スマホアプリを用いることで血糖コントロールが有意に改善

糖尿病血糖管理アプリ「スマートヘルス」(H2 Ltd.)
 近年、血糖管理を目的とするスマートホンのアプリが増加しており、さまざまなタイプの中から使い勝手の良いものを選べるようになってきた。既にそれらを自己管理に役立てている人も少なくないだろう。しかしそれらの中で、実際に血糖コントロールが改善することがエビデンスとして示されたものは、今のところまだ限られている。そうした中、H2 Ltd.社のアプリ「スマートヘルス」は、HbA1cと空腹時血糖を有意に改善することが介入研究により示されており、また2017年の糖尿病関連アプリでアジアでは唯一トップ10に入った。

血糖のみでなく、血圧や食事量・内容、運動量など記録・管理し、医療者からの助言も

 「スマートヘルス」は、日々の血糖や血圧、体重、食事の量・内容、運動量など記録し、その変化を追跡し管理できる糖尿病のアプリケーション。友人や医療スタッフなどをパートナーとして登録すると、それらの人が記録を観察して随時サポートのアドバイスを送信することも可能となる。

 このスマートヘルスを用いた介入研究の結果が昨年、第11回IDF(国際糖尿病連合)西太平洋会議で報告された。

200人以上の集団を2群に分けて半年間追跡

 HbA1c6.5%以上の糖尿病患者218名(年齢51.3±13.0歳、BMI26.6±4.4、HbA1c8.8±1.6%)を2群に分け、その1群(99名。うち1型糖尿病10名・11.9%)にはスマートヘルスを使用、もう一方の群(119名。1型6名・5.9%)はそれまでと同じ治療を継続し、6カ月間追跡した。ベースライン(試験開始時点)でこの2群間に、年齢、性別、罹病期間、BMI、HbA1c、空腹時血糖、血清クレアチニン、1型/2型の割合など、主な患者背景の有意差はなかった。

 スマートヘルスを用いる群では、最初の3カ月の間に25回以上のSMBG測定値がアプロードされていた。また血糖値が100mg/dL未満にならないように、積極的に薬剤が調整された。

スマートヘルス使用群でHbA1cが8.9%から7.3%に改善。重症低血糖はなし

 6カ月後のHbA1cは、スマートヘルス使用群でHbA1cが平均8.9%から7.3%に低下した。一方、従来の治療を継続した群は8.8%から8.3%への変化にとどまり、両群間に有意な差(p<0.001)がみられた(図)。また、スマートヘルス使用群での介入前後でHbA1cは有意に改善(p<0.001)していた。

スマートヘルス使用群でHbA1cが8.9%から7.3%に改善。重症低血糖はなし

 また、空腹時血糖はスマートヘルス使用群が185.7mg/dLから148mg/dLに、従来の治療を継続した群が177.2mg/dLから166mg/dLとなり、試験終了時点で有意な群間差がみられた(p<0.01)。

 試験期間中に重度な低血糖は発生していなかった。

2017年 糖尿病のベストアプリにアジアで唯一選出される

「Healthline」2017年ベストアプリ

 スマートヘルスは、医療関連デジタル情報の信頼性などを評価している米国の組織「Healthline」からその有用性が認められ、2017年に糖尿病のベストアプリとして、アジアで唯一選出された。

 前述のIDFでの報告から、スマートヘルスの使用は重症低血糖を増やすことなく短期間の血糖コントロールを改善できることが示されており、一定のエビデンスがあると言える。今後、より長期間の血糖コントロール改善・維持への有効性が明らかになることを期待したい。

患者が個別指導を受けられないという「糖尿病ケア資源不足」の問題に、政府と協力し取り組む

 2016年、スマートヘルスは、日本の厚生労働省にあたる台湾の衛生福利部と協力し、全国的にオンライン糖尿病ケア計画を推進。医療機関に対し、ICT(情報通信技術)を利用して、糖尿病患者に対するケアの効率化するよう呼びかけた。スマートヘルスの人工知能(AI)による自動データ整理・分析を利用することによって、医療スタッフは限られた時間内で、より患者一人一人に寄り添った指導を行うことができるようになる。実際、前記の介入研究でもスマートヘルスを利用した大多数の患者で血糖値が改善し、医療関係者からは従来のやり方と比べ糖尿病ケアにかける時間が短縮されたとの声が寄せられた。

 H2 Ltd.は、デジタル医療を通じて慢性疾患を管理・ケアするための新しいモデルを構築することを目指し、すでに日本、台湾、香港、シンガポールにおいて政府や保険会社と共同で取り組みを開始しており、今後グローバルな糖尿病問題の解決に乗り出すとしている。

(提供:H2 Ltd.)

アプリのダウンロードはこちら

> スマートヘルスのダウンロードはこちら

関連情報

[dm-rg.net]

関連ニュース

2018年03月26日
有効なインスリンを細胞内で正確に作るタンパク質群誘導の新たな機構を解明 糖尿病創薬へ期待
2018年03月26日
週1回投与のGLP-1アナログ「セマグルチド」 2型糖尿病治療薬として承認
2018年03月20日
健康食の新しい認証制度「スマートミール」を開始 糖尿病学会・肥満学会など7学会が参加
2018年03月20日
メトホルミンの血圧降下作用を解明 腎臓で塩の再吸収を低下させ塩分排泄を増加
2018年03月20日
SGLT2阻害薬が糖尿病による腎臓病の進行を抑制 新たな機序を解明
2018年03月20日
腎臓専門医への「紹介基準」を公表 日本糖尿病学会・日本腎臓学会
2018年03月20日
糖尿病専門医への「紹介基準」を作成 日本糖尿病学会
2018年03月19日
東京の糖尿病療養指導を担う「東京CDE」と「東京CDS」 新年度の活動
2018年03月13日
「糖尿病治療の処方薬選択支援システム」を開発 機械学習で最良の糖尿病治療薬を選択、電子カルテに表示
2018年03月13日
SGLT2阻害剤「フォシーガ」の心血管ベネフィットを検討 全死亡・心不全入院・心筋梗塞・脳卒中のリスク低下を示唆

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶