さらに見やすく!新薬価も反映『インスリン製剤早見表2020-2021』

医師・医療スタッフ向けの糖尿病専門サイト「糖尿病リソースガイド」は、『インスリン製剤早見表2020-2021(以下、早見表)』(著作・発行:糖尿病リソースガイド編集部、監修:糖尿病治療研究会)を公開しました。また、これまでのダウンロード版に加え、患者さんの指導や診察室での保管に便利な印刷版もご利用いただけます(有料)。
無料PDF版ダウンロードはこちら ▶ 印刷版の購入はこちら ▶
お詫び:インスリン製剤の「総単位数/内容量」、「薬価」に一部誤りがあり、修正いたしました。(2020年7月30日)

インスリン製剤早見表2020-2021

製剤写真つきでさらに便利に!

 「早見表」は、インスリン製剤をはじめ、DPP-4阻害薬、SGLT2阻害薬、GLP-1 受容体作動薬を一覧でチェックできる便利なツールです。2010年の初版以来、毎年情報をupdateした最新版を公開、好評を博しております。

 2020年度版では、インスリン製剤、GLP-1受容体作動薬の製剤写真を掲載。製品の外観の特徴が一目でわかるようになりました。同じメーカーの製品だと外観が似ている場合が多いですが、写真で比較することで違いが明確になるかと思います。

 また、各製品の薬価が掲載されているのも本資材の特徴です。最新版では、2020年4月の薬価改定が反映されています。医療スタッフの学習や患者さんのご指導にお役立てく ださい。

無料PDF版ダウンロードはこちら ▶

見開きで各製剤をチェック! 便利な印刷版も販売

 これまで印刷版は学会会場での一部配布のみで、毎年、会期後にみなさまからお問合せを多くいただいておりました。こうしたご要望を受け、今回10部セットで販売をさせていただきます(¥2,200、税込み・送料無料キャンペーン中)。お申込みは専用の販売サイトにて簡単にいただけます(詳細は後述)。150セット限定販売となりますのでお早めにどうぞ。

 印刷版は、PDF版と違い見開きとなっています。とても見やすく、患者さんの指導にも使いやすくなっております。またコート紙なので汚れに強く、保管もしやすい仕様となっています。ぜひ診察室などに1冊どうぞ。

インスリン製剤早見表2020-2021

 この度、療養指導に役立つ資材の販売サイト『DMサポートストア』を開設。早見表の印刷版、また『糖尿病3分間ラーニング』のDVDもご購入いただけます。現在、送料無料キャンペーン中です。また、今後も糖尿病の療養指導関連の資材を取り扱っていく予定です。ぜひご活用ください。

印刷版の購入(DMサポートストア)はこちら ▶

[dm-rg.net]

関連ニュース

2020年09月24日
握力は糖尿病発症リスクの独立した予測因子 簡便で低コストな臨床ツールに
2020年09月17日
重症低血糖を経験した2型糖尿病患者は転倒リスクが2倍以上に ARIC研究
2020年09月10日
ADAの2020年版2型糖尿病薬物療法ガイドライン 第一選択薬はメトホルミン 早期の併用療法を推奨
2020年09月03日
米国糖尿病学会(ADA)など7組織が「2型糖尿病患者の自己管理教育と支援に関するコンセンサス」を改訂 栄養指導がHbA1cを最大2%低下
2020年08月27日
青少年患者へのCGM開始には本人の意思決定が重要
2020年08月20日
インフルエンザワクチンが糖尿病患者の全死亡や心血管死を抑制する可能性
2020年08月06日
2型糖尿病罹病期間と末期腎不全リスクの関係は、発症年齢の若い方が顕著
2020年07月30日
ビタミンC、カロテノイド、全粒穀物が糖尿病リスクを下げる
2020年07月16日
座位が続くときは軽い運動を間に挟むと糖代謝が改善
2020年07月09日
インスリンやメトホルミンにGLP-1受容体作動薬を追加 HbA1cが低下

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶