さらに見やすく!新薬価も反映『インスリン製剤早見表2020-2021』

医師・医療スタッフ向けの糖尿病専門サイト「糖尿病リソースガイド」は、『インスリン製剤早見表2020-2021(以下、早見表)』(著作・発行:糖尿病リソースガイド編集部、監修:糖尿病治療研究会)を公開しました。また、これまでのダウンロード版に加え、患者さんの指導や診察室での保管に便利な印刷版もご利用いただけます(有料)。
無料PDF版ダウンロードはこちら ▶ 印刷版の購入はこちら ▶
お詫び:インスリン製剤の「総単位数/内容量」、「薬価」に一部誤りがあり、修正いたしました。(2020年7月30日)

インスリン製剤早見表2020-2021

<期間限定>
抽選で100名様に【印刷版】をプレゼント!!
応募はこちら ▶

製剤写真つきでさらに便利に!

 「早見表」は、インスリン製剤をはじめ、DPP-4阻害薬、SGLT2阻害薬、GLP-1 受容体作動薬を一覧でチェックできる便利なツールです。2010年の初版以来、毎年情報をupdateした最新版を公開、好評を博しております。

 2020年度版では、インスリン製剤、GLP-1受容体作動薬の製剤写真を掲載。製品の外観の特徴が一目でわかるようになりました。同じメーカーの製品だと外観が似ている場合が多いですが、写真で比較することで違いが明確になるかと思います。

 また、各製品の薬価が掲載されているのも本資材の特徴です。最新版では、2020年4月の薬価改定が反映されています。医療スタッフの学習や患者さんのご指導にお役立てく ださい。

無料PDF版ダウンロードはこちら ▶

見開きで各製剤をチェック! 便利な印刷版も販売

 これまで印刷版は学会会場での一部配布のみで、毎年、会期後にみなさまからお問合せを多くいただいておりました。こうしたご要望を受け、今回10部セット(¥2,200、税込み)、1部単位(¥300、税込み)の2種の形態で販売をさせていただきます。お申込みは専用の販売サイトにて簡単にいただけます(詳細は後述)。

 印刷版は、PDF版と違い見開きとなっています。とても見やすく、患者さんの指導にも使いやすくなっております。またコート紙なので汚れに強く、保管もしやすい仕様となっています。ぜひ診察室などに1冊どうぞ。

インスリン製剤早見表2020-2021

 この度、療養指導に役立つ資材の販売サイト『DMサポートストア』を開設。早見表の印刷版、また『糖尿病3分間ラーニング』のDVDもご購入いただけます。現在、送料無料キャンペーン中です。また、今後も糖尿病の療養指導関連の資材を取り扱っていく予定です。ぜひご活用ください。

印刷版の購入(DMサポートストア)はこちら ▶

[dm-rg.net]

関連ニュース

2020年11月19日
妊娠糖尿病は児の心血管リスクを高める
2020年11月18日
寄生虫が1型糖尿病の発症を抑える仕組みを解明 腸内菌が分泌する糖がT細胞を誘導 自己免疫疾患の予防・治療に新たな光
2020年11月13日
ビタミンDレベルが2型糖尿病リスクと逆相関
2020年11月05日
米国での入院1万件につき61.6件はDKA
2020年10月29日
【新型コロナ】パンデミック中に1型糖尿病患者の3割がオンライン診療 89ヵ国を調査
2020年10月22日
糖尿病と認知症の関連はHbA1cレベルにより異なる HbA1c低値群は低リスク
2020年10月15日
米国防総省「脂質異常症ガイドライン」改訂版を公開
2020年10月08日
SGLT2阻害薬 vs DPP-4阻害薬 どちらが心血管イベントリスクの低下で有利か
2020年10月01日
メトホルミンが認知機能低下を抑制する可能性
2020年09月24日
握力は糖尿病発症リスクの独立した予測因子 簡便で低コストな臨床ツールに

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶