一般診療所・クリニック向け糖尿病標準診療マニュアルを公開 国立国際医療研究センター

 国立国際医療研究センターは、「糖尿病標準診療マニュアル(一般診療所・クリニック向け)」を作成。同センターの「糖尿病情報サービス」ホームページ上で公開している。

 マニュアルは、厚生労働科学研究糖尿病戦略等研究事業による「糖尿病診療均てん化のための標準的診療マニュアル作成とその有効性の検証―ガイドラインを実用化するためのシステム・体制整備の視点から」班(研究代表者:笹月健彦)の一環としてつくられたもの。第1版が4月にまとめられ、新しい診断基準を反映した第2版が7月に発行された。

 内容は既存のガイドラインやエビデンスに基づいており、初診時の問診方法から、専門医・拠点病院への紹介のタイミングまでがコンパクトにまとめられている。特に薬物療法については、経口薬の選択基準や、薬物選択の流れが示されている上に、腎症、神経障害などの糖尿病合併症をはじめ、高血圧、脂質異常症などについても選択薬が示されており、病態への幅広い対応が可能となっている。

国立国際医療研究センター 糖尿病情報サービス

[dm-rg.net]

関連ニュース

2017年06月05日
糖尿病治療に貢献するビジネスプランを募集するコンテストを開始 糖尿病領域の医療課題を解決
2017年04月26日
「海外の医学誌から」糖尿病関連論文をピックアップ
2017年04月13日
「海外の医学誌から」糖尿病関連論文をピックアップ
2017年04月07日
米国の糖尿病腎症治療に新規経口血糖降下薬の処方頻度が増加
2017年03月31日
東京糖尿病療養指導士「東京CDE」と専門職対象の「東京CDS」が発足
2017年03月31日
「第51回糖尿病学の進歩」セミナーレポート院内の血糖異常をどう治療するか 正確な血糖管理のために
2017年03月30日
治療「手詰まり」の次の十手『糖尿病診療マスター』
2017年02月16日
「海外の医学誌から」糖尿病関連論文をピックアップ
2017年02月09日
Combination therapyによる最新糖尿病治療戦略『糖尿病の最新治療』
2017年02月06日
糖尿病の悪化につながる「治療中断」 人工知能(AI)で予測し防ぐモデルを東大と共同で開発

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶