「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド」を公開 日本環境感染学会

 日本環境感染学会は「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド」の公開を開始した。
一般の医療機関向け 高齢者介護施設でも参考にできる内容
 2019年12月に中国武漢に端を発した新型コロナウイルス感染症は、急激な勢いで感染者数が増加している。日本では指定感染症に指定され、対策がとられているが、現時点ではまだ感染が拡大する傾向にあり、国内の一般の医療機関でも感染例や疑い例が受診する可能性を考慮せざるを得ない段階に入っている。

 こうした状況の中、日本環境感染学会(理事長:吉田正樹)は、医療機関の診療および感染対策で適切な対応をとるための一助になるよう、「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド(第1版)」を2月12日に発表し公開を開始した。

 同ガイドの主な対象は一般の医療機関だが、高齢者介護施設でも基本となる感染対策の参考にできる内容になっている。ガイドの内容は随時アップデートされる予定。

 同ガイドでは、新型コロナウイルスについて「特徴」「発生状況」「臨床的特徴(病態、症状)」「診断」「治療・予防」「感染対策」「国内における患者の診療体制」「法律上の規定」「相談窓口、問い合わせ先」「参考文献、情報」の項目に分けて解説。

 「感染対策」では、(1)標準予防策の徹底、(2)感染経路別予防策、(3)外来患者への対応、(4)トリアージ、(5)入院患者への対応、(6)環境消毒、(7)換気、(8)職員の健康管理――という8項目にわたり具体的な対策を挙げている。

 標準予防策や外来患者への対応として、下記のように感染対策の行動事項を示している――。

「感染対策上重要なのは、まず呼吸器衛生/咳エチケットを含む標準予防策の徹底です。ウイルスを検出する検査を行わなければ感染例と非感染例を明確に区別することはできませんので、全ての患者の診療において、状況に応じて必要な個人防護具(PPE)を選択して適切に着用してください。」

「コロナウイルスはエンべロープを有するため、擦式アルコール手指消毒薬は新型コロナウイルスの消毒にも有効です。手指衛生は適切なタイミングで実施してください。」

「通常の一般外来で発熱患者に対応する職員は、常時マスクを着用し、手指衛生の徹底をはかります。」

「外来に多くの発熱患者が訪れた場合は、インフルエンザ流行期の対応に準じて、外来で適切な場所を確保して他の患者との距離を保つように工夫します。」

[Terahata]

関連ニュース

2020年07月02日
糖尿病患者向け経済的支援を開始 COVID-19の影響で治療継続が難しくなった患者の医療費を支援 日本メドトロニック
2020年07月02日
GLP-1受容体作動薬の週1回投与単回使用製剤「オゼンピック皮下注SD」を発売 効能・効果は2型糖尿病
2020年07月02日
超速効型インスリン製剤での日本初のバイオシミラー インスリン リスプロBS注HU「サノフィ」を発売
2020年07月02日
世界初の経口投与できるGLP-1受容体作動薬「リベルサス錠」 2型糖尿病治療薬として承認取得
2020年07月01日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE) 2020年度申込を受付中 講習会はeラーニング開催
2020年06月25日
肥満症治療を最適化し、肥満への理解の向上を目指す 国際研究プロジェクト「SOPHIA」が活動を開始
2020年06月25日
週1回投与の持続性GLP-1受容体作動薬「トルリシティ」が高い服薬アドヒアランスと継続性を示す
2020年06月24日
メトホルミンでは血糖コントロールが不十分な2型糖尿病患者でビクトーザが血糖コントロール期間を長期化
2020年06月24日
急性心筋梗塞後の心不全発症に対するジャディアンスの影響を評価する研究を開始 デューク臨床研究所と共同で実施
2020年06月24日
COVID-19の迅速診断法「SATIC法」の開発に向け産官学が連携 唾液から25分で判定でき、機器も不要

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶