【新型コロナウイルス】オゾンでウイルスを1万分の1に不活化 実用的な条件下で除菌が可能

 奈良県立医科大学を中心とする研究グループは、オゾンによる新型コロナウイルスの不活化を、世界ではじめて確認したと発表した。オゾンによりウイルスを最大で1万分の1まで不活化できることを確認した。医療機関の医療用消毒などで実用化することが考えられている。
アルコール拭きだけでは十分な除菌ができない
 診察室や集会場などで、感染拡大を防止するために、手作業によるアルコール拭きなどで除菌が行われている。しかし、このやり方は労力と時間がかかり、十分な消毒ができないおそれがある。

 そこで、奈良県立医科大学を中心とする研究グループは、この課題を解決する手段としてオゾンガスによる除菌に着目した。

 オゾンは非常に強い酸化力をもち、酸化力の強い酸素を発生し、他の物質に結合させて化学変化を起こし、細菌の細胞壁や細胞膜に作用することでウイルスを破壊すると考えられている。オゾンの反応後は残留物を出ないので、比較的扱いやすいとみられている。

 研究は、奈良県立医科大学微生物感染症学の矢野寿一教授、同大学感染症センターの笠原敬センター長らによるもの。
新型コロナウイルスをオゾンで1万分の1に不活化
 研究グループは、オゾンガス曝露による新型コロナウイルスの不活化実験を行った。新型コロナウイルス細胞株を培養し、安全キャビネット内に設置した耐オゾン気密ボックス(アクリル製)内に、ステンレスプレートを設置し、実験対象の新型コロナウイルスを塗布した。

 耐オゾン気密ボックス(アクリル製)内に設置したオゾナイザー(PMDA認証の医療機器:オゾン発生器)を稼働させて、耐オゾン気密ボックス内のオゾン濃度を1.0~6.0ppmに制御し維持した。

 オゾンの曝露量はCT値で設定し、医療機器認証の実証実験値であるCT値330や、総務省消防局による救急隊オゾン除染運用値であるCT値60を使用した。

 その結果、CT値330(オゾン濃度6ppmで55分曝露)では、1,000分の1から10,000分の1までウイルスを不活化できた。CT値 60(オゾン濃度1ppmで60分曝露)では、10分の1から100分の1まで不活化できた。

 なお、日本のオゾン許容濃度としては、日本産業衛生学会より、1日8時間、週40時間程度の労働時間中に0.1ppmが勧告値として示されている。医療用のオゾン消毒は、無人環境下で専用機を使用することで行う。

奈良県立医科大学
MBTコンソーシアム
[Terahata]

関連ニュース

2020年08月26日
【新型コロナ】高血圧治療薬がCOVID-19重症化を予防 ACE阻害薬やARBを服用している患者は意識障害が少ない
2020年08月26日
慢性心不全治療薬「エンレスト錠」を発売 RAASの過剰な活性化を抑制し、内因性のナトリウム利尿ペプチド系を増強
2020年08月26日
【新型コロナ】子供の3人に1人が「コロナになったら秘密にする」 7割にストレス反応 成育医療研究センター調査
2020年08月25日
【新型コロナ】東大先端研などが「PCR検査拡充プロジェクト」を開始 PCR検査を無償で提供
2020年08月24日
GLP-1受容体作動薬をダイエットや痩身の目的に使うのは適応外 PMDAが注意喚起情報
2020年08月20日
日本糖尿病学会が第4次「対糖尿病戦略5ヵ年計画」を公表 糖尿病対策に関する基本方針を策定
2020年08月20日
日本糖尿病学会「糖尿病診療ガイドライン2019」を医療情報サービス(Minds)に追加
2020年08月20日
【新型コロナ】COVID-19ワクチンの生産体制整備事業 国内6社を採択 ワクチンの早期供給を促す
2020年08月20日
メトホルミン塩酸塩錠MT「明治」が承認取得 「Meijiクオリティ」のジェネリック医薬品
2020年08月11日
【新型コロナ】日本のCOVID-19による入院患者の死亡率は7.5% 欧米や中国に比べ大幅に低い 国立国際医療研究センター

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶