第1部 医薬品・医療機器・検査機器・試薬

インスリン注入器    インスリンペン型注入器

インスリンペン型注入器

患者さん指導・説明用動画 (糖尿病3分間ラーニング より)

糖尿病3分間ラーニングは、糖尿病患者さんがマスターしておきたい糖尿病の知識を、
テーマ別に約3分にまとめた新しいタイプの糖尿病学習用動画です。

製品名
製造販売元
製品写真 注入量 使用製剤 使用注射針 耐用年数 禁忌 備考 添付文書
ノボペン エコー
ノボ ノルディスク ファーマ(株)
ノボペン エコー 1~35単位(0.5単位刻みで投与量を設定可) ノボラピッド注ペンフィル
トレシーバ注ペンフィル
レベミル注ペンフィル
ノボラピッド30ミックス注ペンフィル
JIS T3226-2に準拠したA型専用注射針 使用開始日より5年 1. 1本のノボペン エコーを複数の患者に使用しないこと。[感染症の原因となるおそれがある。] 2. 破損した本品を使用しないこと。 3. 本品を分解・改造しないこと。 4. 本品を糖尿病治療におけるインスリン製剤の注射以外の目的で使用しないこと。 医療従事者問い合わせ先:ノボ ノルディスク ファーマ(株)ノボケア相談室
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1
フリーダイヤル:0120-180363(平日9~18時)
PDFファイル
ノボペン4
ノボ ノルディスク ファーマ(株)
ノボペン4 1~60単位(1単位刻みで投与量を設定可) ノボラピッド注ペンフィル
トレシーバ注ペンフィル
レベミル注ペンフィル
ノボラピッド30ミックス注ペンフィル
JIS T3226-2に準拠したA型専用注射針 使用開始日より3年 1.1本のノボペン4を複数の患者に使用しないこと[感染症の原因となるおそれがある]。
2.破損した本品を使用しないこと。
3.本品を分解・改造しないこと。
4.本品を糖尿病治療におけるインスリン製剤またはインスリンアナログ製剤の注射以外の目的で使用しないこと。
医療従事者問い合わせ先:ノボ ノルディスク ファーマ(株)ノボケア相談室
〒100-0005 東京都千代田区丸の内2-1-1
フリーダイヤル:0120-180363(平日9~18時)
PDFファイル
ヒューマペンラグジュラ
日本イーライリリー
(株)
ヒューマペンラグジュラ 1~60単位(1単位刻みで投与量を設定可) ヒューマログ注カート、ヒューマログミックス25注カート、ヒューマログミックス50注カート、ヒューマログN注カート、ヒューマカートR注、ヒューマカートN注、ヒューマカート3/7注 JIS T3226-2に準拠したA型専用注射針 使用開始日より3年 1.破損した本品を使用しないこと。2.本品と注射針を複数の患者に使用しないこと[感染症の伝播のおそれがある]。3.本品を分解、改造または加工しないこと。4.本品を糖尿病治療におけるインスリン製剤またはインスリンアナログ製剤の注射以外の目的で使用しないこと。5.本品専用のインスリンカートリッジ以外を使用しないこと[本品専用のインスリンカートリッジ以外を使用すると、正確な単位のインスリンを注射できないおそれがある]。 本体色:レッド、ゴールド。
詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:日本イーライリリー(株)
神戸市中央区磯上通7丁目1番5号
フリーダイヤル:0120-360-605
PDFファイル
ヒューマペンラグジュラHD
日本イーライリリー
(株)
ヒューマペンラグジュラHD 1~30単位(0.5単位刻みで投与量を設定可) ヒューマログ注カート、ヒューマリンR注カート、ヒューマログN注カート、ヒューマリンN注カート、ヒューマログミックス25注カート、ヒューマログミックス50注カート、ヒューマカートR注、ヒューマカートN注、ヒューマカート3/7注 JIS T3226-2に準拠したA型専用注射針 使用開始から3年 1.破損した本品を使用しないこと。2.本品と注射針を複数の患者に使用しないこと[感染症の伝播のおそれがある]。3.本品を分解、改造または加工しないこと。4.本品を糖尿病治療におけるインスリン製剤またはインスリンアナログ製剤の注射以外の目的で使用しないこと。5.本品専用のインスリンカートリッジ以外を使用しないこと[本品専用のインスリンカートリッジ以外を使用すると、正確な単位のインスリンを注射できないおそれがある]。 詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:日本イーライリリー(株)
神戸市中央区磯上通7丁目1番5号
フリーダイヤル:0120-360-605
PDFファイル
イタンゴ
サノフィ(株)
イタンゴ 1~60単位(1単位刻みで投与量を設定可) ランタス注カート
アピドラ注カート
JIS T3226-2に準拠したA型専用注射針 使用開始日より2年間 1.1本のイタンゴで複数の患者へのインスリン投与を行わないこと[感染症の原因となるおそれがある]。2.破損したイタンゴを使用しないこと。3.イタンゴを分解・改造しないこと。また、工具等を用いて修理を試みないこと。4.イタンゴをサノフィ株式会社のインスリンカートリッジ製剤の注射以外の目的で使用しないこと。 詳細は添付文書を参照。
医療従事者問い合わせ先:サノフィ(株)コールセンターくすり相談室
〒163-1488 東京都新宿区西新宿三丁目20番2号
フリーダイヤル:0120-109-905
FAX:(03)6301-3010
PDFファイル
 開発中の薬剤―新薬情報―

 経口薬
  スルホニル尿素薬
  速効型インスリン分泌促進薬
  α-グルコシダーゼ阻害薬
  ビグアナイド薬
  チアゾリジン薬
  DPP-4阻害薬 情報ファイル
  SGLT2阻害薬 情報ファイル
  配合薬

 注射薬
  インスリン製剤
  インスリン製剤早見表
  GLP-1受容体作動薬 情報ファイル

 医療機器・検査機器
  インスリン注入器
  インスリンポンプ
  血糖測定器・ランセット
  CGM:持続血糖測定器
  FGM:Flash Glucose Monitoring
  尿試験紙・尿糖計
  臨床検査機器・試薬
 基礎研究分野

メールマガジン登録無料