糖代謝異常者の循環器病の診療 日本循環器学会と日本糖尿病学会が合同でステートメントを公表

 日本循環器学会(代表理事:小室一成)と日本糖尿病学会(理事長:門脇 孝)は、合同で「糖代謝異常者における循環器病の診断・予防・治療に関するコンセンサスステートメント」を作成・発刊した。
双方の専門医の間の紹介基準も提供 幅広い臨床場面での利活用を想定
 米国のフラミンガム研究によって、高血圧、脂質異常症、喫煙に並んで、糖尿病が循環器疾患の危険因子であることが明らかになった。それ以来の国内外の多くの研究により、糖尿病は動脈硬化を促進することで、心筋梗塞などの虚血性心疾患や脳卒中、大動脈瘤、末梢動脈疾患を惹起することが明らかになっている。

 糖尿病は心不全の原因としても注目されている。「脳卒中・循環器病対策基本法」では、基本理念のひとつに循環器病の予防が挙げられ、心不全をはじめとした循環器病予防としての糖尿病対策は重要とされている。

 糖尿病に特徴的な細小血管の異常によって起こる腎臓病・網膜症・神経障害は血糖の管理により短期間に抑制されるのに対し、大血管障害に起因する心筋梗塞や脳卒中などの発症を抑制するには長期間を要する。

 そこで、日本糖尿病学会と日本循環器学会は合同でコンセンサスステートメントを作成した。同ステートメントは、単に最近のエビデンスにとどまらず、糖代謝異常者における循環器病の診断・予防・治療に関する重要なポイントが網羅されている。

 双方の専門医による情報共有および相互理解のためのガイドライン、さらには両診療科間の紹介基準の提供といった、幅広い臨床場面での利活用を想定している。

目次から
1. 診断
1. 糖代謝異常
2. 循環器疾患
2. 予防・治療
1. 糖代謝異常者における大血管障害(冠動脈疾患・末梢動脈疾患)の予防・治療
2. 糖代謝異常者における心不全の予防・治療
3. 糖代謝異常者における心房細動の治療
3. 紹介基準
1. 糖尿病専門医から循環器専門医への紹介基準
2. 循環器専門医から糖尿病専門医への紹介基準

糖代謝異常者における循環器病の診断・予防・治療に関するコンセンサスステートメント
[編集]日本循環器学会・日本糖尿病学会 合同委員会
[Terahata]

関連ニュース

2020年07月02日
糖尿病患者向け経済的支援を開始 COVID-19の影響で治療継続が難しくなった患者の医療費を支援 日本メドトロニック
2020年07月02日
GLP-1受容体作動薬の週1回投与単回使用製剤「オゼンピック皮下注SD」を発売 効能・効果は2型糖尿病
2020年07月02日
超速効型インスリン製剤での日本初のバイオシミラー インスリン リスプロBS注HU「サノフィ」を発売
2020年07月02日
世界初の経口投与できるGLP-1受容体作動薬「リベルサス錠」 2型糖尿病治療薬として承認取得
2020年07月01日
東京糖尿病療養指導士(東京CDE) 2020年度申込を受付中 講習会はeラーニング開催
2020年06月25日
肥満症治療を最適化し、肥満への理解の向上を目指す 国際研究プロジェクト「SOPHIA」が活動を開始
2020年06月25日
週1回投与の持続性GLP-1受容体作動薬「トルリシティ」が高い服薬アドヒアランスと継続性を示す
2020年06月24日
メトホルミンでは血糖コントロールが不十分な2型糖尿病患者でビクトーザが血糖コントロール期間を長期化
2020年06月24日
急性心筋梗塞後の心不全発症に対するジャディアンスの影響を評価する研究を開始 デューク臨床研究所と共同で実施
2020年06月24日
COVID-19の迅速診断法「SATIC法」の開発に向け産官学が連携 唾液から25分で判定でき、機器も不要

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶