尿1滴で「糖尿病腎症」の悪化を予測できる 尿中糖鎖で腎症進展を判定 岡山大学

 岡山大学の研究グループは、2型糖尿病患者の将来の腎臓の機能の悪化を予測できる新たな尿バイオマーカーを発見したと発表した。尿1滴で「糖尿病腎症」の悪化を予測できるという。
尿1滴で将来の腎機能の悪化を正確に推定
 岡山大学の研究グループは、糖尿病患者の尿に含まれる「糖鎖」の量で、腎臓の機能が将来悪化しやすいかどうかを予測できることを世界ではじめて突き止めた。

 尿1滴を使用するだけで、これまでより正確に腎機能の悪化を推定できるという。今回の研究は、尿中糖鎖と糖尿病患者の腎機能の悪化との関係を示したもので、糖尿病腎症の新たなメカニズムの解明につながる可能性がある。

 岡山大学などは、この判定手法に関する特許を出願中で、実用化に向けた検討も進めている。

 研究は、岡山大学大学院医歯薬学総合研究科腎・免疫・内分泌代謝内科学の和田淳教授、三瀬広記医員らの研究グループによるもので、米国糖尿病学会(ADA)が発行する医学誌「Diabetes Care」に発表された。
糖鎖が腎臓病悪化を予測する新たなバイオマーカーに
 研究グループは今回の研究で、バイオ企業のグライコテクニカが開発した「レクチンアレイ」を用いて、尿1滴(20マイクロリットル、マイクロは100万分の1)を用いるだけで、多くの患者の尿中の複数の糖鎖量を短期間かつ同時に測定するのに成功した。

 「グリコシド結合」とは、糖分子と別の有機化合物とが脱水縮合してつくられる結合。糖鎖とは、糖がグリコシド結合によって鎖状につながった化合物を指す。

 糖鎖は、タンパク質やDNAに続く第3の生体高分子とされ、免疫やホルモン分泌、発がんなどさまざまな生体機能に関わっている。

 結合する糖が多様で、構造が複雑なことから測定が難しく、これまで腎臓病や糖尿病での研究は進んでいなかった。

 「レクチン」とは、糖鎖に対して特別な結合活性をもつタンパク質。これまで、がん細胞やがん細胞の影響で他の細胞が産生する特殊な糖タンパク質などの糖鎖が、レクチンを用いて検出する「腫瘍マーカー」として知られていた。

 レクチンアレイは、糖鎖とレクチンの結合性を利用し、多様な糖鎖を検出するためのキット。45種類のレクチンが固定されているチップ(レクチンアレイ)上に、尿をかけることで、尿中の糖鎖がそれぞれに対応したレクチンに結合し、尿中糖鎖を測定できる。
尿中糖鎖のバイオマーカーにより正確に腎機能の悪化を予測
 研究グループは、このレクチンアレイを用いて、岡山大学病院を含めた岡山県内8施設における2型糖尿病患者の尿中糖鎖量を測定した。

 その結果、将来腎臓の機能が悪くなる患者では、特定の尿中糖鎖量が大きく異なっていることを発見した。

 具体的には、SNAというレクチンに結合する「Siaα2-6Gal/GalNAc」という糖鎖、RCA120というレクチンに結合する「Galβ1-4GlcNAc」という糖鎖、ABA・Jacalin・ACAといった3つのレクチンに共通して結合する「Galβ1-3GalNAc」という糖鎖の尿中排泄量が多い患者や、DBAというレクチンに結合する「GalNAcα1-3GalNAc」の尿中排せつ量が少ない患者では、将来腎臓の機能が悪化しやすいという結果が得られた。

 さらに、現在の治療に用いられているアルブミン尿などのバイオマーカーに、これら尿中糖鎖というバイオマーカーを加えることで、これまでより正確に腎機能の悪化を予測できることが判明した。
将来の腎臓病の悪化が予測できれば透析への進行を回避できる
 日本で人工透析の原因となる腎臓病の第1位は糖尿病腎症だ。新たに透析が必要となる患者のうち43%(1万6,103人)が、糖尿病腎症が原因で透析に至っている。

 糖尿病腎症は、近年登場したさまざまな治療薬などの効果で、以前よりその進行は抑えられているが、糖尿病腎症による透析導入者数はいまだ多い。

 「将来の腎臓病の悪化が予測できることで、より早い段階で、より説得力をもって患者への生活習慣病の指導や治療が進められる。これにより、糖尿病腎症が進行し透析治療に進行する患者を減らすことができる」と、三瀬広記医員は言う。

 「尿中糖鎖が糖尿病腎症の新たな治療ターゲットになる。糖鎖についてさらに研究を進める。その他の腎臓病においても、尿中糖鎖による診断バイオマーカーの研究を進める」と、和田淳教授は述べている。

岡山大学大学院医歯薬学総合研究科 腎・免疫・内分泌代謝内科学
Identification of Novel Urinary Biomarkers for Predicting Renal Prognosis in Patients With Type 2 Diabetes by Glycan Profiling in a Multicenter Prospective Cohort Study: U-CARE Study 1(Diabetes Care 2018年6月)
[Terahata]

関連ニュース

2018年06月22日
尿1滴で「糖尿病腎症」の悪化を予測できる 尿中糖鎖で腎症進展を判定 岡山大学
2018年06月22日
「老年医学推進5ヵ年計画」を老年医学会が発表 人生100年時代の高齢者医療
2018年06月21日
「夜間低血糖」をいかに防ぐか FGMを活用した新しい糖尿病治療 第61回日本糖尿病学会年次学術集会
2018年06月20日
眼底網膜像を「自撮り」できる小型眼底カメラシステム開発 奈良先端大と科学技術振興機構
2018年06月20日
「下肢静脈瘤」の認知度は低い 受診放置で高まるリスク 悪化すると潰瘍に進行することも
2018年06月14日
ディスポーザブル穿刺針「アイピットミニ」発売 安全性・操作性・痛みに配慮 三和化学研究所
2018年06月11日
糖尿病学会でウォークイベントを開催 特別な運動でなくとも効果的
2018年06月06日
『インスリン製剤・インクレチン関連薬・SGLT2阻害薬 早見表2018』を公開
2018年06月01日
トレーニング機器「コアトレチェア」を用いた運動 糖尿病の運動療法として有用である可能性
2018年05月29日
「基礎インスリン療法」に抵抗感を抱く2型糖尿病患者 克服する方法は? 日本イーライリリー・日本ベーリンガーインゲルハイム調査

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶