2018年度東京CDE・CDS受験者用講習会7月より募集開始

今年で2年目を迎える、東京糖尿病療養指導士認定機構が主催する、東京糖尿病療養指導士・東京糖尿病療養支援士の認定資格取得のための受験者用講習会の申込受付が2018年7月2日(月)より開始となる。

2018年度東京CDE・CDS受験者用講習会7月より募集開始
東京糖尿病療養指導士認定機構 WEBサイト

2017年度は325名の認定者が誕生
 昨年度からはじまった東京糖尿病療養指導士(東京CDE)・東京糖尿病療養支援士(東京CDS)の受験者用講習会が今年も行われる。東京CDE対象の講習会が、2018年9月22日(土)・23日(日)と11月3日(土)・4日(日)にビジョンセンター永田町にて、東京CDS対象の講習会が、2018年10月7日(日)・8日(月・祝)にそれぞれ開催予定となっている。

 昨年度は352名が受験し、晴れて325名が合格・認定を受け、活動をはじめている。東京CDEでは管理栄養士、看護師、薬剤師等、東京CDSでは医療事務や介護に関する職種、企業で働いている方々などが認定を受けた。

受験資格・職種はこちら
東京糖尿病療養指導士(東京CDE)
東京糖尿病療養支援士(東京CDS)

必要性が増す東京CDE・東京CDS
 代表幹事を務める菅原正弘氏(医療法人社団弘健会 菅原医院 院長)は「今後、糖尿病においては、地域包括ケアが要になってきます。要介護者の原因には、脳卒中・認知症・転倒骨折・関節疾患・心臓病・衰弱などがありますが、どれも糖尿病が関わっていて、介護環境には必ず糖尿病患者さんがいらっしゃいます。ですから、それらに関わる多くの職種の方々に糖尿病について学んでいただくことが必要です。

 また、糖尿病患者さんが増え続ける中、さまざまな治療薬も出てきていますが、治療訪問先も多様化しています。それに対応していくには、糖尿病を専門としていないクリニックでも、糖尿病について理解されている方を育成することが有用になると考えます。 こういった観点から、ぜひ多くの職種の方々に受験していただきたいと思っております。」と話している。

 この機会にぜひ受験を検討してみてはどうだろうか。

認定試験の受験情報メールをご希望の方はこちら
認定試験の受験情報をご希望の方へ(メール配信)

東京糖尿病療養指導士認定機構ホームページ
[dm-rg.net]

関連ニュース

2019年06月19日
アセンシアが「血糖管理ソリューション(IDMS)」を開発中 2型糖尿病患者のHbA1C値を減少
2019年06月19日
「トルリシティ」が幅広い2型糖尿病患者の主要心血管イベントを有意に減少 REWIND試験
2019年06月19日
世界初の経口GLP-1受容体作動薬「セマグルチド」 MACEのリスクを増大させないことを確認
2019年06月19日
日本初のインスリンとGLP-1受容体作動薬の配合剤「ゾルトファイ配合注 フレックスタッチ」が承認取得
2019年06月19日
速効型インスリン分泌促進薬/食後過血糖改善薬配合剤「グルベス配合OD錠」発売
2019年06月13日
免疫チェックポイント阻害薬投与後に1型糖尿病を発症する原因を解明
2019年06月12日
米国糖尿病学会が新ガイドラインを発表 糖尿病腎症の推奨を更新 SGLT2阻害薬を評価
2019年06月06日
メトホルミンの添付文書改訂へ 禁忌の「腎機能障害」はeGFR30未満に 厚労省・安全対策調査会
2019年05月30日
日本糖尿病学会賞「女性研究者賞」創設 女性医師の糖尿病研究業績を表彰
2019年05月30日
「iGlarLixi」(インスリン グラルギン/リキシセナチド配合剤)の2つの第3相試験の結果 1日1回の投与で空腹時血糖と食後血糖のいずれも改善

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶