トレシーバに切り替えることで低血糖の発現率が67%低下 投与量の増加も抑制

 ノボ ノルディスクは、血糖コントロールの状況にかかわらず、他の基礎インスリン製剤から「トレシーバ」(インスリン デグルデク)への切り替えは、低血糖のリスクまたはインスリン投与量を増加させることなく、血糖コントロールが有意に改善されるという試験結果を発表した。同結果は、1型および2型糖尿病患者の実臨床で収集した「EU-TREAT」試験データの事後解析したもの。

「EU-TREAT」(EUropean TREsiba AudiT)試験は、1型(n=1,717)および2型(n=833)糖尿病患者においての他の基礎インスリン製剤からのトレシーバへの切り替えの効果を調査する、欧州、多施設共同、リアルワールドエビデンス試験(n=2,550)。参加した患者は、データ収集の6ヵ月前に他の基礎インスリン製剤からトレシーバに切り替え、結果の測定は、トレシーバ開始後6±3ヵ月および12±3ヵ月で行い、トレシーバによる治療開始前の3ヵ月内の基礎インスリン製剤からのベースライン測定値と比較した。

 切り替え前に基礎インスリン製剤で血糖値がコントロールされていた2型糖尿病患者(HbA1c≦7.5%)では、トレシーバは血糖コントロール状況を維持しながら低血糖の発現率を有意に低下させた。トレシーバに切り替えた後、6ヵ月間にわたり低血糖の発現率を67%低下させ、インスリン投与量は11%減量させたという結果が示された。

 血糖値がコントロールされていなかった1型または2型糖尿病患者において、トレシーバに切り替えることで、低血糖のリスクまたはインスリン投与量を増加させることなく、血糖コントロールが有意に改善された。他の基礎インスリン製剤、主にインスリン グラルギン U100およびインスリン デテミルからの切り替え後、最大12ヵ月間、この結果は維持された。

 血糖値がコントロールされていた1型糖尿病患者では、6ヵ月間にわたり、16%の低血糖発現率の低下がみられ、インスリン投与量を13%減量させつつ血糖コントロールが維持された。

 今年初めに報告された「EU-TREAT」リアルワールドエビデンス試験の主な結果から、1型および2型糖尿病患者において、トレシーバへ切り替え6ヵ月後、HbA1cが有意に低下したことが示された。低血糖の発現率もトレシーバへの切り替え6ヵ月後、有意に低下した。1型糖尿病患者において重大な低血糖の発現は85%低下し、2型糖尿病患者においては92%低下した。12ヵ月後にも同様の低下がみられた。

 トレシーバは2012年9月に世界で初めて日本で承認されて以来、これまでに50ヵ国以上で販売されている。
[Terahata]

関連ニュース

2018年03月26日
有効なインスリンを細胞内で正確に作るタンパク質群誘導の新たな機構を解明 糖尿病創薬へ期待
2018年03月26日
週1回投与のGLP-1アナログ「セマグルチド」 2型糖尿病治療薬として承認
2018年03月20日
健康食の新しい認証制度「スマートミール」を開始 糖尿病学会・肥満学会など7学会が参加
2018年03月20日
メトホルミンの血圧降下作用を解明 腎臓で塩の再吸収を低下させ塩分排泄を増加
2018年03月20日
SGLT2阻害薬が糖尿病による腎臓病の進行を抑制 新たな機序を解明
2018年03月20日
腎臓専門医への「紹介基準」を公表 日本糖尿病学会・日本腎臓学会
2018年03月20日
糖尿病専門医への「紹介基準」を作成 日本糖尿病学会
2018年03月19日
東京の糖尿病療養指導を担う「東京CDE」と「東京CDS」 新年度の活動
2018年03月13日
「糖尿病治療の処方薬選択支援システム」を開発 機械学習で最良の糖尿病治療薬を選択、電子カルテに表示
2018年03月13日
SGLT2阻害剤「フォシーガ」の心血管ベネフィットを検討 全死亡・心不全入院・心筋梗塞・脳卒中のリスク低下を示唆

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶