日本糖尿病協会が「糖尿病連携手帳」第4版を発行

 日本糖尿病協会は、糖尿病患者用の診療記録ノートである「糖尿病連携手帳」の内容を大幅に見直し、第4版として4月より全国での配布を開始した。全国の医療機関を通じて患者に無料で提供されており、発行部数の累計は約2,000万部。
糖尿病診療の強力なサポートツール
 糖尿病の診療では、基幹病院の専門医とかかりつけ医、地域の保健師、薬剤師や介護支援者などが役割分担する地域連携が重要であり、治療にあたっては、さまざまな診療科の医師と療養指導スタッフがチームを組んで治療にあたるチーム医療が基本となる。

 「糖尿病連携手帳」はこうした職種間の連携促進ツールとして2010年に誕生した。2016年からは、厚生労働省主導の「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」で、特定保健指導を担当する市町村の保健師と糖尿病診療を行う医師との情報共有ツールとしても活用されている。

 第4版の改訂の主な内容は次の通り――。

・ 必要な情報が一目でわかることを重視し、今日の治療に即して記載項目が見直された。治療目標のみに固執せず、"糖尿病とともに生きる豊かな毎日"の実現をサポートするツールとして規定。

・ 患者の個人情報と病態、かかりつけ医などの関係者の情報をひとまとめにし、今回の改訂では「かかりつけ薬剤師」「産業医」「市区町村の保健師・管理栄養士」の記入欄が追加された。

・ 検査項目を新たに肝臓・脂質・腎臓に分け、患者にとって分かりやすくなった。見開き2ページで検査結果4回分が一覧でき、長期の経過が一目瞭然。

・ 眼科・歯科受診記録が2ページ分追加された。日本糖尿病眼学会、日本歯科医師会のアドバイスにもとづき、各科の医師が記載しやすいよう項目が修正された。

・ 糖尿病治療では合併症予防のための検査が欠かせない。網膜症・腎症・神経障害のほかにも、病態や年齢などにより、さまざまな検査が発生するので、第4版では各検査項目の記載方法が簡素化され書きやすくなったほか、高齢患者の増加に備えて骨格指数や握力の項目が新設された。

・ 適切な検査を適切な時期に実施するため、2年間の検査計画を書き込めるページを新設。年間の検査スケジュールの確認に使える。

公益社団法人 日本糖尿病協会
[Terahata]

関連ニュース

2020年05月14日
日本糖尿病学会が「糖尿病治療ガイド2020-2021」を発行 基本から最新情報までコンパクトに収載
2020年05月14日
日本糖尿病協会が「糖尿病連携手帳」第4版を発行
2020年05月14日
国内初の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原検査キットを発売 30分以内で判定が可能
2020年05月13日
糖尿病治療薬「フォシーガ」が左室駆出率が低下した心不全の治療薬として米国で承認 SGLT2阻害薬で初
2020年05月13日
【新型コロナウイルス】肺炎を有するCOVID-19患者に対する「アビガン」「フサン」の特定臨床研究を開始 東京大学
2020年05月13日
【新型コロナウイルス】感染予防策を単独・部分的に実施しても効果は低い いくつもの対策を組み合わせることが重要 筑波大学
2020年05月11日
「禁煙治療のための標準手順書」を改訂 加熱式タバコの拡大などを反映 4学会で対策
2020年05月08日
【新型コロナウイルス】レムデシビルがCOVID-19重症患者に対する治療薬として承認 国内初の治療薬
2020年05月08日
新型コロナウイルスの感染を抑制する抗体の取得に成功 北里大学など
2020年05月08日
【新型コロナウイルス】COVID-19のmRNAワクチンの第1/2相試験を米国で開始 ファイザーとBioNTech

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶