「グルコース応答性インスリン」の開発を促進 グルコース結合分子プラットフォーム技術を使用

 ノボ ノルディスクがZiylo社を段階的に買収し、同社の開発初期段階のグルコース結合分子に関する権利を全面取得した。Ziylo社から独立した研究開発子会社Carbometrics社が、ノボ ノルディスクと共同でグルコース結合分子の最適化研究に取り組む。
グルコース結合分子(GBM)を開発したZiylo社を買収
 英国Ziylo社とノボ ノルディスクは、ノボ ノルディスクがZiylo社の全株式を取得したことを発表した。Ziylo社は英国ブリストル大学から独立した会社で、研究開発支援施設Unit DX内に本部を置いている。同社は自社のプラットフォーム技術である合成グルコース結合分子をいち早く治療・診断に応用した。

 これにより、ノボ ノルディスクは、Ziylo社のグルコース結合分子プラットフォーム技術を使用してグルコース応答性インスリンを開発する権利を全面取得した。

 Ziylo社は、第3の「バイオミメティック(生体模倣)」クラスのグルコース結合分子(GBM)を開発した超分子化学会社。グルコース結合分子は、持続血糖測定器(CGM)などの医療機器やグルコース応答性インスリン(GRI)などの治療法を支える重要な要素になる可能性がある。
グルコース応答性インスリンの実現に向けて前進
 グルコース応答性インスリンは低血糖リスクの解消・軽減に役立つ可能性を秘めている。低血糖はインスリン治療に伴う最も代表的なリスクであり、最適な血糖コントロールを妨げる要因だが、グルコース応答性インスリンによって代謝コントロールを改善できる可能性があり、糖尿病患者の負担軽減に役立つことが期待されている。

 Ziylo社が開発したグルコース結合分子は「合成分子」と呼ばれるもので、英国ブリストル大学のアンソニーデイビス教授が設計した。安定した性質を持つ合成分子で、血液中などの複雑な環境下で、グルコースに対して前例のない優れた選択性を示す。

 買収合意前の時点で、Ziylo社はCarbometrics社という新会社を設立しており、研究開発活動の一部をこの会社に振り分けていた。Carbometrics社はノボ ノルディスクと共同研究を締結し、グルコース応答性インスリンへの使用を目的としてグルコース結合分子の最適化に継続的に取り組むことで合意した。

 Carbometrics社は、主に持続血糖測定への応用を目的として、グルコース結合分子を非治療用途に開発する実施権(ライセンス)を取得している。

[Terahata]

関連ニュース

2018年11月01日
血中プロラクチン高値で女性の2型糖尿病リスク減
2018年10月25日
免疫チェックポイント分子LAG-3による免疫抑制メカニズムを解明 1型糖尿病発症のメカニズム解明と治療法開発に期待
2018年10月25日
非アルコール性脂肪性肝疾患の有無を判定するバイオマーカーを発見 聖路加国際大学と島津製作所
2018年10月25日
ADA/EASDが2型糖尿病の高血糖管理に関する推奨を改訂
2018年10月24日
国立国際医療研究センターが「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測
2018年10月23日
コンタクトレンズを装着するだけで血糖値を持続的にモニタリング 無線給電が不要の世界最小センサーを開発 名古屋大学
2018年10月23日
2型糖尿病などの生活習慣病リスクを予測するAI(人口知能)を共同開発 100万人の健診データを解析
2018年10月20日
「スタチン」「フィブラート」併用の原則禁忌が解除 腎機能低下患者でも良剤の併用が可能に
2018年10月19日
日本の1型糖尿病の患者数は10~14万人 支援とケアが必要 厚労省研究班
2018年10月18日
SGLT2阻害薬が糖尿病腎症の進行を抑えるメカニズムを解明 SPring-8を使い糸球体1万個への作用をミクロで解析

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶