日本糖尿病学会が「糖尿病治療ガイド2020-2021」を発行 基本から最新情報までコンパクトに収載

 日本糖尿病学会は、「糖尿病治療ガイド2020-2021」を発行した。
「糖尿病治療ガイド2020-2021」
編著:日本糖尿病学会 2020年5月発行
 「糖尿病治療ガイド」は糖尿病の専門医のみならず、糖尿病が専門ではない実地医家や医療スタッフなどにも広く利用されており、1999年に初版が作製されて以来ほぼ2年おきに改訂されている。

 今回の改訂でも従来通り、(1)最近の糖尿病診療の進歩に即した記載変更、(2)糖尿病学会ならびに他の学会のガイドラインとの整合性、(3)新たに登場した治療薬への対応、などの事項に重点をおいて内容が見直された。

 今回の改訂の主な内容は以下の通り――。
・ 11章「病態やライフステージに基づいた治療の実例」が新設された。具体的な治療薬の選択基準に関して提示している。
・ 「糖尿病治療の目標」と「インスリン非依存状態の治療」の図が大幅に変更された。
・ 「病態に合わせた経口血糖降下薬の選択」の図が、「2型糖尿病の病態」と「2型糖尿病の血糖降下薬の特徴」に分離され、後者の記載が大幅に追加された。
・ 4章「食事療法」の記載内容が、「糖尿病診療ガイドライン2019」に合わせて大幅に改訂された。
・ 「薬物療法」と付録「血糖降下薬一覧表」が、2020年4月現在の薬剤情報にアップデートされた。
・ コラム「糖尿病に関わるスティグマとアドボカシー」「サルコペニアとフレイル」「就労期における未治療と治療中断」が追加された。

 同学会では「本書が、日々進歩している糖尿病治療の理解に役立ち、毎日の診療に一層活用されることを願ってやまない」と述べている。

一般社団法人 日本糖尿病学会
[Terahata]

関連ニュース

2020年05月18日
【新型コロナウイルス】COVID-19の迅速診断法の開発に成功 唾液から25分で判定でき、機器も不要
2020年05月18日
【新型コロナウイルス】オゾンでウイルスを1万分の1に不活化 実用的な条件下で除菌が可能
2020年05月14日
日本糖尿病学会が「糖尿病治療ガイド2020-2021」を発行 基本から最新情報までコンパクトに収載
2020年05月14日
日本糖尿病協会が「糖尿病連携手帳」第4版を発行
2020年05月14日
国内初の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)抗原検査キットを発売 30分以内で判定が可能
2020年05月13日
糖尿病治療薬「フォシーガ」が左室駆出率が低下した心不全の治療薬として米国で承認 SGLT2阻害薬で初
2020年05月13日
【新型コロナウイルス】肺炎を有するCOVID-19患者に対する「アビガン」「フサン」の特定臨床研究を開始 東京大学
2020年05月13日
【新型コロナウイルス】感染予防策を単独・部分的に実施しても効果は低い いくつもの対策を組み合わせることが重要 筑波大学
2020年05月11日
「禁煙治療のための標準手順書」を改訂 加熱式タバコの拡大などを反映 4学会で対策
2020年05月08日
【新型コロナウイルス】レムデシビルがCOVID-19重症患者に対する治療薬として承認 国内初の治療薬

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶