内視鏡で肥満症を治療する「内視鏡的スリーブ状胃形成術」に成功 糖尿病やメタボの多い日本でこそ普及を 慈恵会医科大

 東京慈恵会医科大学は、肥満症の新たな治療法として、日本初となる「内視鏡的スリーブ状胃形成術」を成功させたと発表した。
 研究は、東京慈恵会医科大学内視鏡医学講座の炭山和毅教授らと、同大外科学講座肥満外科の研究グループによるもの。
国内初のESG:内視鏡を使い胃の一部を内側から縫い合わせて容積を減少
出典:東京慈恵会医科大学内視鏡医学講座、2020年
 「内視鏡的スリーブ状胃形成術」(Endoscopic Sleeve Gastroplasty:ESG)は、米メイヨークリニックのChristopher Gostout教授らによって2013年に開発された。口から挿入した内視鏡を用いて、胃の一部を内側から縫い合わせて容積を減少させ(縫縮)、満腹効果が得られるようにするもので、身体の表面に傷を作らず、患者の身体的負担を軽減しながら、外科的な胃の部分切除手術と同等の高い治療効果が得られるとされている。

 欧米を中心に高度肥満患者を対象に行われている外科的な減量手術は、治療効果が高い反面、侵襲度の高さや手術にともなう合併症などの課題もある。

 一方、「内視鏡的スリーブ状胃形成術」(ESG)は、肥満症の患者にとっては、内科的治療と外科的減量手術の中間に位置する新たな治療選択肢となると考えられる。欧米を中心にすでに数千人に行われており、術後5年経過しても体重の再増加はないと報告されている。

 日本でもESGの安全性と減量効果が実証されれば、多くの肥満症の患者に、安全かつ効果的な治療を提供できるようになる可能性がある。研究グループは、ESGの安全性や臨床的意義を強く感じ、欧米に比べて肥満の程度は軽いものの、2型糖尿病や高血圧症、メタボリックシンドロームの発症率の高い日本でこそESGを普及させるべきだと考えているという。

出典:東京慈恵会医科大学内視鏡医学講座、2020年
日本でもESGの安全性・減量効果を検証 20人の肥満症の患者を募集
 東京慈恵会医科大学内視鏡医学講座の炭山和毅教授は、2005年に留学先の米メイヨークリニックで、Gostout教授の指導のもと、内視鏡縫合器の開発に携わってきた。その後、その処置具は医療機器としてApollo Endosurgery社より「OverStitch」として欧米で製品化され、さまざまな内視鏡手術に応用されている。

 同講座では、国内初の臨床導入となった「OverStitch」を用いた内視鏡治療後潰瘍の閉鎖を行う臨床試験を含め、さまざまな研究を行い、国際学会や論文で発表しているという。

 また、研究分担者である同講座の土橋昭助教も2年間、Gostout教授の研究室で「OverStitch」を用いた減量手術法の研究を行っている。実際にESG手術に何度も立ち合い、動物モデルを用いたESGのトレーニングも重ねているという。

 今回の試験では、20人の肥満症の患者を募集し、術後6ヵ月間の追跡調査を行う。日本国内でもESGの安全性や減量効果が実証されれば、多くの肥満症の患者に、安全かつ効果的な治療を提供できるようになると期待しているという。

 なお、同大におけるESG研究は、治療に使用する内視鏡的縫合器(OverStitch Sx)が、日本の医薬品医療機器等法(薬機法)の未承認医療機器であるため、臨床研究法にもとづき、倫理委員会による厳格な評価のもと承認を得た特定臨床研究として実施されている。

出典:東京慈恵会医科大学内視鏡医学講座、2020年

東京慈恵会医科大学 内視鏡医学講座

[1] Endoscopic sleeve gastroplasty: a potential endoscopic alternative to surgical sleeve gastrectomy for treatment of obesity
Gastrointest Endosc. 2013;78:530-5.
[2] Five-year outcomes of endoscopic sleeve gastroplasty for the treatment of obesity
Clin Gastroenterol Hepatol. 2020;S1542-3565(20)31385-9.
[3] Closure of iatrogenic large mucosal and full-thickness defects of the stomach with endoscopic interrupted sutures in in vivo porcine models: are they durable enough?
BMC Gastroenterol. 2015 22;15:5.
[4] Intra-abdominal pressure during endoscopic full-thickness resection comparing manual and automatic control insufflation: a block-randomized porcine study
Surg Endosc. 2020;34:1625-33.
[5] Endoscopic full-thickness resection using suture loop needle T-tag tissue anchors in the porcine stomach (with video)
Gastrointest Endosc. 2018;87:590-6.
[6] Magnet-Assist Endoscopic Augmentation of the Lower Esophageal Sphincter for Treatment of Gastroesophageal Reflux Disease: Cadaveric and Survival Studies in a Porcine Model (with video)
Surg Endosc. 2020.
[Terahata]

関連ニュース

2020年12月18日
週1回投与デュアルGIP/GLP-1受容体作動薬「Tirzepatide」 2型糖尿病患者のHbA1cおよび体重を有意に減少
2020年12月16日
肥満状態では肝臓などの血糖制御ネットワークの変化は広範に及ぶ 血糖恒常性の破綻である2型糖尿病のメカニズムを解明
2020年12月15日
MR拮抗薬「フィネレノン」が2型糖尿病を合併するCKD患者の心血管系アウトカムで一貫した有用性を示す 心血管疾患の既往の有無にかかわらず
2020年12月15日
【新型コロナ】抗原定性検査キット「Rapiim SARS-CoV-2-N」を発売 微量なウイルス抗原を15分で検出 横浜市立大との共同研究をもとに開発
2020年12月14日
【新型コロナ】COVID-19ワクチンがついに実用化 米国でも緊急使用許可 ワクチン接種には課題も
2020年12月11日
SGLT2阻害薬「ジャディアンス」が初回および再発の心血管イベントリスクを減少 心血管疾患既往の2型糖尿病患者で EMPA-REG OUTCOME試験の新たな解析結果
2020年12月11日
【新型コロナ】運動・スポーツを通じて健康二次被害を防ぐポイントは? スポーツ庁がガイドラインを公表
2020年12月09日
【新型コロナ】COVID-19入院患者の1.85%が⾎栓症 抗凝固療法は14.5%に施⾏ 日本初のCOVID-19関連⾎栓症の調査
2020年12月09日
【新型コロナ】コロナ禍で食生活はどう変化した? 在宅ワークは野菜と果物の増加に貢献 子育て時間が増えた人では悪影響も
2020年12月04日
「フォシーガ」が慢性心不全に対する効能・効果の追加承認 2型糖尿病合併の有無に関わらず、慢性心不全治療薬として国内で最初に承認されたSGLT2阻害薬に

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶