊びたくない人が多いだろう(付き合うのをためらう人が多いだろう)」と答えた。

 これは、COVID-19の拡大が終息していない中での学校や社会生活の再開にともない、「子供たちの誰もがスティグマの問題を避けて通れないことを意味している」と考えられるという。

 「スティグマ」は、差別・偏見の対象となるような良くない印を、個人に対して他者や社会が押し付けること。

 また、「コロナのことを考えると嫌になる」「最近集中できない」といった、何らかのストレス反応を示す子供は72%に上り、4月~5月に行った第1回調査の75%から改善がみられないことが分かった。

 さらに、心に何らかの負担を感じている保護者は63%(第1回調査では62%)となり、こちらも第1回調査から大きな改善はみられなかった。

関連情報
学校再開後の子供のコロナ禍におけるいじめなどに着目
 これは、国立成育医療研究センターの社会医学研究部・こころの診療部を中心としたグループ「コロナ×こども本部」が6月~7月に実施した「コロナ×こどもアンケート」第2回調査の報告で明らかになったもの。

 調査は、COVID-19)の流行期において、「子供たちは今どのような状況に置かれているのか」「大人たちは子供たちのために何ができるのか」を明らかにし、現場に届けるとともに、社会に問いかけることを目的としている。子供たちと保護者のストレスや不安、生活環境の変化、それにともなう心身の健康状態の現状を調査している。

 第2回調査は、とくに学校再開後の子供のコロナ禍におけるいじめなどにも着目して質問が構成され、全国の子供や保護者を合わせて6,772人(子供981人、保護者5,791人)が協力した。学校や保育園再開後の子供たちの様子や、新型コロナウイルスに関する意識(スティグマ)などに着目している。

 なお、第2回調査の実施期間である2020年6月~7月は、休校・休園していた多くの学校や幼稚園・保育園が再開されて間もない時期であり、主に都市部では再度感染者数が徐々に増えはじめた時期でもある。
子供の自殺は8月下旬~9月上旬に多い 今年はとくに注意を
 今回の第2回調査は、COVID-19の拡大が比較的落ち着いていた時期に実施されたが、子供たちは新しい生活の中で大きな影響を受けていたことが分かった。COVID-19はふたたび全国で猛威を奮っており、この状況が長期化した場合、子供たちへの影響が心配される。

 コロナに関するスティグマが子供たちの間にも少なからずあることも明らかになった。「例年8月下旬~9月上旬に子供の自殺が多く、夏休み明けを迎える子供の心への負担が指摘されており、今年はとくに注意を払う必要があります」と、研究グループは述べている。

 第3回調査は、9月1日より開始する予定。「今後も各調査結果や社会情勢などをふまえて、繰り返し調査を実施していく予定であり、また、重大な調査結果は速やかに公開し、現場での子供たちへのケアや施策提言に活かされるように努めます」とコメントしている。

 なお、第2回調査の報告書全文は、国立成育医療研究センター「コロナ×こども本部」のページで公開されている。

コロナ×こども本部( 国立成育医療研究センター)
[Terahata]

関連ニュース

2020年08月26日
【新型コロナ】高血圧治療薬がCOVID-19重症化を予防 ACE阻害薬やARBを服用している患者は意識障害が少ない
2020年08月26日
慢性心不全治療薬「エンレスト錠」を発売 RAASの過剰な活性化を抑制し、内因性のナトリウム利尿ペプチド系を増強
2020年08月26日
【新型コロナ】子供の3人に1人が「コロナになったら秘密にする」 7割にストレス反応 成育医療研究センター調査
2020年08月25日
【新型コロナ】東大先端研などが「PCR検査拡充プロジェクト」を開始 PCR検査を無償で提供
2020年08月24日
GLP-1受容体作動薬をダイエットや痩身の目的に使うのは適応外 PMDAが注意喚起情報
2020年08月20日
日本糖尿病学会が第4次「対糖尿病戦略5ヵ年計画」を公表 糖尿病対策に関する基本方針を策定
2020年08月20日
日本糖尿病学会「糖尿病診療ガイドライン2019」を医療情報サービス(Minds)に追加
2020年08月20日
【新型コロナ】COVID-19ワクチンの生産体制整備事業 国内6社を採択 ワクチンの早期供給を促す
2020年08月20日
メトホルミン塩酸塩錠MT「明治」が承認取得 「Meijiクオリティ」のジェネリック医薬品
2020年08月11日
【新型コロナ】日本のCOVID-19による入院患者の死亡率は7.5% 欧米や中国に比べ大幅に低い 国立国際医療研究センター

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶