【新型コロナウイルス】国産初の抗原簡易検査キットの開発に成功 ウイルスを15~30分の短時間で検出 横浜市立大学

 横浜市立大学は、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原を特異的に検出できるモノクローナル抗体の開発に成功した。作製した抗体は、近縁のSARSコロナウイルスや風邪の原因となるヒトコロナウイルスとは交差反応を示さず、SARS-CoV-2だけに反応する。
新型コロナウイルスを15~30分の短時間で検出
新型コロナウイルスの構造と開発した抗体の標的
 研究は、横浜市立大学大学院医学研究科の梁明秀教授を中心とした共同研究グループによるもの。日本医療研究開発機構(AMED)の「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の診断法開発に資する研究(研究代表者:鈴木忠樹・国立感染症研究所感染病理部長)」の支援を受けて行われている。

 研究グループは今後、この抗体を用いることで、簡便かつ短時間にSARS-CoV-2だけを正しく検出できるイムノクロマトキットの開発を目指す。SARS-CoV-2であることを迅速に特定して即時対応ができるようになれば、適切な医療や感染の拡大阻止につながる。

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の正確な流行状況を把握するため、新型コロナウイルスの感染歴を調べる抗体検査の実施が必要とされている。同時に、感染の有無が早く分かる抗原検査も導入する方向で検討している。

 厚生労働省は新型コロナウイルスの数千人規模抗体検査を目指し、東京都や東北など地域ごとに実施する方針を固めた。日本赤十字社の献血血液を用いて複数の検査キットの性能試験を始め、有用性を確認次第、本格的に抗体検査を行う予定だ。

 現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の病原体検査は、PCR法などのウイルス遺伝子検出法のみが適用されているが、診断までに平均約4~6時間を必要とし、特殊な機器を必要とするため、検査数が限定されている。

 医療現場で使用可能な迅速診断法として、血清抗体検出キットが開発されているが、現在のところ、体外診断用医薬品として承認された試薬や製品はなく、またこの試験法は病原体に対する免疫応答(抗体)を確認するものであるため、感染早期の検査には適していない。

 抗原は免疫細胞上の抗原受容体と結合し、免疫反応を起こす物質の総称。ウイルスや細菌のほか、ワクチン中のタンパク質も抗原になる。抗原から体を守るために作られる抗体は、体内で増えるまで時間がかかるため感染初期に検出できないが、抗原の有無は感染初期でも検出が可能だ。

 研究グループは、コムギ胚芽無細胞タンパク質合成法により作製した高品質な抗原を用いて、SARS-CoV-2を正確に検出できるマウスモノクローナル抗体を産生するハイブリドーマを複数株、樹立することに成功。

 この抗体は、SARS-CoV-2だけに高い親和性を示し、重症急性呼吸器症候群(SARS)や中東呼吸器症候群(MERS)、およびその他の一般の風邪症状を引き起こすヒトコロナウイルスとは交差反応しない。

 今後、この抗体を用いて、簡便かつ短時間に、しかも正確にSARS-CoV-2を検出できるイムノクロマトキットを開発し、PCR検査の弱点を補い、臨床現場の負担を軽くし、検査数を大幅に増やすことを期待している。

 イムノクロマト法は、抗原抗体反応と毛細管現象を応用した免疫測定試薬。簡単な操作で病原体などを目視で検出することが可能であり、すでにインフルエンザウイルスや妊娠診断などで実用化されている。

 ウイルス抗原タンパク質を検出できる簡易イムノキットが構築できれば、特別な装置を必要とせず、外来やベッドサイドで、簡単な操作で短時間にウイルスを検出することが可能になる。

 今後、迅速診断法を確立し、精度の向上を図ることで、PCR検査との感度比較を行った上で、PCR検査前のスクリーニング検査として使用できる可能性もある。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の研究開発課題について(日本医療研究開発機構(AMED))
[Terahata]

関連ニュース

2021年02月09日
患者さんの2人に1人がインスリン注射の「打ち忘れ」を経験 ネットワークアンケートより
2021年02月09日
【新型コロナ】ワクチン接種の希望は説明の仕方によって増減 丁寧に説明すれば接種希望を高められる可能性
2021年02月09日
【新型コロナ】日本医師会と日本循環器連合が心血管病診療に関する緊急声明を発表 「治療中断や受診控えで重症化する患者が増えている」
2021年02月09日
後期高齢の心疾患患者の腎機能を維持するために 身体活動量を高めて心不全悪化による再入院を予防 外来心臓リハビリが有効な治療介入に
2021年02月05日
世界初の経口投与できるGLP-1受容体作動薬「リベルサス錠」 2型糖尿病治療薬として発売 新たな治療オプションを提供
2021年02月03日
糖尿病・慢性腎臓病患者に対するSGLT-2阻害薬とGLP-1受容体作動薬の予防効果の違いを発見 SGLT-2阻害薬は心血管・腎イベントを有意に減少
2021年02月03日
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する包括的な検査ソリューションを拡充 測定時間が15分の迅速抗原検査キットなど アボット
2021年02月03日
【新型コロナ】1回接種で効果のあるCOVID-19ワクチンの第3相試験中間解析を発表 重症疾患への予防効果は85% ジョンソン・エンド・ジョンソン
2021年02月02日
【新型コロナ】コロナ禍での自殺率は女性・子供・青年を中心に上昇 経済・生活面でのダメージが大きい人の自殺動向を注視する必要が
2021年02月02日
認知機能の低下した患者の顔は人工知能(AI)により見分けられる 認知症の早期診断を促す新たな検査法の開発へ

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶