血糖測定器「グルテストアクア」を発売 持ちやすく携帯しやすい薄型設計・大画面表示・音声でもサポート 三和化学研究所

 三和化学研究所は、自己血糖測定器「グルテストアクア」、およびグルテストアクア専用試験紙「グルテストブルーセンサー」を7月15日に発売する。
2種類のセンサーを使用可能
 「グルテストアクア」は、すでに多くの糖尿病患者が利用しているグルテストシリーズの新製品。生活スタイルが多様化している現代に合わせ、よりスマートでスタイリッシュ、利用者の日常に寄り添える『見やすい。わかりやすい。使いやすい。』血糖測定器。センサーは、専用試験紙「グルテストブルーセンサー」とともに、これまでの「グルテストNeoセンサー」も使用できる。

 血糖自己測定(SMBG)は、糖尿病患者が自ら採血、測定し日常の血糖値を知ることで、より厳格な血糖コントロールを目指す治療。インスリン頻回注射もしくはインスリンポンプ療法を実施している1型糖尿病と2型糖尿病の患者にとって、SMBGは血糖コントロールを改善するために必ず必要だ。インスリンを使用していない2型糖尿病でも、糖尿病のコントロールの改善効果が示されている。糖尿病の自己管理を改善するために、SMBGは重要な手段となっている。

三和化学研究所

「グルテストアクア」の主な特徴
(1)2種類のセンサーを使用可能(グルテストブルーセンサー、グルテストNeoセンサー)
(2)持ちやすく携帯しやすい薄型設計
(3)見やすい大きな画面表示・日本語表記・カラー液晶
(4)測定方法や測定結果、エラーの内容やその対処方法などを音声で知らせる音声ガイド付き
(5)便利機能として、アラーム機能・高値/低値の原因情報の付加などが可能
(6)グルテストブルーセンサーの使用で性能アップ(広い使用環境温度5~45°C・高い測定精度・5~70%の範囲でヘマトクリットの影響を回避)

主な仕様
名 称自己検査用グルコース測定器 グルテストアクア
測定項目血液中のグルコース
必要検体量全血0.6μL(ゴマ粒大)
使用センサー自己検査用グルコースキット
グルテストブルーセンサーまたはグルテストNeoセンサー
測定範囲10mg/dL~600mg/dL
測定時間グルテストブルーセンサー:点着検知後7秒
グルテストNeoセンサー:点着検知後5.5秒
外部入出力マイクロUSB(B)コネクタ1個、Bluetooth Low Energy(Bluetooth Ver.4.2)
電 池1.5Vアルカリ乾電池単4形2個
電池寿命約1,000測定
※使用方法により測定可能回数が減ることがあります。
記憶データ数1,100測定
使用環境グルテストブルーセンサー:5~45°C、湿度20~80%(結露しないこと)
グルテストNeoセンサー:10~40°C、湿度20~80%(結露しないこと)
保管環境0~45°C
外形寸法横45mm×縦120mm×高さ14mm
重 量約82g(乾電池含む)
希望小売価格(税別)グルテストアクア(1台)9,000円
グルテストブルーセンサー(アルミパック包装25枚/ ボトル包装25枚)3,500円
グルテストブルーセンサー(アルミパック包装30枚/ ボトル包装30枚)4,200円
販売元株式会社三和化学研究所

三和化学研究所
[Terahata]

関連ニュース

2020年07月31日
2型糖尿病を適応症とした「イメグリミン塩酸塩」の承認申請 ミトコンドリアの機能を改善
2020年07月31日
COVID-19に対するmRNAワクチンの第2/3相試験を開始 世界120ヵ所で3万人規模の治験 ファイザーとBioNTech
2020年07月30日
SGLT2阻害薬を使用している2型糖尿病患者でケトアシドーシスのリスクが3倍に上昇 41万例超を調査
2020年07月29日
自然発症型糖尿病モデルマウスの作製に成功 膵臓再生医療の新しい移植モデル動物として期待
2020年07月29日
摂食抑制ペプチド「コレシストキニン」と「レプチン」の相互作用を解明 肥満症の新たな治療薬の開発に期待
2020年07月29日
ステロイド薬「デキサメタゾン」が国内2例目の正式なコロナ治療薬に 厚労省「COVID-19 診療の手引き」に追加
2020年07月22日
COVID-19 唾液を使うPCR検査と抗原定量検査を無症状者にも拡大 簡単で30分で結果が判明
2020年07月22日
COVID-19ワクチンの第1/2相試験の中間結果 被験者全員で強固な免疫反応 オックスフォード大とアストラゼネカ
2020年07月21日
糖尿病研究助成プログラムを募集「ベーリンガー/リリー糖尿病研究助成プログラム」 8月末日まで 日本糖尿病財団
2020年07月16日
糖尿病未診断のCOVID-19患者の空腹時高血糖は死亡リスクの上昇と関連 高血糖への早期介入が転帰を改善する可能性 中国・武漢から新たな報告

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶