低用量アスピリン療法は日本人の糖尿病患者には勧められない 心血管疾患一次予防の効果を確認できず JPAD2研究

 奈良県立医科大学の斎藤能彦教授らの研究グループは、11月にニューオリンズで開催された米国心臓学会議で、日本人の糖尿病患者の心血管疾患一次予防法としての低用量アスピリン療法の有効性を10年にわたり追跡調査したJPAD2研究を発表した。この研究では、低用量アスピリン療法は心血管疾患を予防する効果が認められず、むしろ消化管出血の危険性が増加することが示された。
低用量アスピリン療法による心血管疾患予防効果は認められない
 糖尿病は心筋梗塞や脳卒中などの心血管疾患発症の重要な危険因子であり、その予防対策は重要な医療上の課題となっている。糖尿病患者の心血管疾患一次予防法として、従来から血糖や血圧、脂質などの危険因子の管理が重要とされており、薬物療法として低用量アスピリン療法が推奨されているが、最近ではアスピリン療法の効果に疑問がもたれている。

 研究は、奈良県立医科大学の斎藤能彦教授、国立循環器病研究センターの小川久雄理事長、兵庫医科大学の森本剛教授らの研究グループによるもので、医学誌「Circulation」に掲載された。

 研究グループは2008年に、「日本人2型糖尿病患者における低用量アスピリン療法の心血管疾患一次予防」に関する研究報告(JPAD研究)を行った(JAMA. 2008; 300: 2134-2141)。

 JPAD研究では4.4年の観察期間で、低用量アスピリン療法による心血管疾患予防効果は認められなかった。同様の報告が同時期に英国からも報告されたこともあり、糖尿病患者への心血管疾患一次予防法としての低用量アスピリン療法には疑問がもたれるようになった。しかし、JPAD研究には観察期間中にあらかじめ想定された心血管疾患の発症が認められなかったことなど、解決すべき問題点もあった。

 そこで、斎藤教授らの研究グループは、JPAD研究に参加した2,539名の日本人2型糖尿病患者を対象に、JPAD研究終了後8年間(2002~2005年)の追跡調査(JPAD2研究)を行った。研究の目的は、より長期間にわたる追跡調査により、糖尿病患者における低用量アスピリン療法の心血管疾患予防効果を検証すること。
低用量アスピリン療法群では消化管出血が増加
 JPAD研究では、心血管疾患の既往のない2型糖尿病患者2,539名を、無作為に低用量アスピリン投与群、非投与群に割り付けた。JPAD研究は2008年4月に終了したが、その後も2015年7月まで追跡調査を行い、心血管疾患の発症、出血性疾患の発症について調査を継続した(JPAD2研究)。JPAD研究終了後の低用量アスピリン療法の継続要否については、対象患者の各主治医の判断に委ねられた。

 2015年7月の追跡調査時点で観察期間は10.3年(中央値)となり、観察期間中に低用量アスピリン投与群では270名が低用量アスピリン療法を中断し、非投与群では109名が低用量アスピリン療法を開始した。低用量アスピリン療法の効果を検証するにあたり、これらの低用量アスピリン療法割付から逸脱した患者を除外した解析(Per-protocol解析)を行った。

 心血管疾患の発症は、低用量アスピリン療法群151名(15.2%)、非投与群166名(14.2%)において認められた。心血管疾患の発症に及ぼす低用量アスピリン療法の効果を検証した解析では、低用量アスピリン療法による心血管疾患予防効果は認められなかった(ハザード比[HR] 1.14、95%信頼区間[CI] 0.91-1.42)。
 この結果は、年齢や性別、血糖コントロール状況、腎機能、喫煙の有無、高血圧症、脂質異常症の合併で補正解析を行った後も同様の結果だった(HR 1.04, 95% CI 0.83-1.30)。

 出血性疾患は低用量アスピリン療法を中断する主たる原因となると考えられたことから、出血性疾患を解析するにあたり、元の割付に準じて全員を対象に解析(Intention-to-treat解析)を行った。出血性疾患は低用量アスピリン療法群80名(6%)、非投与群(5%)において認められたが、そのうち消化管出血では低用量アスピリン療法群25名(2%)、非投与群12名(0.9%)と出血の危険性が増加することが判明した。

 研究の結果から、心血管疾患既往のない日本人2型糖尿病患者において低用量アスピリン療法は心血管イベントに対する一次予防目的では勧められないことが示唆された。ただし、民族・人種を超えて普遍的な結果であるかは、現在進行中の国際研究の結果を待つ必要があるとしている。

奈良県立医科大学
Low-Dose Aspirin for Primary Prevention of Cardiovascular Events in Patients with Type 2 Diabetes: 10-year Follow-up of a Randomized Controlled Trial(Circulation 2016年11月15日)
[Terahata]

関連ニュース

2017年06月12日
インスリン抵抗性に起因する2型糖尿病などの新規治療薬開発を目指した共同研究を開始 神戸大とベーリンガー
2017年06月07日
高尿酸血症が腎臓の機能障害の原因に 少しの異常でも腎臓に悪影響
2017年06月05日
糖尿病治療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始 糖尿病領域の医療課題を解決
2017年06月02日
日本の糖尿病足潰瘍の発症率は欧米の10分の1 日本初の大規模調査
2017年06月02日
膵β細胞の時差ぼけが糖尿病を引き起こす 生体リズムと糖尿病の関係性とメカニズムを解明
2017年06月02日
リゾリン脂質がGLP-1の分泌を促進 新たな糖尿病治療法の開発につながる成果
2017年05月31日
自己血糖測定器「グルテストアイ」発売 見やすさと使いやすさを追求
2017年05月31日
「ランタスXR」の観察研究「X-STAR Study」の中間解析結果を発表
2017年05月31日
「ビデュリオン」は心血管(CV)イベントのリスクを上げない EXSCEL試験
2017年05月31日
DPP-4阻害薬と選択的SGLT2阻害薬の配合剤 承認申請

関連コンテンツ

糖尿病情報スクランブル 新着記事

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶