インスリン針が刺さりにくい耐突刺手袋を発売 清掃作業者の手を守る作業用手袋

 ミドリ安全は、インスリン針が突き刺さりにくい、針刺し事故や感染事故を防ぐための耐突刺手袋「インスリンガード」および「サスケグリップ」の販売を開始した。
清掃現場での針刺し事故や感染事故を防ぐ
 近年、患者が家庭や外出先でインスリンを投与するケースが増える一方で、インスリン注射針の不法投棄が社会問題となっている。とくにビルメンテナンスや清掃業務の現場では、不法投棄されたインスリン針を清掃作業者が誤って掴んでしまい、手を指してしまうなどの針刺し事故が問題となっている。

 「インスリンガード」「サスケグリップ」は、清掃時などにインスリン針から手を守る耐突刺手袋。最も針刺し事故の多い指先部分に、"ステンレスガードエリア"として極薄ステンレスを施すことで針の侵入を防ぎ、誤ってインスリン針を掴んでしまっても、手に刺さりにくいのが特徴。特許取得の特殊構造で、指が曲げやすく作業性も良好だ。

 「サスケグリップ」には、さらに手のひら部分にも厚手ステンレスを施すことで、耐突刺レベルで最高のレベル5をクリア。清掃作業だけでなく、高圧ウォータージェットの水圧から手を守るためにも使うことが可能。

ミドリ安全.com
[Terahata]

関連ニュース

2021年02月04日
メトホルミンを使用している糖尿病患者は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連死のリスクが低い
2021年01月29日
網膜OCT所見と高齢1型糖尿病患者の認知機能が相関
2021年01月22日
低炭水化物食開始6ヵ月は糖尿病寛解率が有意に高い
2021年01月15日
SGLT2阻害薬を使用中にCOVID-19に罹患 正常血糖糖尿病ケトアシドーシス(DKA)を発症した症例 米国内分泌学会
2021年01月07日
血糖・血圧管理で心血管系自律神経障害リスクが低下――ACCORD研究
2020年12月23日
孤独感は2型糖尿病の独立したリスク因子 孤独感が慢性化するとストレスの負の連鎖が
2020年12月17日
ティーチバックによる療養指導で糖尿病患者の転帰改善
2020年12月11日
【新型コロナ】糖尿病網膜症のあるCOVID-19患者は気管挿管の頻度が5倍以上 呼吸不全リスクが高い可能性
2020年12月03日
高周波の脊髄刺激療法で糖尿病神経障害の痛みが緩和 9割が50%以上の疼痛緩和
2020年11月26日
糖尿病・慢性腎臓病(CKD)のためのKDIGO診療ガイドライン2020年版を公表

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶