「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!

「10月8日は、糖をはかる日」講演会が今年も開催されます!! 糖尿病医療のエキスパートによる講演を聴くことができる貴重なチャンスです。参加費は無料。一般の方、糖尿病患者さん、医療・保健指導スタッフの皆様、お誘いあわせの上、ふるってご参加ください!!
参加申し込みページはこちら ▶


2018年に開催された「糖をはかる日 講演会 2018」の様子

「10月8日は、糖をはかる日」は、2016年、「血糖を知る、はかる、コントロールする」をテーマに制定されました。「血糖と健康」について考える機会として、さまざまな活動を実施しています。

「10月8日は、糖をはかる日」公式ウェブサイト ▶
昨年開催の講演会レポート ▶

2019年「10月8日は、糖をはかる日」講演会テーマは、「"質の高い"血糖コントロールによる合併症予防」。糖尿病性腎症予防、心血管障害予防について、糖尿病医療のエキスパートによる講演、パネルディスカッションが行われます。

 たくさんのお申し込みをお待ちしております!!

参加申し込みフォームはこちら ▶

「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 開催概要

テーマ:「"質の高い"血糖コントロールによる合併症予防」

日 時:2019年10月3日(水)19:00~21:00(18:30開場)
※当日は報道関係者による撮影が行われる場合があります。予めご了承ください

場 所:日比谷図書文化館 日比谷コンベンションホール(大ホール)
(千代田区日比谷公園1-4 千代田区立日比谷図書文化館・地下1F)地図 ▶
 東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分
 都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分
 東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分
 JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分

対 象:一般の方・糖尿病患者さん、医療・保健指導スタッフ

定 員:200名 ※先着順受付。定員に達し次第、受付終了

参加費:無料

参加申込:こちらのページからお申込みください ▶

プログラム ※講演タイトル・内容は変更の可能性があります

18:30 開場
19:00~(5分間) 司会挨拶
 河盛 隆造先生(順天堂大学 大学院医学研究科 スポートロジーセンター)
19:05~(10分間) ご挨拶
 糖尿病治療研究会代表幹事 森 豊先生
 (東京慈恵会医科大学附属第三病院 糖尿病・代謝・内分泌内科教授)
19:15~(40分間)
 講演1:糖尿病性腎症重症化予防―チーム医療によるアプローチ
 守屋 達美先生(北里大学 健康管理センター教授)
19:55~(40分間)
 講演2:血糖コントロールと心血管障害
 綿田 裕孝先生(順天堂大学 大学院医学研究科 代謝内分泌内科学教授)
20:35~(25分間) パネルディスカッション
21:00 閉会

共 催:
糖尿病治療研究会(代表幹事・森 豊) / 糖尿病ネットワーク / 糖尿病リソースガイド

事務局・問合わせ先
「糖をはかる日」事務局 担当係(株式会社創新社内)
〒105-0003 東京都港区西新橋2-8-11 Tel.03-5521-2881 Fax.03-5521-2883
お問合わせフォーム ▶


「糖をはかる日」公式ウェブサイト
https://dm-net.co.jp/10-8/

[ohnoa]

関連ニュース

2019年08月29日
急性心不全患者の腎機能悪化を早期に予測する指標を発見 国立循環器病研究センター
2019年08月29日
カウンセリングの頻度が高い糖尿病患者ほど心血管イベントが少ない
2019年08月27日
糖尿病にともなう認知機能障害や老化にともなう認知機能低下はアミロイドβ変化とは独立に惹起 国立長寿医療研究センター
2019年08月27日
2型糖尿病合併および非合併の両患者を対象とした「DAPA-HF」試験 SGLT2阻害剤で最初の心不全アウトカム試験
2019年08月22日
「SGLT2阻害薬」はケトアシドーシスに注意 「患者への説明も含めた十分な対策が必要」と呼びかけ 日本糖尿病学会
2019年08月22日
空腹時血糖値と膵臓がんリスクが非糖尿病段階でも相関
2019年08月21日
金沢大学がAIを活用した糖尿病性腎症重症化予防の共同研究を開始 日本人に最適な予防法を開発
2019年08月21日
神経障害性疼痛の痛みの原因物質を特定 痛みシグナルを伝達する末梢神経・脊髄後角に着目 大阪大
2019年08月21日
糖尿病における創傷治癒遅延の分子メカニズムを解明 CCL2が創傷治癒を促進 和歌山医大
2019年08月21日
「10月8日は、糖をはかる日」講演会2019 参加者募集開始!

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶