トレシーバに切り替えることで低血糖の発現率が67%低下 投与量の増加も抑制

 ノボ ノルディスクは、血糖コントロールの状況にかかわらず、他の基礎インスリン製剤から「トレシーバ」(インスリン デグルデク)への切り替えは、低血糖のリスクまたはインスリン投与量を増加させることなく、血糖コントロールが有意に改善されるという試験結果を発表した。同結果は、1型および2型糖尿病患者の実臨床で収集した「EU-TREAT」試験データの事後解析したもの。

「EU-TREAT」(EUropean TREsiba AudiT)試験は、1型(n=1,717)および2型(n=833)糖尿病患者においての他の基礎インスリン製剤からのトレシーバへの切り替えの効果を調査する、欧州、多施設共同、リアルワールドエビデンス試験(n=2,550)。参加した患者は、データ収集の6ヵ月前に他の基礎インスリン製剤からトレシーバに切り替え、結果の測定は、トレシーバ開始後6±3ヵ月および12±3ヵ月で行い、トレシーバによる治療開始前の3ヵ月内の基礎インスリン製剤からのベースライン測定値と比較した。

 切り替え前に基礎インスリン製剤で血糖値がコントロールされていた2型糖尿病患者(HbA1c≦7.5%)では、トレシーバは血糖コントロール状況を維持しながら低血糖の発現率を有意に低下させた。トレシーバに切り替えた後、6ヵ月間にわたり低血糖の発現率を67%低下させ、インスリン投与量は11%減量させたという結果が示された。

 血糖値がコントロールされていなかった1型または2型糖尿病患者において、トレシーバに切り替えることで、低血糖のリスクまたはインスリン投与量を増加させることなく、血糖コントロールが有意に改善された。他の基礎インスリン製剤、主にインスリン グラルギン U100およびインスリン デテミルからの切り替え後、最大12ヵ月間、この結果は維持された。

 血糖値がコントロールされていた1型糖尿病患者では、6ヵ月間にわたり、16%の低血糖発現率の低下がみられ、インスリン投与量を13%減量させつつ血糖コントロールが維持された。

 今年初めに報告された「EU-TREAT」リアルワールドエビデンス試験の主な結果から、1型および2型糖尿病患者において、トレシーバへ切り替え6ヵ月後、HbA1cが有意に低下したことが示された。低血糖の発現率もトレシーバへの切り替え6ヵ月後、有意に低下した。1型糖尿病患者において重大な低血糖の発現は85%低下し、2型糖尿病患者においては92%低下した。12ヵ月後にも同様の低下がみられた。

 トレシーバは2012年9月に世界で初めて日本で承認されて以来、これまでに50ヵ国以上で販売されている。
[Terahata]

関連ニュース

2019年01月09日
「高齢者肥満症診療ガイドライン2018」を公開 認知症やADL低下の観点を付加 日本老年医学会
2019年01月09日
「サーキットトレーニング」が効果的な運動法に 2型糖尿病発症率を最大で40%低下 国立健康・栄養研究所とカーブスジャパンが共同研究
2019年01月07日
糖尿病リソースガイド 2018年に読まれた記事ランキング・ベスト25
2018年12月28日
「劇症1型糖尿病」に関与する遺伝子を全ゲノム解析で世界ではじめて特定 日本糖尿病学会1型糖尿病委員会がオールジャパン体制で実施
2018年12月28日
「糖尿病リスク予測ツール」を公開 3年後の糖尿病発症リスクを予測
2018年12月27日
糖尿病の自己管理をアドバイスするアプリが低血糖・高血糖のリスクを低減 アセンシアの血糖自己測定システム用アプリ「CONTOUR DIABETES」
2018年12月27日
「腎機能が低下した患者」に誤った量の薬を提供 医療機能評価機構が注意喚起
2018年12月27日
若年1型糖尿病患者のQOLに影響する因子とは?
2018年12月25日
SGLT2阻害薬「スーグラ錠」 日本で1型糖尿病に適応拡大
2018年12月25日
高体重が慢性腎不全(CKD)患者の短期予後の予測因子に 糖尿病では肥満のメリットは減弱 2万6,000人を調査

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶