日本医師会が米ジョスリン糖尿病センターと連携 かかりつけ医向けに「ジョスリン糖尿病研修会」を実施

 日本医師会(日医)は、糖尿病の研究・診療・教育に関する世界的リーダーとして知られる、ハーバード大学医学部付属機関であるジョスリン糖尿病センターと連携し、かかりつけ医向け糖尿病研修を今年度から実施することを発表した。
糖尿病を専門としないかかりつけ医向け
世界レベルの糖尿病研修
 「ジョスリン糖尿病研修会」は、糖尿病を専門としないかかりつけ医向けに、ジョスリン糖尿病センターが開発した教材をもとに、日本の専門医が参画して、日本向けに作り直したもの。

 プログラムは計2回の研修会で、都道府県ごとに糖尿病を専門としないかかりつけ医が25~30人集まり、自院の症例を持ち寄り、参加者全員で糖尿病診療向上のためのプラン作成と実施・検証を行う。

 自宅や勤務先でのオンライン講義を実施し、実際に集まるのは計2日間とし、多忙な医師でも参加しやすいようにした。すでに、日本の4ヵ所でトライアルが実施されている。

 参加者は、日医が構築・管理している糖尿病レジストリ「日本医師会かかりつけ医糖尿病データベース研究事業(J-DOME)」に症例登録し、診療の向上に向けて役立てる。

 今後は、開催に関心のある地域で、地域の医師会、糖尿病対策推進会議と連携し、参加希望のかかりつけ医に向けて研修を実施していくという。多くの参加者を得て、糖尿病診療の向上と重症化予防につながることを期待している。

ジョスリン糖尿病研修会
・ 糖尿病非専門医の糖尿病診療の向上を目指して、ジョスリン糖尿病センターが開発。日本の糖尿病専門医も開発に参画
・ 25名~の非専門医を対象に計2回開催する。参加施設の看護師も併せて参加可能
・ 自院の症例を提出し、参加者同士で議論しながら、糖尿病診療向上のためのプラン作成と実施・検証を行う
・ 国内外の糖尿病専門医が講師を務める
・ 日本での開催実績はあり、参加者から高い評価を得ている

 国が推進する糖尿病腎症重症化予防は、日本の健康寿命の延伸に向けた大きな課題となっており、1,000万人とされる糖尿病が強く疑われる国民に、初期の段階から最適な治療を行うことは、医療者の重要な役割となっている。

 日医は、都道府県医師会への研修会の周知と協力依頼を行うとと もに、申請にもとづき日医生涯教育の単位を付与する。事務局は日本イーライリリーが担当する。

 日医では「この研修が糖尿病診療の向上と重症化予防につながることを期待している」と述べている。

日本医師会on-line
[Terahata]

関連ニュース

2019年09月18日
厚労省が「食事摂取基準2020年版」の要点を公表 脂質異常症と高齢者のフレイルに対策
2019年09月18日
慢性痛が気分を落ち込ませるメカニズムを解明 慢性痛・うつ病の治療薬開発に期待
2019年09月12日
日本医師会が米ジョスリン糖尿病センターと連携 かかりつけ医向けに「ジョスリン糖尿病研修会」を実施
2019年09月12日
筋肉の質の低下を決める3つの要因が判明 高齢者の筋肉を維持するために 名古屋大
2019年09月12日
血糖管理強化による低血糖入院・救急受診が2年で約1万件――米報告
2019年09月06日
SGLT2阻害薬が示すアルブミン尿抑制効果 朝の家庭血圧の改善が臨床的作用機序に 横浜市立大
2019年09月06日
糖尿病の自己管理教育・支援で低血糖のリスクが低下
2019年09月06日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」 第3相DAPA-HF試験の結果を発表 心血管死と心不全の悪化の発現率が有意に低下
2019年08月29日
急性心不全患者の腎機能悪化を早期に予測する指標を発見 国立循環器病研究センター
2019年08月29日
カウンセリングの頻度が高い糖尿病患者ほど心血管イベントが少ない

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶