小児肥満・肥満症の予防のためのパートナーシップを開始 ノボとユニセフ

 ノボ ノルディスクとユニセフ(国連児童基金)は、小児肥満および肥満症を世界規模で予防するための新たなパートナーシップを開始した。
肥満の子供は15年間でほぼ倍増
 ユニセフ「世界子供白書2019」によると、小児肥満および肥満症の数はほぼ世界中で増加傾向にあり、5歳未満の肥満児の数は全世界で4,000万人に上る。また、5~19歳までの肥満の子供の数は、この15年間でほぼ倍増している。

 パートナーシップの発表は、「児童の権利に関する条約」が採択されてから30年目を迎えた「世界子供の日」に発表された。パートナーシップの最初の期間は3年間。以下を主な目標に掲げている――。
・ 中所得国の小児肥満および肥満症を防ぐために方針を定める意思決定機関の知識を深めること。
・ 肥満および肥満症が子供や彼らの権利に及ぼす影響についての認識を高め、小児肥満が広がりつつある現代の風潮に対処するための組織的な変革の必要性を提唱すること。
・ とくにメキシコとコロンビアに焦点をおき、ラテンアメリカおよびカリブ海諸国において多部門の協力を推進し、強化すること。

 「小児肥満および肥満症は、健康障害、非難中傷をもたらし、さらには学力低下の原因となりえます。ノボ ノルディスクのようなパートナーとともに、子どもの肥満と肥満症の予防は、政府、市民社会、民間企業、地域社会、および家族を含む社会全体が取り組むべき問題であることを周知させたいと思います」と、ユニセフの事務局長であるヘンリエッタ フォア氏は述べている。

 「小児肥満および肥満症が、ただちに取り組むべき必要のある共通の健康危機であることは疑いの余地がありません。小児肥満および肥満症は、個々人の問題ではなく、我々皆の問題です。何百万人もの子供が健康的な生活を送り、それと同時に、肥満が社会にもたらす負担を軽減できるよう、ユニセフと協力していきたいと思います」と、ノボ ノルディスクのCEOであるラース フルアーガー ヨルゲンセン氏は述べている。

 両者はこのパートナーシップにより、肥満および肥満症を予防するための知識と認識を深め、それらの根本的な原因の究明に協力して取り組むとしている。

Novo Nordisk and UNICEF announce new partnership to help prevent childhood overweight and obesity(ユニセフ 2019年11月20日)
[Terahata]

関連ニュース

2020年01月23日
SGLT2阻害薬で痛風発症率が低下
2020年01月16日
歯周病の治療で糖尿病の合併症が減り、費用対効果がアップ
2020年01月09日
高齢2型糖尿病患者の低血糖リスクを3項目で評価
2019年12月25日
男性は運動により空腹時GLP-1が低下し糖負荷後の応答が改善
2019年12月20日
2型糖尿病治療剤「Imeglimin」の日本での第3相「TIMES 2」試験の速報 ミトコンドリア機能を改善
2019年12月19日
腕時計サイズの小型のウェアラブル血圧計を発売 手首で血圧測定 医療機器認証を取得
2019年12月13日
2型糖尿病の標準的な食事療法で「25kcal/kg/日」は妥当か 患者の80%が安静時代謝量に達していないという結果に
2019年12月12日
「メトホルミン」から発がん物質を検出? 厚労省や糖尿病学会は「服用を中止しないで」と注意喚起
2019年12月12日
2型糖尿病女性の低用量アスピリン療法に認知症予防効果 認知症リスクが42%低下 男性では差はなし
2019年12月11日
糖尿病の食事療法に「個別化」が求められる 食を楽しみながら食事を継続 第18回病態栄養セミナー・レポート

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶