【新型コロナウイルス】降圧薬の服用でCOVID-19は重症化しない 欧州と米国の高血圧学会が声明を発表

 COVID-19の重症化と降圧薬であるACE阻害薬とARBの使用をめぐり議論が巻き起こっているのを受けて、欧州高血圧学会や米国心臓学会などは声明を発表した。
 ACE阻害薬あるいはARBを服用している高血圧、心疾患の患者に対し、引き続きこれらの薬剤を使用するよう呼びかけている。
高血圧患者がCOVID-19に感染しやすいとは言えない
 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と高血圧症について、「高血圧症のある患者はCOVID-19を発症しやすくなるのではないか?」、「高血圧症の治療に一般的に使われているアンジオテンシン変換酵素阻害薬(ACE阻害薬)やアンジオテンシン受容体拮抗薬(ARB)がCOVID-19の予後を悪化させるのではないか?」という懸念があり、一部のメディアが過剰に反応している。

 新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が人体に感染するには、細胞の表面に存在する受容体タンパク質(ACE2受容体)に結合したのち、ウイルス外膜と細胞膜の融合を起こすことが重要となる。

 ACE阻害薬とARBはACE2の発現を上昇させることが動物モデルで示されており、これらの薬剤を使用している高血圧患者はSARS-CoV-2に感染しやすく重症化しやすいのではないかという懸念があった。

 これに対して、欧州高血圧学会(ESH)、国際高血圧学会(ISH)、欧州心臓病学会(ESC)は、「COVID-19を発症した患者がACE阻害薬およびARBの使用を中止すべきであることを示した臨床的・科学的なデータは現時点では全くない。患者はこれらの薬剤の使用を継続するべきだ」とする声明を発表した。

 ただし、心疾患などの併存症がある人は、ACE阻害薬やARBの使用の有無にかかわらず、COVID-19罹患後には重症化リスクが高まるとしている。

 ISHは次の4つの重要なポイントを強調している――。

(1)現在のところ、高血圧患者が正常血圧患者に比べて新型コロナウイルスに感染しやすいとは言えない。60歳以上の高齢者は新型コロナウイルスに感染しやすく、高齢者では高血圧患者が多いために、そのように見えるが、高血圧が原因となっているわけではない。

(2)新型コロナウイルスについては、ACE阻害剤あるいはARBは、感染に対する感受性を改善あるいは悪化させることも、感染した患者の結果に影響を与えることを示す臨床データはない。

(3)現状では、ACE阻害剤あるいはARBについて否定的、あるいは肯定的になるような十分なデータは示されていない。そのためISHは、高血圧症患者を治療する際に、ACE阻害剤あるいはARBについては通常通り適応に応じて使用を継続することを強く推奨する。新型コロナウイルス感染に関する懸念に影響されて処方を変更すべきではない。

(4)将来的には、新型コロナウイルス感染に対して降圧治療が影響を与えることが明らかになり、治療指針を変更する必要が生じてくる可能性もあるが、現在のところは、そうした研究結果は発表されておらず、現状の高血圧診療ガイドラインを変更する必要はない。
治療レジメンを変更する際には患者個々の必要性を考慮
 米国心臓協会(AHA)、米国心臓病学会(ACC)、米国心不全学会(HFSA)も、合同で同様のメッセージを発表した。

 「心血管疾患の持病がある患者は、COVID-19に罹患すると重症化しやすく、死亡リスクも高いため、懸念があることは理解できる。しかし、最新のデータを確認した結果、ACE阻害薬やARBの使用中止を支持するエビデンスは見つけられなかった。そのため、治療レジメンを変更する際には、患者個々の必要性を考慮することを強く推奨する。治療の変更は最新の科学的エビデンスに基づき行うべきであり、医師と医療チームが共同で意思決定を行うべきだ」と、AHA会長で米スタンフォード大学医学部長のRobert Harrington氏は述べている。

 「COVID-19と診断された心血管疾患患者に最適な治療を継続的に提供することが最優されるが、ACE阻害薬やARBについては、有益あるいは有害な結果を示す実験データや臨床データは今のところ存在しない。心血管疾患を有しCOVID-19を発症した可能性のある世界中の数百万人の患者に最適なケアを提供するために、緊急の追加研究が必要だ」と、ACC会長で米インディアナ大学心臓病学教授のRichard Kovacs氏は述べている。

欧州高血圧学会のステートメント
Position Statement of the ESC Council on Hypertension on ACE-Inhibitors and Angiotensin Receptor Blockers(欧州心臓病学会)
Patients taking ACE-i and ARBs who contract COVID-19 should continue treatment, unless otherwise advised by their physician(米国心臓協会)
HFSA/ACC/AHA Statement Addresses Concerns Re: Using RAAS Antagonists in COVID-19(米国心臓病学会)
Patients taking ACE-i and ARBs who contract COVID-19 should continue treatment, unless otherwise advised by their physician(米国心不全学会)
[Terahata]

関連ニュース

2020年04月02日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」の第3相DAPA-CKD試験 慢性腎臓病患者を対象とした有効性により早期終了
2020年04月02日
【新型コロナウイルス】降圧薬の服用でCOVID-19は重症化しない 欧州と米国の高血圧学会が声明を発表
2020年04月02日
【新型コロナウイルス】迅速検査システムを開発 40分以内でウイルス遺伝子を検出
2020年03月26日
糖代謝異常者の循環器病の診療 日本循環器学会と日本糖尿病学会が合同でステートメントを公表
2020年03月26日
新規の超速効型インスリン「ルムジェブ注」承認取得 既存の超速効型インスリンよりも吸収が速い 食後投与も可能
2020年03月26日
重症低血糖の救急処置ができるグルカゴン点鼻粉末剤「バクスミー」承認取得 低血糖に簡便に対処できるはじめての点鼻剤
2020年03月26日
ジョスリン糖尿病センターなどへの留学生を募集 糖尿病・糖尿病合併症・糖尿病と全身疾患・歯科疾患に関する研究を支援 サンスター財団
2020年03月26日
2型糖尿病治療薬の配合剤「ソリクア配合注」承認取得 「ランタス」とGLP-1受容体作動薬「リキスミア」の配合剤
2020年03月26日
超速効型インスリン製剤の日本初のバイオ後続品 インスリン リスプロBS注HU「サノフィ」承認取得
2020年03月19日
アンケート「糖尿病の治療とはげましの言葉」 糖尿病患者のモチベーションははげましを受けると向上する

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶