よりよい糖尿病看護を目指して

Vol.2 何が大切?今、何ができる?
「腎症の重症化予防」を考えよう

関東労災病院 糖尿病・内分泌内科 部長 浜野 久美子 先生
筆者について

糖尿病の三大合併症の一つ、糖尿病性腎症(Diabetic Nephropathy)の脅威は、医療スタッフなら誰もが感じていることと思います。糖尿病性腎症は5~10年以上かけてゆっくり進行する合併症です。ある時期をこえると不可逆的 "point of no return" に末期腎不全、透析へと進行していきますが、逆に早期から重症化を防ぐためにできることは少なくないと考えます。

尿中アルブミン検査を実施していますか?

 糖尿病性腎症の症状というと「たんぱ<尿」と答える患者さんは多いですが、実は、たんぱ<尿よりもずっと前に現れるのが、ご存じアルブミン尿です。典型的な糖尿病性腎症では、早期の段階で微量のアルブミン(30~299mg/gCr)が尿中に出現しますので、尿中アルブミン検査は糖尿病性腎症の早期診断・治療の要といえます。
 尿中アルブミンの排泄量は排尿条件などにより変動するため、複数回(『CKD診療ガイドライン2018』では3~6カ月に1回と提案)測定し、経過観察を行う必要がありますが、残念ながらその実施率は高くないのが現状のようです。糖尿病歴の長い患者さんで、尿中アルブミン検査を受けていない方がおられたら、一度、医師に検査の必要性について相談してみてください。保険も適用されます。

重症化予防のための集約的治療

 次に、糖尿病性腎症を発症した患者さんには、何が大切だと思いますか? もちろん血糖コントロールは重要です。しかしそれだけでなく、糖尿病性腎症をはじめとする血管合併症には、肥満や高血圧、脂質異常、喫煙などが関与していることから、これらの危険因子を包括的に管理する「集約的治療」が求められます。つまり、生活習慣の是正がこれまで以上に必要になるわけです。
 患者さんの中に「私は腎臓が悪いのに、どうして降圧剤が処方されるのか?」と指摘される方がおられます。これは、腎症の重症化予防のために血圧を抑える必要があるからです。高血圧治療の第ー選択薬であるレニン・アンジオテンシン系阻害薬(RAS阻害薬)は、降圧効果だけでなく、尿中アルブミン量を低下させ腎症を抑制する効果が証明されており処方されることが多い薬剤です。
 また、糖尿病の治療薬についても、DPP-4阻害薬やSGLT2阻害薬、GLP-1受容体作動薬といった新しい機序の薬剤で、腎症を抑制する可能性が示されたものもあります。処方の変更があった際には、ぜひ療養指導、服薬指導の場で患者さんに説明してあげてください。
 腎症は早期のうちであれば改善する可能性があります。"point of no return" 段階の手前で、腎症重症化予防をぜひ実現させていただきたいと思います。

2020年10月20日
「テクノロジーが変える糖尿病診療」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(5)
2020年10月20日
「ガイドラインからみた糖尿病の食事療法における課題」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(4)
2020年10月20日
「日本糖尿病学会・日本循環器学会 合同ステートメントの背景」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(3)
2020年10月16日
「運動療法の現在と今後」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(2)
2020年10月16日
「多職種協働型チーム医療におけるCDEJの役割と展望」 第63回日本糖尿病学会年次学術集会レポート(1)
2020年10月15日
糖尿病の初期段階での運動は「マイクロRNA」の発現増加と心機能の改善をもたらす 心疾患の進行を把握することが重要
2020年10月15日
米国防総省「脂質異常症ガイドライン」改訂版を公開
2020年10月14日
日本糖尿病学会賞「女性研究者賞」第2回受賞者が決定 2型糖尿病のヒトゲノム解析研究
2020年10月13日
高脂血症治療薬「ペマフィブラート」に糖尿病網膜症治療薬の可能性 選択的PPARαモジュレーターに網膜神経の保護効果を確認
2020年10月13日
【新型コロナ】なぜ高齢者が重症化しやすい? 感染しやすさはどの年齢も同じだが、病状の進みやすさは年齢によって異なる
糖尿病プラクティス