私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み

28. 糖尿病外来がふえる

後藤由夫 先生(東北大学名誉教授、東北厚生年金病院名誉院長)

「私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み」は、2003年1月~2009年8月まで糖尿病ネットワークで
全64回にわたり連載し、ご好評いただいたものを再度ご紹介しています。

筆者について

1. 東北各地にDMクリニックができる

 1940年~50年代は糖尿病のない時代で、糖尿病患者の扱い方をトレーニングされていたのはごく少数の人達であった。全国的にみても十指に満たないほどの大学医局で細々と糖尿病診療が維持されていたのである。
 中国で文化大革命が起こった頃になると、東北地方の方々で糖尿病外来をはじめたい状況になり筆者が出向くことになった。平・湯本(いわき市 1965年)、竹田病院(会津若松 1966)、水戸協同病院(1967)、平鹿病院(横手市 1968)、土井病院(石巻市 1969)、由利組合病院(本荘市 1970)、太田病院(郡山市 1973)にそれぞれ糖尿病外来が開かれた。これらの大部分は300~1000床の病院であった。当時はまだ血糖の簡易測定法はなく、結果が出るのに60分もかかる状況であったが、なるべくその日のうちに結果を知らせるように努力していただいた。
 新たに糖尿病外来を作るには、そこに糖尿病に関心をもつ医師がいること、その医師が積極的に外来を立ち上げること、患者の名簿を作ること、栄養士の協力を得ること、そして大切なことは糖尿病の診療の流れが一目瞭然としているようなカルテを作ることである。

2. 退屈しないようにアンケートを作った

 われわれは長年大学病院でGTTをやり、検査の2時間を退屈することが少なくなるように図1のようなアンケートに記入してもらうことにした。症状のチェック、糖尿病発見の年月と動機、治療歴の有無、既往最大体重、胃手術の有無、糖尿病の家族歴、女性では妊娠歴などである。このアンケートは改版を重ね現在では糖尿病・代謝科の受診時のアンケートにしている。このアンケートは問診時にこれに補足すればよいので大層便利である。筆者はなるべく日常会話用語でアンケート設問するように心掛け、いわゆる医学用語は最小限度にした。自分のことを考えても、みたこともないような法律用語、どこが主語でどこが文章の切れ目かわからないような法律の条文、あれを読んでから、明治時代の医者のことを想い出した。明治時代の高等教育を受けた人達はわざと素人にわからないような言葉を使ったのである。現在急に改めようとしてもなおせないでいる。何事もすべて人々のため、人々にわかるように書くべきであろう。

3. 一目瞭然の経過表を作ること

 慢性疾患では症状がどちらを向いているのか、それが患者にもわかるようなカルテを作ることである。近年カルテの開示が言われているが、糖尿病では患者が病気をよく理解してその気にならなければ改善しないので、1960年代からそれを心掛けていた。大学の外来カルテは糖尿病外来のカルテを別に作って図2のような表紙と項目、図3のような表紙の2、3頁そして中に挟む経過表は図4のようにした。


 のようにして症状、次に低血糖の有無、体重、血圧、ケトン尿、尿糖、尿たんぱく、血糖(食前、食後)、インスリン量、経口治療薬量、その他の治療と検査事項とした。心電図や神経伝道速度測定なども忘れないでチェックするようにゴム印で押して対処した。  また糖尿病手帳にもその配慮をし、筆者が(社)日本糖尿病協会理事長をやっているときに現在の糖尿病手帳を作成したが(1993年)、そのときには、筆者らのこれらの考えをいれて編集した。

図5 経過チェックのゴム印
図6 糖尿病手帳(1993年版)
 一般病院に移ってからは、糖尿病だけのカルテを作るわけにはゆかず、とくに各科共通カルテになると特別カルテは使用しにくくなる。そこで筆者らは現在はカルテに図5のゴム印を押してそこに書き込んでいる。左ははじめのものでHbA1cを入れないで書き込んでいた。低血糖の症状も細かに聞いていた。その後血圧値のほかに脈拍数も重要であること、低血糖があるときは月に何回の頻度かを記すことにしHbA1cもその日のうちに知らせている。治療法には血糖コントロールに関係した薬剤やインスリンの朝・昼・夕・夜の単位数を記入している。

4. 成功するクリニック

 同じようにスタートしても隆盛となるクリニックもあれば、そうでないクリニックもある。隆盛となるところは、担当医が糖尿病に関心をもち、患者中心にいろいろなことを考えていること、栄養士、看護師、検査技師などにも協力してもらうこと、患者友の会の組織づくりなどに熱心なこと、全国的な流れに遅れないように努力しているところである。医師が先頭に立って充実を計れば、必ずやよいクリニックになる。

(2015年09月17日)

※記事内容、プロフィール等は発行当時のものです。ご留意ください。

私の糖尿病50年 糖尿病医療の歩み 目次

2020年01月16日
慢性腎臓病(CKD)により体内時計が乱れる 中枢時計や末梢臓器の時計の乱れが腎機能をさらに悪化させるという負の連鎖
2020年01月16日
「郡山市における糖尿病対策に係る共同研究」の結果 ノボ、郡山市、福島県立医科大学 治療中断者は糖尿病への理解や認識が不足している
2020年01月16日
サノフィが「Diabetes.Your Type.」キャンペーンを開始 糖尿病患者が病気を隠さずにいられる社会を
2020年01月16日
歯周病の治療で糖尿病の合併症が減り、費用対効果がアップ
2020年01月09日
高齢2型糖尿病患者の低血糖リスクを3項目で評価
2020年01月08日
SGLT2阻害薬「ジャディアンス」がDPP-4阻害薬に比べ2型糖尿病患者の心不全による入院、末期腎不全および全死亡リスクを低下
2020年01月07日
肥満・糖尿病とアルツハイマー病を合併すると寿命がさらに短縮 脳内グリア細胞の関与を示唆
2020年01月06日
糖尿病リソースガイド 【2019年にもっとも読まれたニュース ベスト20】
2019年12月26日
「糖尿病治療におけるTime in Range(TIR)の重要性と血糖トレンドの活用」を公開
2019年12月25日
2型糖尿病の「隠れ肥満」はインピーダンス法で簡単に判定できる CTによる内臓脂肪面積の測定と高い相関 国立循環器病研究センター
4コマ劇場 糖尿病看護のあるある体験談