ディスポーザブル穿刺針「アイピットミニ」発売 安全性・操作性・痛みに配慮 三和化学研究所

 三和化学研究所は、穿刺針と穿刺器具を一体化したディスポーザブル穿刺針「アイピットミニ」を6月20日に発売する。
「安全性、簡単操作、痛みへの工夫、コンパクト」を追及
 ディスポーザブル穿刺針「アイピットミニ」は、完全使い捨てタイプの穿刺針で、採血する人、される人への"安全・やさしさ"をキャッチフレーズに、「安全性、簡単操作、痛みへの工夫、コンパクト」をコンセプトとして開発された。

 安全面では穿刺時以外は針が露出せず、1回のみの完全使い捨て構造とし、操作面では保護キャップを外して穿刺ボタンを軽く押すだけで簡単に穿刺ができる。また細い針(30G)を採用、穿刺の深さも同社SMBG機グルテストシリーズの微量な検体量に合わせて浅くすると同時に、穿刺時の衝撃や音を小さくすることで痛みに対して工夫してある。

 医療機関では、針刺し事故による二次感染防止が重要課題のひとつに上げられており、病棟、外来での血糖測定などで微量血液検体を採取する際に起りうる針刺し事故に対して、医師、看護師など医療従事者や患者の関心がいっそう高まっている。

 なお、同製品は院内だけではなく、自己血糖測定(SMBG)を行っている患者も使用できる。糖尿病患者の高齢化が進行しており、使いやすさ、携帯しやすさなど、穿刺器具の形状・操作性の向上や採血時の痛みの低減なども求められている。

「アイピットミニ」の特徴
● 穿刺時以外に針が露出しない「安全設計」
穿刺時以外、針はホルダー内に収容される。感染予防対策を講じた1回のみの完全使い捨てタイプ。
● 「痛みに対する工夫」
30Gの極細針、0.8mmの浅刺し仕様。穿刺時の衝撃と音を小さくした。
● 「2 ステップ」の簡単操作
保護キャップをはずして軽く穿刺ボタンを押すだけで採血可能。高齢者も使いやすい。
●使いやすい「コンパクトサイズ」
コンパクトなので携帯に便利。廃棄物も少なくなる。

「アイピットミニ」の主な仕様
名称アイピットミニ
サイズ縦17.5mm×横12.6mm×高さ42.7mm
重量2.72g
希望小売価格1包装(30本入り) 660円(税別)
販売元株式会社三和化学研究所

三和化学研究所
[Terahata]

関連ニュース

2018年06月20日
眼底網膜像を「自撮り」できる小型眼底カメラシステム開発 奈良先端大と科学技術振興機構
2018年06月20日
「下肢静脈瘤」の認知度は低い 受診放置で高まるリスク 悪化すると潰瘍に進行することも
2018年06月14日
ディスポーザブル穿刺針「アイピットミニ」発売 安全性・操作性・痛みに配慮 三和化学研究所
2018年06月11日
糖尿病学会でウォークイベントを開催 特別な運動でなくとも効果的
2018年06月06日
『インスリン製剤・インクレチン関連薬・SGLT2阻害薬 早見表2018』を公開
2018年06月01日
トレーニング機器「コアトレチェア」を用いた運動 糖尿病の運動療法として有用である可能性
2018年05月29日
「基礎インスリン療法」に抵抗感を抱く2型糖尿病患者 克服する方法は? 日本イーライリリー・日本ベーリンガーインゲルハイム調査
2018年05月29日
「ランタスXR」の観察研究「X-STAR Study」 投与3ヵ月後の実臨床の有効性および安全性が示される
2018年05月28日
2型糖尿病患者の薬物療法の負担感と満足度を測定する「DTBQ」を開発 患者の負担は週1回の経口薬がもっとも低い
2018年05月23日
HbA1c小型分析装置「A1c iGear Quick S」発売 5分で測定、重量3kgで小型 三和化学研究所

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶