糖尿病性腎症の病期分類を改訂 糖尿病性腎症合同委員会

 日本糖尿病学会・日本腎臓学会による糖尿病性腎症合同委員会は1月10日に、「糖尿病性腎症病期分類」を改訂したことをそれぞれの学会サイトで発表した。慢性腎臓病(CKD)の概念やCKD重症度分類が普及していることを受けて改訂した。病期分類に用いる糸球体濾過量(GFR)の推算糸球体濾過量(eGFR)への変更や、3期を前期と後期で区分しないなどの変更を行った。
 「糖尿病性腎症病期分類」の主要変更点は次の通り――

・ 病期分類自体は現行の1~5期の病期分類を踏襲した。しかし、現行の3期のA(顕性腎症前期)とB(同後期)を区分せず、3期(顕性腎症期)として表記することになった。

・ 病期分類に用いる際のGFRはeGFRに変更した。

・ 腎不全の判定は、尿アルブミン値の程度にかかわらず、GFR 30 mL/分/1.73m²未満とした。

・ いずれの病期においても鑑別診断の重要性が強調した。
 例えば、微量アルブミン尿を認めた症例では、糖尿病性腎症早期診断基準に従って鑑別診断を行った上で、早期腎症と診断する。また、第2期(早期腎症期)だと、微量アルブミン尿が認められた症例では糖尿病性腎症早期診断基準に従って鑑別診断を行った上で診断するよう求めている。

 CKDの概念やCKD重症度分類が普及していることを考慮し、GFR区分およびアルブミン尿区分を設けた「糖尿病性腎症病期分類(改訂)とCKD重症度分類との関係」が新たに作成された。

 改訂に至った経緯を含む詳細は、今後それぞれの学会誌に「委員会報告」として掲載される予定だという。

日本糖尿病学会
日本腎臓学会

[Terahata]

関連ニュース

2019年02月19日
アルコールががんや生活習慣病を引き起こす「少酒の勧め」 全国生活習慣病予防月間2019 公開講演会 レポート
2019年02月19日
日本腎臓学会と日本糖尿病学会の専門医間の紹介基準を作成 両学会の連携を強化
2019年02月15日
AIで糖尿病の経口血糖降下薬の処方を最適化 どの薬が最適かをAIが提示 札幌医科大学ら
2019年02月15日
高血圧症治療剤のアムバロ配合錠「ファイザー」の自主回収(クラスI)を開始 発がんリスクが
2019年02月15日
肥満を制御する酵素を発見 L-PGDSが肥満やインスリン抵抗性を進展 東大
2019年02月15日
脂肪細胞のインスリンシグナルを調節し、2型糖尿病やメタボの発症を予防する新規分子を発見
2019年02月14日
糖尿病患者の仕事と治療の両立を支援 スマホのオンラインサービスを利用 中部ろうさい病院と共同で実施
2019年02月14日
1型糖尿病患者の多くはHbA1c目標値に達していない 米調査
2019年02月08日
糖尿病治療薬の薬剤料 2017年度は4,271億円に増加 SGLT-2阻害薬、GLP-1受容体作動薬の処方が増える
2019年02月08日
日本人集団の2型糖尿病に関わる新たな遺伝子領域を発見 日本人20万人規模のゲノムワイド解析を実施 東大、理研など

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶