小児肥満・肥満症の予防のためのパートナーシップを開始 ノボとユニセフ

 ノボ ノルディスクとユニセフ(国連児童基金)は、小児肥満および肥満症を世界規模で予防するための新たなパートナーシップを開始した。
肥満の子供は15年間でほぼ倍増
 ユニセフ「世界子供白書2019」によると、小児肥満および肥満症の数はほぼ世界中で増加傾向にあり、5歳未満の肥満児の数は全世界で4,000万人に上る。また、5~19歳までの肥満の子供の数は、この15年間でほぼ倍増している。

 パートナーシップの発表は、「児童の権利に関する条約」が採択されてから30年目を迎えた「世界子供の日」に発表された。パートナーシップの最初の期間は3年間。以下を主な目標に掲げている――。
・ 中所得国の小児肥満および肥満症を防ぐために方針を定める意思決定機関の知識を深めること。
・ 肥満および肥満症が子供や彼らの権利に及ぼす影響についての認識を高め、小児肥満が広がりつつある現代の風潮に対処するための組織的な変革の必要性を提唱すること。
・ とくにメキシコとコロンビアに焦点をおき、ラテンアメリカおよびカリブ海諸国において多部門の協力を推進し、強化すること。

 「小児肥満および肥満症は、健康障害、非難中傷をもたらし、さらには学力低下の原因となりえます。ノボ ノルディスクのようなパートナーとともに、子どもの肥満と肥満症の予防は、政府、市民社会、民間企業、地域社会、および家族を含む社会全体が取り組むべき問題であることを周知させたいと思います」と、ユニセフの事務局長であるヘンリエッタ フォア氏は述べている。

 「小児肥満および肥満症が、ただちに取り組むべき必要のある共通の健康危機であることは疑いの余地がありません。小児肥満および肥満症は、個々人の問題ではなく、我々皆の問題です。何百万人もの子供が健康的な生活を送り、それと同時に、肥満が社会にもたらす負担を軽減できるよう、ユニセフと協力していきたいと思います」と、ノボ ノルディスクのCEOであるラース フルアーガー ヨルゲンセン氏は述べている。

 両者はこのパートナーシップにより、肥満および肥満症を予防するための知識と認識を深め、それらの根本的な原因の究明に協力して取り組むとしている。

Novo Nordisk and UNICEF announce new partnership to help prevent childhood overweight and obesity(ユニセフ 2019年11月20日)
[Terahata]

関連ニュース

2019年11月28日
妊娠中の抗うつ薬使用で妊娠糖尿病のリスク上昇の可能性
2019年11月27日
小児肥満・肥満症の予防のためのパートナーシップを開始 ノボとユニセフ
2019年11月27日
HGF遺伝子治療用製品「コラテジェン」 米国で閉塞性動脈硬化症を対象とした臨床試験を開始
2019年11月27日
ミトコンドリア機能を改善する2型糖尿病治療薬「Imeglimin」 日本での第3相臨床試験は良好な結果に
2019年11月27日
血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出 「マイクロRNA」をマーカーに簡便で高精度にがんを識別
2019年11月21日
尿酸降下薬「フェブキソスタット」による代謝制御が腎障害を抑えるメカニズムを解明 腎不全の新たな治療戦略
2019年11月21日
アディポネクチンは善玉? 高血圧でのアディポネクチン高値は脳・心血管病リスクに関連
2019年11月21日
糖尿病を対象にデジタルセラピューティクスを日本で開発・商業化 糖尿病のチーム医療を支援する「BlueStar」
2019年11月21日
28ヵ国500万人以上のデータから作成されたCKD発症予測モデル
2019年11月20日
1型糖尿病を根治する「バイオ人工膵島移植」 患者と家族を注射から解放 日本IDDMネットワーク

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶