2型糖尿病患者への肥満手術でインスリンが不要に 肥満手術の術後早期の血糖上昇抑制のメカニズムを解明 徳島大

 日本でも肥満症に対する減量手術が保険適応となり、症例数が増えている。徳島大学の研究グループは、術後早期にGLP-1分泌が増え血糖上昇が抑制されるメカニズムの解明に取り組んでいる。
肥満症に対する減量手術が保険適応 報告は増えている
 日本でもBMI35以上の病的肥満患者が増加している。従来はそうした患者に対し内科的治療が行われていたが、不成功に終わることが少なくない。近年では病的肥満に対する減量手術が国内外で積極的に行われるようになってきた。

 日本でも病的肥満症に対する減量手術、腹腔鏡下スリーブ状胃切除術(LSG)が保険適応となり、その効果が多数報告されている。

 症例数の増加にともない、内科的に治療抵抗性であった2型糖尿病患者にLSGを施行すると、これまで大量のインスリン投与が必要であった方が術後早期(術後2日目以内)よりインスリンが不要となる症例が報告されている。
 減量手術は、胃を小さくする胃縮小術とバイパスなどの消化管流路変更を加え消化吸収を抑制する消化吸収抑制術に大別される。特に消化吸収抑制術には肥満の改善だけでなく、2型糖尿病や非アルコール性脂肪肝炎(NASH)などの肥満関連疾患に対する効果も報告されている。

 このメカニズムとしては、回腸より分泌されるインスリン分泌促進作用をもつグルカゴン様ペプチド−1(GLP-1)の関与が報告されている。しかし、これまでの基礎・臨床での検討では術後4週目以降の報告のみであり、術後早期での血糖上昇抑制効果の詳細なメカニズムについては報告されていない。

 そこで徳島大学大学院医歯薬学研究部消化器・移植外科学特任助教の柏原秀也氏らの研究グループは、「肥満症」に対する外科治療は、回腸での胆汁酸吸収増加によりGLP-1分泌細胞であるL細胞の増加をきたすことを解明した。

 GLP-1分泌を増加させることで、2型糖尿病やNASHが改善することを、ラット減量手術モデルであるDuodenal-jejunal bypass(DJB)を用いて解明した。

 さらにNASH抑制効果については、GLP-1アナログ製剤であるリラグルチドを投与した内科的治療を凌駕していた(JGH 2015)。また、DJBの腸内細菌叢Gut microbiotaは他の群と比較し、顕著に変化しており、この変化が一連の効果に関わっていることが示唆された(Surgery today 2017)。

 研究グループは「今後は減量手術における術後早期血糖上昇抑制効果に関するメカニズムについての検討を行っていきたい」と述べている。
徳島大学大学院医歯薬学研究部消化器・移植外科学
[Terahata]

関連ニュース

2020年12月17日
ティーチバックによる療養指導で糖尿病患者の転帰改善
2020年12月11日
【新型コロナ】糖尿病網膜症のあるCOVID-19患者は気管挿管の頻度が5倍以上 呼吸不全リスクが高い可能性
2020年12月03日
高周波の脊髄刺激療法で糖尿病神経障害の痛みが緩和 9割が50%以上の疼痛緩和
2020年11月26日
糖尿病・慢性腎臓病(CKD)のためのKDIGO診療ガイドライン2020年版を公表
2020年11月19日
妊娠糖尿病は児の心血管リスクを高める
2020年11月18日
寄生虫が1型糖尿病の発症を抑える仕組みを解明 腸内菌が分泌する糖がT細胞を誘導 自己免疫疾患の予防・治療に新たな光
2020年11月13日
ビタミンDレベルが2型糖尿病リスクと逆相関
2020年11月05日
米国での入院1万件につき61.6件はDKA
2020年10月29日
【新型コロナ】パンデミック中に1型糖尿病患者の3割がオンライン診療 89ヵ国を調査
2020年10月22日
糖尿病と認知症の関連はHbA1cレベルにより異なる HbA1c低値群は低リスク

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶