血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出 「マイクロRNA」をマーカーに簡便で高精度にがんを識別

 東芝は、血液中の「マイクロRNA」を使った簡便で高精度ながん検出技術を開発した。血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出できるという。
 健康診断などでの血液検査により、生存率の高いステージ0から、がん罹患の有無を識別できるようになる可能性がある。
がんは早期に発見すれば生存率が著しく向上
 研究成果は、東芝と東京医科大学および国立がん研究センター研究所の共同研究によるもの。今後は早期の社会実装に向けて、2020年から実証試験を進めていく予定だ。

 人口動態統計によると、がんは1981年以降長らく日本人の死亡原因の1位を占めている。2018年のがんによる死亡者数は約37万人、生涯でがんに罹患する確率は男性62%、女性47%に上る。

 治療法は進歩しており、がんは早期に発見できれば、生存率が著しく向上する。たとえば肺がんの場合、ステージIIの5年生存率は約60%だが、ステージ0では97%だ。早期発見によりがんの生存率を向上することが社会的に重要な課題となっている。
血液中のマイクロRNAを調べればがんを早期発見できる
 こうした課題の解決に向け、近年、簡便かつ高精度にがんを検出する手段として、血液中に約2,500種類ある「マイクロRNA」が注目されている。

 「マイクロRNA」は、体の中で遺伝子やタンパク質を制御している20塩基程度の短い核酸分子で、血液中にも安定に存在していることが知られている。最近の研究で、血液中の「マイクロRNA」の種類と量を調べると、肺がんや乳がんなどのさまざまながんを早期に見つけられる可能性のあることが分かり、新しい診断マーカーとして期待されている。
生存率の高いステージ0からがん罹患の有無を識別
 同社は、日本医療研究開発機構の次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業(体液中マイクロRNA測定技術基盤開発)に参画し、「マイクロRNA」を用いたがん検出技術の開発に取り組んできた。

 共同研究では、東京医科大学と国立がん研究センターがもつ「マイクロRNA」に関する高度な医学的知見と、東芝が開発した「マイクロRNA」検出技術を融合することで、13種類のがんの患者と健常者を99%の精度で網羅的に識別することに成功した。

 この中にはステージ0の検体も含まれている。今回の成果は、13種類のいずれかのがん罹患を簡便・高精度に検出するスクリーニング検査に適応可能だという。また、独自の「マイクロRNA」チップと専用の小型検査装置を用いることで、検査時間を2時間以内に短縮し、即日検査への適応が可能となる。

 今回開発した「マイクロRNA」検出技術を用いることで、高精度でのがんの早期発見が期待できる。同社グループは、「超早期発見」「個別化治療」を特徴とした精密医療を中核として医療事業への本格的な再参入を表明している。
東芝 研究開発センター
体液中「マイクロRNA」測定技術基盤開発」事業(国立がん研究センター)
[Terahata]

関連ニュース

2019年11月27日
小児肥満・肥満症の予防のためのパートナーシップを開始 ノボとユニセフ
2019年11月27日
HGF遺伝子治療用製品「コラテジェン」 米国で閉塞性動脈硬化症を対象とした臨床試験を開始
2019年11月27日
ミトコンドリア機能を改善する2型糖尿病治療薬「Imeglimin」 日本での第3相臨床試験は良好な結果に
2019年11月27日
血液1滴から13種類のがんを99%の精度で検出 「マイクロRNA」をマーカーに簡便で高精度にがんを識別
2019年11月21日
尿酸降下薬「フェブキソスタット」による代謝制御が腎障害を抑えるメカニズムを解明 腎不全の新たな治療戦略
2019年11月21日
アディポネクチンは善玉? 高血圧でのアディポネクチン高値は脳・心血管病リスクに関連
2019年11月21日
糖尿病を対象にデジタルセラピューティクスを日本で開発・商業化 糖尿病のチーム医療を支援する「BlueStar」
2019年11月21日
28ヵ国500万人以上のデータから作成されたCKD発症予測モデル
2019年11月20日
1型糖尿病を根治する「バイオ人工膵島移植」 患者と家族を注射から解放 日本IDDMネットワーク
2019年11月15日
日本糖尿病学会と日本糖尿病協会がアドボカシー委員会を設立 糖尿病であることを隠さない社会づくりを目指す

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶