日本糖尿病協会「第6回チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」入賞作品を発表

 公益社団法人 日本糖尿病協会(理事長:清野 裕・関西電力病院総長)は「第6回チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト」(後援:厚生労働省・文部科学省など)の「二次実技審査(最終選考)」を10月20日に西東京調理師専門学校(東京都立川市)で実施し、入賞作品を決定した。
糖尿病食のもつイメージを明るいものにしたい
 若い世代に糖尿病への関心を高めてもらい、糖尿病予備群や糖尿病患者用のレシピを考える同コンテストのテーマは「おいしい、バランスの良い手作りごはんで、健康&幸せ家族を目指そう!」。

 日本在住で栄養士・管理栄養士を目指し学業に励んでいる全国の学生(専門、短大、大学)を対象に、「朝食」「昼食」「夕食」の3部門のレシピを6月から約2ヵ月間募集した。

 第6回となる今回は、応募総数162件、学校数では39校より一次審査(書類審査)に応募があり、このうち、12校、12チームが二次実技審査(最終選考)に進み、応募者当人によるレシピの再現調理、審査員による試食審査を行った。

 「最優秀賞」の栄冠に輝いたレシピは、朝食部門に応募した金城学院大学(愛知県)の「朝、食欲のないあなたへ贈る、さっぱり朝ごはん!」。

 この他、「優秀賞」には、それぞれ昼食部門:鹿児島県立短期大学(鹿児島県)、夕食部門:福岡女子大学(福岡県)、「審査員特別賞」には、名古屋学芸大学(愛知県)、辻学園栄養専門学校(大阪府)が選出され、また、特別協賛の株式会社おいしい健康による「おいしい健康賞」には、名古屋文理大学(愛知県)が選出された。

 さらに残り6チームにも「審査員奨励賞」を授与し、最終選考に進んだ12チームすべてが受賞する結果となった。

 同協会では、このレシピコンテストを通じて、糖尿病食のもつイメージを明るいものとし、糖尿病患者や予備群の方々の毎日の食生活に貢献したいとしている。
第6回チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト 審査員
清野 裕(公益社団法人 日本糖尿病協会 理事長/関西電力病院 総長)
大部正代(公益社団法人 日本糖尿病協会 業務執行理事/管理栄養士/実行委員長)
小内 裕(医療法人小内医院 院長/医師)
堀口時子(医療法人十薬会 上大類病院 栄養課/管理栄養士)
田中雄一(公益社団法人 日本糖尿病協会 インスリンメンター)
野尻哲也(株式会社 おいしい健康 代表取締役社長)
藤田恵子(大正製薬 株式会社 理事)

公益社団法人 日本糖尿病協会

第6回チャレンジ!糖尿病いきいきレシピコンテスト
[Terahata]

関連ニュース

2020年03月05日
高齢糖尿病患者などで血糖コントロールが厳格過ぎる 低血糖リスクが高い可能性
2020年02月27日
SGLT2阻害薬の心血管保護効果は背景因子に関わらず有意
2020年02月20日
膵島抗体スクリーニングで小児1型糖尿病リスクを評価可能
2020年02月13日
NAFLD併発2型糖尿病患者の医療費が今後20年で6兆円――米国の推計
2020年02月06日
高齢1型糖尿病患者では重症低血糖が認知機能低下のリスク
2020年01月30日
isCGMで成人1型糖尿病患者の低血糖や欠勤が有意に減少
2020年01月23日
SGLT2阻害薬で痛風発症率が低下
2020年01月16日
歯周病の治療で糖尿病の合併症が減り、費用対効果がアップ
2020年01月09日
高齢2型糖尿病患者の低血糖リスクを3項目で評価
2019年12月25日
男性は運動により空腹時GLP-1が低下し糖負荷後の応答が改善

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶