幹細胞からダイレクトリプログラミング法で膵β細胞を作出 1型糖尿病の再生医療の開発を目指す 順天堂大学

 順天堂大学と再生細胞薬の研究などを手掛けるサンバイオは、ヒト骨髄由来間葉系幹細胞からダイレクトリプログラミング法により膵β細胞を再生し、1型糖尿病患者に対する再生医療などの製品を開発するための共同研究の契約を締結したと発表した。
ダイレクトリプログラミング法で膵β細胞の再生
 今回の共同研究は、順天堂大学大学院医学研究科難治性疾患診断・治療学(岡﨑康司教授、松本征仁客員准教授)が開発した体細胞からダイレクトリプログラミング法によって、間葉系幹細胞から膵β細胞を再生し、1型糖尿病に対する再生医療などの製品の開発を目指すもの。

 研究を進めているダイレクトリプログラミング法は、iPS細胞などの多能性幹細胞を介さずに体細胞から目的とする細胞に分化誘導させる技術。

 サンバイオがこれまでSB623の開発過程で蓄積してきた再生医療等製品の開発技術と同大学の体細胞からのダイレクトリプログラミング法を組み合わせ、1型糖尿病のモデル動物を用いて有効性および安全性を評価し、臨床試験に進むために必要なデータの取得を目指す。

 1型糖尿病は、自己免疫疾患の一種で、膵臓にあるβ細胞が破壊されてしまうことで発症する生命に関わる重篤な疾患で、インスリン製剤を用いた治療を生涯にわかり継続する必要がある。世界的には糖尿病患者全体の約5%が1型糖尿病とされており、若年者を中心に幅広い年齢で発症する。2017年のデータでは、日本の推定患者数は約8万人とされている。

順天堂大学 難病の診断と治療研究センター
サンバイオ
[Terahata]

関連ニュース

2020年01月30日
2型糖尿病治療薬「SGLT2阻害薬」の肝蔵での糖産生に与える影響はインスリン抵抗性の有無で異なる
2020年01月30日
幹細胞からダイレクトリプログラミング法で膵β細胞を作出 1型糖尿病の再生医療の開発を目指す 順天堂大学
2020年01月29日
血管の老化が糖尿病を引き起こす 血管内皮細胞の老化が脂肪細胞のインスリン作用不全を引き起こす
2020年01月24日
厚労省が「日本人の食事摂取基準(2020年版)」を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策 よりきめ細かな栄養指導が必要に
2020年01月24日
「スーグラ錠」「スージャヌ配合錠」の重⼤な副作⽤にアナフィラキシー 厚労省が添付⽂書の改訂を指⽰
2020年01月22日
インスリンに糖鎖が結合した新しい分子「グリコインスリン」の合成に成功 線維化しない新しいインスリン分子を創製 大阪大
2020年01月22日
難治性の傷を治す「シルクエラスチン」を開発 糖尿病性皮膚潰瘍などの慢性創傷に有効 産官学連携で医師主導の治験を実施
2020年01月22日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」の慢性心不全治療薬としての効能・効果追加を申請 DAPA-HF試験結果を受け
2020年01月16日
慢性腎臓病(CKD)により体内時計が乱れる 中枢時計や末梢臓器の時計の乱れが腎機能をさらに悪化させるという負の連鎖
2020年01月16日
「郡山市における糖尿病対策に係る共同研究」の結果 ノボ、郡山市、福島県立医科大学 治療中断者は糖尿病への理解や認識が不足している

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶