HGF遺伝子治療用製品「コラテジェン」 米国で閉塞性動脈硬化症を対象とした臨床試験を開始

 アンジェスは、HGF遺伝子治療用製品「コラテジェン筋注用4mg(一般名:ベペルミノゲン ぺルプラスミド)」につき、米国で下肢潰瘍を有する閉塞性動脈硬化症の患者を対象にした臨床試験を開始すると発表した。
グローバルな治療指針をふまえ下肢切断リスクの低い患者を対象に実施
 「コラテジェン」は、慢性動脈閉塞症の潰瘍の改善を効能、効果または性能として、条件および期限付製造販売承認を2019年3月に取得し、同年9月に田辺三菱製薬から販売が開始された日本ではじめての遺伝子治療用製品。

 同剤は、ヒト肝細胞増殖因子(HGF)を発現するプラスミドDNAであり、標的細胞である下肢の筋肉細胞内に取り込まれ、細胞内で転写・翻訳されて、HGFを産生・分泌する。HGFの血管新生作用によって、虚血部位の血管数と局所血流量を増加させ、虚血状態を改善する。

 同社は、グローバルな治療指針をふまえて、これまで対象とした患者と比べて下肢切断リスクの低い患者を対象とした試験を実施し、米国での承認取得を目指す。

 同試験では、約60例を集積する予定。第3相試験に先立ち、小規模な臨床試験で下肢潰瘍の改善効果を確認する。開発計画については、FDAと協議をし、合意を得ている。

 閉塞性動脈硬化症のうち、包括的高度慢性下肢虚血(CLTI、これまでの重症下肢虚血の新たな呼称)の治療に関しては、米国、欧州、アジア・オセアニアの血管外科学会の共同のもとにグローバルな治療指針(Global Vascular Guideline;GVG)が今年6月に公表され、患者のQOLの観点から病気の進行に合わせた治療が示された。

 同指針では、臨床ステージを4段階(clinical stage 1~4)に分け、それぞれのステージにおける治療方針が示されている。今回の試験では下肢切断リスクの低いclinical stage 1と2を対象とし、この患者ではまず潰瘍の治療を考慮することが推奨されている。同ステージに該当する患者は全体の約60%とみられている。
コラテジェン筋注用4mg
HGF遺伝子治療薬(アンジェス)
[Terahata]

関連ニュース

2020年03月05日
高齢糖尿病患者などで血糖コントロールが厳格過ぎる 低血糖リスクが高い可能性
2020年02月27日
SGLT2阻害薬の心血管保護効果は背景因子に関わらず有意
2020年02月20日
膵島抗体スクリーニングで小児1型糖尿病リスクを評価可能
2020年02月13日
NAFLD併発2型糖尿病患者の医療費が今後20年で6兆円――米国の推計
2020年02月06日
高齢1型糖尿病患者では重症低血糖が認知機能低下のリスク
2020年01月30日
isCGMで成人1型糖尿病患者の低血糖や欠勤が有意に減少
2020年01月23日
SGLT2阻害薬で痛風発症率が低下
2020年01月16日
歯周病の治療で糖尿病の合併症が減り、費用対効果がアップ
2020年01月09日
高齢2型糖尿病患者の低血糖リスクを3項目で評価
2019年12月25日
男性は運動により空腹時GLP-1が低下し糖負荷後の応答が改善

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶