【消費者庁が注意喚起】 新型コロナウイルス予防を表示した商品に改善要請 健康食品や空気清浄機など効果は不明

 消費者庁は、新型コロナウイルス感染症の拡大に乗じ、インターネット広告で、新型コロナウイルスに対する予防効果を標榜する健康食品、マイナスイオン発生器、空間除菌商品などに対し、緊急的に改善要請を行った。SNSを通じて一般消費者への注意喚起も行っている。
30事業者46商品に対し改善要請
 消費者庁は、2020年2月25日~3月6日に、インターネット広告で、新型コロナウイルスに対する予防効果を標榜する「ウイルス予防商品」の表示について、景品表示法(優良誤認表示)および健康増進法(食品の虚偽・誇大表示)の観点から緊急監視を実施した。

 その結果、インターネット広告でウイルス予防商品を販売している30事業者による46商品の表示について、新型コロナウイルスに対する予防効果を標榜する文言などがあるのを確認。

 そこで、一般消費者が当該商品の効果について誤認し、新型コロナウイルスの感染予防について誤った対応をしてしまうことを防止するために、該当する表示を行っている事業者に対し、緊急的に改善要請などを行った。

 新型コロナウイルスについては、その性状特性が必ずしも明らかではなく、民間施設での試験なども難しい現状がある。新型コロナウイルスに対する予防効果を標榜するウイルス予防商品は、現段階では客観性および合理性を欠くものであり、一般消費者の商品選択に著しく誤認を与えるものだとしている。

 また、改善要請などを行った事業者がオンライン・ショッピングモールに出店している場合には、その運営事業者に対しても、表示の適正化について協力を要請した。

消費者庁がツイッター・フェイスブックに出した表示
「新型コロナウイルス予防に効果あり」などの広告表示に注意!!
 消費者庁は、新型コロナウイルスの予防効果を標榜する商品などの不当表示に対する監視指導を実施しています。現時点で、健康食品、マイナスイオン発生器、空間除菌剤などの商品については、当該ウイルスに対する効果を裏付ける根拠は認められていませんので御注意ください。手洗いなど、正しい予防を心掛けましょう。

新型コロナウイルスに対する予防効果を標榜した商品
商品区分表示されていた効果など
いわゆる健康食品
(カプセル、錠剤、粉末など)
【23事業者40商品】
・新型コロナウイルス 感染予防サプリメント!! ビタミンCとビタミンD
・ビタミンCはコロナウイルスから体を守る
・コロナウイルス対策サプリ、ウイルス感染症の予防、症状軽減にはビタミンC、ビタミンD、亜鉛、マグネシウム、セレンの摂取が重要
・新型コロナウイルス予防、粘膜の必須栄養素「ビタミンA」を高容量に補っていくことをおすすめします
・世界的にコロナウイルスは猛威、ウイルス予防に梅肉エキス
・新型コロナウイルスの対策としてのオリーブ葉エキス
・新型コロナウイルスの感染予防にもオリーブ葉エキスが有効です!
・ワクチンや特効薬のないウイルスでも、最近は私あまり怖くなくなっています。オリーブ葉エキスがあるからです!
・マヌカハニーサプリ、新型コロナウイルス対策
・「天然の抗生物質」と呼ばれる他のハチミツにはない特別なパワーを持っているマヌカハニーで、コロナウイルス対策
・新型コロナウイルスの予防にタンポポ茶
・新型肺炎には早期の漢方が効果的。予防にはタンポポエキスを
・あおさ、新型コロナ対策
・スピルリナ、コロナウイルス対策サプリとしても使用できます
・霊芝、新型コロナウイルス対策
・ポリフェノールで新型コロナウイルス対策
・新型コロナウイルス対策!天然藁納豆にウイルスは勝てない!納豆に含まれるペプチドは肺炎の起因菌の膜を破壊します!
・命を守る段階へ、新型コロナの活動を抑えることが期待されるサプリ一覧、α-リポ酸、N-アセチルシステイン、グルコサミン、セレン、β-グルカン
マイナスイオン発生器
イオン空気清浄機
【4事業者3商品】
・新型コロナウイルスにも有効
・新型コロナウイルス対策
・新型コロナウイルスはマイナスイオンで死滅します!
空間除菌剤
(首下げ型、据置型)
【3事業者3商品】
・身に付けるだけで空間のウイルス除去・除菌
・首にかけるだけの除菌ブロッカー
・塩素成分で空間の除菌!
・新型コロナウイルス...除菌 殺菌 消毒
・インフルエンザ・新型コロナウイルス・風邪などの予防に

消費者庁
健康食品の安全性・有効性情報(医薬基盤・健康・栄養研究所)
[Terahata]

関連ニュース

2020年10月07日
腸内細菌による食後血糖調節メカニズムを解明 糖尿病での免疫細胞の機能改善や腸内細菌の正常化が新たな治療法になる可能性
2020年10月05日
低血糖時救急治療剤「バクスミー点鼻粉末剤3mg」を発売 室温で携帯できる初の点鼻粉末剤 迅速な救急処置を可能に
2020年10月05日
「がんを抱える糖尿病患者の支援の実際と今後の課題」 第25回日本糖尿病教育・看護学会レポート(5)
2020年10月05日
「糖尿病透析予防指導管理料算定と遠隔モニタリングを用いた看護支援の工夫と成果」 第25回日本糖尿病教育・看護学会レポート(4)
2020年10月01日
糖尿病治療薬「メトホルミン」の発がんリスクを評価 55万人に1人ががん発症 NDMA生成の原因は?
2020年10月01日
服薬アドヒアランス不良の患者は1日の服薬回数が多い 2型糖尿病患者の経口薬の処方実態調査
2020年10月01日
新型コロナウイルスを捕捉・不活性化する人工抗体を作製 急速なパンデミックを抑えるために
2020年09月30日
2型糖尿病患者の3人に1人が心血管疾患に罹患 うち大多数が治療による管理を受けていない CAPTURE試験
2020年09月30日
セマグルチドを追加すると2型糖尿病患者の心血管イベントを最長3年間抑えられる可能性 10年間の心血管イベントのリスクは20%減少
2020年09月30日
「『合併症を予防する』支援と『合併症を持ちつつ生きる人』への支援」 第25回日本糖尿病教育・看護学会レポート(3)

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶