グリコアルブミン測定試薬「ルシカ GA-L」を米国でも販売 旭化成ファーマ

 旭化成ファーマは、グリコアルブミン測定試薬の米国向け仕様製品「Lucica Glycated Albumin-L」(日本向けの販売名:ルシカ GA-L)について、米国のStanbio Laboratory, L.P.と、米国における独占的販売権を供与する契約を締結した。同社が製造を担う。
グリコアルブミンは血糖コントロール指標として有用
 グリコアルブミン測定試薬は、旭化成ファーマが自動分析装置用測定試薬として開発したもので、日本(2002年)、中国(2005年)、韓国(2013年)、インドネシア(2013年)、台湾(2015年)および欧州(2015年)で承認を取得し販売されている。米国では2017年に承認を取得した。

 糖尿病の治療では、血糖値をより正常に近づけることが重要であり、そのために、米国でもさまざまな糖尿病の血糖コントロール指標が使用されている。

 グリコアルブミンは、現在もっとも多く使用されているHbA1cよりも短期間の過去2~3週間の血糖コントロール状態を反映する中期の血糖コントロール指標であり、特に糖尿病の治療開始時および治療変更時の短期的な治療効果の確認に有用とされている。

 また、HbA1cが血糖コントロール指標になりにくい妊婦、透析患者、溶血性貧血や腎性貧血の患者、ヘモグロビン異常患者などにもグリコアルブミンは有用と考えられており、これらの臨床的有用性に関するさまざまな報告がある。

 旭化成ファーマは、Stanbioとともに血糖コントロール指標の新しい選択肢を提供することによって、米国における糖尿病治療に貢献していくとしている。

ルシカ GA-L(旭化成ファーマ)
グリコアルブミン情報ファイル
[Terahata]

関連ニュース

2019年04月04日
「糖尿病標準診療マニュアル」第15版(一般診療所・クリニック向け)を公開 日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会
2019年04月04日
受動喫煙がCKDの発症を増やす 週に3日未満でもリスクは1.44倍に上昇
2019年04月04日
腎機能障害が2型糖尿病リスクを上昇させる 腎疾患と糖尿病の相互関係を解明
2019年04月04日
性腺機能低下症へのテストステロン療法は2型糖尿病予防に有用か
2019年03月28日
慢性腎臓病の早期診断に「D-セリン」が有用 糸球体ろ過量と強く相関 医薬基盤・健康・栄養研究所
2019年03月28日
SGLT2阻害薬「フォシーガ」 1型糖尿病に対する効能・効果の追加承認を日本で取得
2019年03月28日
肥満による基礎代謝低下の分子メカニズムを解明 肥満や2型糖尿病、脂肪肝の新たな治療法の開発へ 広島大学
2019年03月28日
京都大学などが「薬剤師教育プログラム」の開発へ 糖尿病患者の病態改善に薬剤師が積極的に関与
2019年03月28日
妊娠糖尿病女性は産後の心血管イベントリスクが高い
2019年03月26日
【レポート】スローカロリー研究会 第5回年次講演会 ゆっくり吸収されるカロリーを具体的に活用

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶