糖尿病経口薬の併用療法は10年で大きく変化 SU薬単独療法は減少 JDDM研究

糖尿病データマネジメント研究会
 糖尿病治療の基本は、食事療法や運動療法などライフスタイルへの介入だが、一方で、経口血糖降下薬やインスリンによる薬物療法の役割も大きい。この薬物療法の流れが今、大きく変わりつつある。

 糖尿病データマネジメント研究会(JDDM)の2002~2011年の多施設臨床研究のデータをもとにした、経口血糖降下薬の併用療法と血糖コントロールの関連について最新の知見が、「Journal of Diabetes Investigation」オンライン版に2013年12月1日付で発表された。より良い血糖コントロールを達成するために、経口血糖降下薬の処方トレンドは10年間で、SU薬の単独療法から併用療法に切り替わったことが明らかなった。

 研究は、大石まり子氏(大石内科クリニック)が、山﨑勝也氏(川井クリニック)、奥口文宣氏(奥口内科クリニック)、杉本英克氏(杉本クリニック)、金塚 東氏(千葉中央メディカルセンター)、柏木厚典氏(滋賀医科大学附属病院)らと共同で行った。

 JDDMは、データベースソフトであるCoDiC(Computarized Diabetes Care)を共有して、多施設での共同研究を行っている。CoDiCを導入している施設は約100、データベースに入力された患者数は7万例以上に上り、年々増加している。また、日本糖尿病学会でのCoDiC関連の演題も毎年着実に増えている。

SU薬とBG薬の併用療法が増加 3剤併用と4剤併用が増加
 研究グループは、24施設で登録された2型糖尿病患者のデータを使って横断調査を行った。登録数は2002年(1万2,529人、年齢62.7±11.1)、2005年(1万7,565人、年齢63.3±11.3)、2008年(1万9,776人、年齢64.0±11.5)、2011年(2万2,961人、年齢65.2±11.6)。

 経口血糖降下薬にはスルホニル尿素(SU)薬、DPP-4阻害薬、グリニド、α-GI、ビグアナイド薬(BG)、チアゾリジン薬、の6種類がある(2014年4月にSGLT-2阻害剤が上市され7種類になった)。

 最初に単独投与で良いコントロールを得られた患者でも次第に血糖値は上昇し、経口血糖降下薬の併用療法やインスリンへの変更あるいは併用が必要となるケースが多い。作用機序の異なる血糖降下薬の併用によって、血糖改善効果を得られることが確認されたが、処方トレンドは大きく変化したことが明らかになった。

 JDDMの2002~2011年のデータ解析によると、経口薬の2剤併用療法を行っている症例は、2002年には35.4%だったが、2011年には33.3%とほぼ横ばいに推移した。一方で、3剤併用療法は、同時期に11.4%から24.8%に2倍に増えた。4剤併用は0.4%から5.9%と14.8倍に増加した。

 経口血糖降下薬の併用療法によって平均HbA1c値は、2002年の7.5%(±1.2%)から2011年の7.1%(±0.9%)と改善した。HbA1cのターゲット値である7.0%未満を達成した比率は、2002年の32.2%から、2005年の32.5%、2008年の43.2%、2011年の48.9%へと改善した。

 スルホニル尿素(SU)薬は最もよく使われる経口血糖降下薬だが、単独療法では経年で著しく減少している。SUの単独療法は、2002年時点で37.7%だったのが、2011年には12.5%に減少した。一方、併用療法は43.2%(2002年)から52.0%(2011年)に拡大した。

 併用療法でSU薬に次いで多いのはビグアナイド薬(BG)だ。BGの併用療法は2002年の28.7%から2011年の47.7%と大きく拡大した。2010年より最高投与量が2,250mgに引き上げられたことが影響しているとみられる。

 薬物療法のパラダイムシフトをもたらしたのは、2009年に登場したDPP-4阻害薬、GLP-1受容体作動薬などインクレチン関連薬だ。低血糖が起こりにくい、体重を増やさない、安定した血糖降下作用があるといった利点があり、急速に普及している。現在では、経口薬の選択の幅を拡げるのに貢献している。

 研究の詳細は、下記の「Journal of Diabetes Investigation」のサイトで閲覧できる。

Changes in oral antidiabetic prescriptions and improved glycemic control during the years 2002-2011 in Japan (JDDM32)
Journal of Diabetes Investigation 2014; DOI: 10.1111/jdi.12183

糖尿病データマネジメント研究会

[Terahata]

関連ニュース

2020年10月08日
SGLT2阻害薬 vs DPP-4阻害薬 どちらが心血管イベントリスクの低下で有利か
2020年10月01日
メトホルミンが認知機能低下を抑制する可能性
2020年09月24日
握力は糖尿病発症リスクの独立した予測因子 簡便で低コストな臨床ツールに
2020年09月17日
重症低血糖を経験した2型糖尿病患者は転倒リスクが2倍以上に ARIC研究
2020年09月10日
ADAの2020年版2型糖尿病薬物療法ガイドライン 第一選択薬はメトホルミン 早期の併用療法を推奨
2020年09月03日
米国糖尿病学会(ADA)など7組織が「2型糖尿病患者の自己管理教育と支援に関するコンセンサス」を改訂 栄養指導がHbA1cを最大2%低下
2020年08月27日
青少年患者へのCGM開始には本人の意思決定が重要
2020年08月20日
インフルエンザワクチンが糖尿病患者の全死亡や心血管死を抑制する可能性
2020年08月06日
2型糖尿病罹病期間と末期腎不全リスクの関係は、発症年齢の若い方が顕著
2020年07月30日
ビタミンC、カロテノイド、全粒穀物が糖尿病リスクを下げる

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶