糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント

第36回 糖尿病腎症の進展抑制が期待される
「経口薬剤」

加藤光敏 先生(加藤内科クリニック院長)

筆者について

初出:医療スタッフのための『糖尿病情報BOX&Net.』No. 62(2019年10月1日号)

 糖尿病腎症の進行阻止のため、レニンアンジオテンシン系(RAS)阻害薬が用いられていますが(文献1)、その後有効な薬剤は約20年間登場しませんでした。糖尿病腎症の進展抑制について最近の情報を掲載します。

これまでのSGLT2阻害薬の腎サブ解析

 2015年9月にEASD(欧州糖尿病学会)で発表されたエンパグリフロジン(ジャディアンスⓇ)の大規模臨床試験のEMPA-REG OUTCOME試験。翌年の腎サブ解析で、腎複合エンドポイント(顕性アルブミン尿への進展、血清クレアチニン値の倍増、透析などの開始、腎疾患死)で39%の抑制が認められ注目されました(文献2)。その後さらにカナグリフロジン(カナグルⓇ)のCANVAS試験(文献3)でも類似の結果が報告されました。2019年6月のADA(米国糖尿病学会)でダパグリフロジン(フォシーガⓇ)のDECLARE-TIMI58の腎サブ解析が発表されました。これには一次予防患者が6割含まれていて、eGFRが60mL/min未満・以上でも腎症進展抑制が証明された点が注目されています(文献4)。

画期的なCREDENCE試験結果

 以上は比較的腎機能の保たれた症例が対象で副次的解析結果でした。ところが2019年4月オーストラリアのISN(国際腎臓学会)で発表されたCREDENCE試験(文献5)ではカナグリフロジンの腎保護作用が発表され喝采を浴びました。最大耐用量のRAS阻害薬を服用しeGFRが30以上90未満で、アルブミン尿が300〜5,000mg/gCrと顕性アルブミン尿の2型糖尿病患者が対象で、日本人も少数入っています。カナグリフロジン100mg/日とプラセボにランダム化、主要評価項目は「末期腎不全、血清クレアチニン倍加、腎・心血管死」です。この結果、追跡期間中央値2.62年の中間解析で有効性が明白になり試験は中止。主要評価項目の発生30%減少!腎アウトカムで34%減少!さらに主要心血管イベント(心血管死、心筋梗塞、脳卒中)、心不全入院患者の減少、その後のサブ解析では心血管イベントの一次予防も確認され驚きを喚起しています(文献6)。

おわりに

 中等度以上の腎機能低下症例への有効証明は、今のところCREDENCE試験のみです。しかしeGFR30未満症例の有効証明はまだで、腎機能低下とともに血糖降下作用が減弱する問題(併用薬必要)もあり、症例毎の判断が必要です。さて腎臓/循環器専門病院の先生は、SGLT2阻害薬を処方したらすぐかかりつけ医に連絡願います。当院で処方が重複しそうになった2例がありましたので、薬剤師さんもご注意下さい。

参考文献

  • 1) Lewis EJ, et al. N Engl J Med. 345(12):851-860, 2001
  • 2) Wanner C et al. N Engl J Med.375(4):323-334, 2016
  • 3) Neal B et al. N Engl J Med. 377(7):644-657, 2017
  • 4) Mosenzon O et al. Lancet Diabetes Endocrinol. 7(8):606-617, 2019
  • 5) Perkovic V et al. N Engl J Med.380(24):2295-2306, 2019
  • 6) Mahaffey KW et al. Circulation. 2019 Jul.10.1161/ [Epub ahead of print]

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

糖尿病治療薬の特徴と服薬指導のポイント 目次

2021年04月22日
「糖尿病標準診療マニュアル2021(一般診療所・クリニック向け)」(第17版)を公開 日本糖尿病・生活習慣病ヒューマンデータ学会
2021年04月22日
SGLT2阻害薬とGLP-1薬にアジア人でより高い心血管保護効果 糖尿病の心血管リスクを低下 白人と比較したメタ解析
2021年04月22日
肥満かつ血糖管理不良症例では生活習慣介入がCVDリスクを高める
2021年04月21日
病院向け血糖測定器「アキュチェックガイドワン」を発売 シンプルな操作性で院内測定をサポート ロシュDCジャパン
2021年04月21日
【新型コロナ】新型コロナウイルスを5分以内に検出 超高感度・世界最速で検出する革新的技術を開発 理研・東京大・京都大
2021年04月21日
【新型コロナ】COVID-19診療に従事する医療関係者が直面しているストレスを解明 パンデミックの非常時には「同居者の存在」が危険因子に
2021年04月16日
骨粗鬆症治療薬「ラロキシフェン」や糖尿病治療薬「ピオグリタゾン」に新型コロナウイルスに対する抗ウイルス作用 京大iPS研や理研などが発見
2021年04月16日
骨粗鬆治療薬「クロドロン酸」が非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に対する新たな治療薬に ドラッグリポジショニングにより発見
2021年04月16日
インスリン発見100周年の節目に新プロジェクトを開始 オリジナルコンテンツを順次公開 ノボ ノルディスク ファーマ
2021年04月16日
アフリベルセプトが非増殖糖尿病網膜症の進行リスクを抑制
糖尿病プラクティス