サノフィが「Diabetes.Your Type.」キャンペーンを開始 糖尿病患者が病気を隠さずにいられる社会を

 サノフィは、それぞれ病態や症状が異なる糖尿病患者が、疾患にしばられることなく可能性を広げていけるよう支援する同社の世界的なキャンペーン「Diabetes.Your Type.」を、今年度より日本でも開始すると発表した。
一人ひとりを尊重し寄り添う「個別化」の重要さを伝える
 「Diabetes.Your Type.」は、同社が長年の経験で学んだ課題である、「社会における糖尿病の知識不足などによるスティグマ(偏見)」を縮小し、患者一人ひとりが最適な治療を継続して糖尿病のない人と変わらない生活を過ごせる環境支援を目指したキャンペーン。患者一人ひとりを尊重し寄り添う「個別化」の重要さを込めて、"Your Type"という名称を用いている。

 同キャンペーンは、同社の理念を示すマニフェストの発表に始まり、多様な患者のストーリーをインタビュー動画として共有、約2年前に開始した教職員などを対象に糖尿病の専門医、先輩患者が糖尿病患児のよりよい学校環境づくりを支援する日本糖尿病協会と共催の「KiDS Project」、ウェブサイト「DM TOWN」による糖尿病患者や家族向けの治療や生活に役立つ情報の提供、など包括的なプログラム展開を目指す。

 日本糖尿病協会の理事長である清野裕氏は、「糖尿病患者が病気を隠さずにいられる社会、治療の継続により、糖尿病のない人と変わらない生活を送ることができる社会づくりにつなげる啓発活動は、非常に意義があると考えます」と述べている。

 サノフィは、グローバルで約100年前からインスリンにかかわってきた歴史をもつ。同社は世界での糖尿病領域において、国際糖尿病連合(IDF)と国際小児思春期糖尿病学会(ISPAD)とともに、「KiDS(Kids and Diabetes in Schools)」を2013年に立ち上げた。KiDS Projectは現在、16言語の教材が使用可能。

 糖尿病の小児がハイキング活動を行う「T1D Challenge」も6年前から実施している。ハイキングを通じて、患児が自分自身を乗り越え、糖尿病があっても多くのことを達成できることを実感しているという。「Every One Matters」と題したオンラインコミュニティも運営し、糖尿病と共に生きる人々を励ますメッセージを届け、日常生活のサポートを行っている。

 日本でも、日本糖尿病協会とサノフィが、学校の教職員を対象とした小児の糖尿病啓発活動を行っている。また2001年からは、糖尿病と向き合う患者と家族を応援するために、「情報がみつかる・よくわかる・安心につながる」をコンセプトに、「DM TOWN」を公開。糖尿病治療や生活に役立つ情報を提供している。

Diabetes Your Type(Sanofi)
サノフィ
[Terahata]

関連ニュース

2020年03月05日
冠動脈疾患・脳卒中の10年以内の発症を予測するスコア「吹田CVDスコア」を開発 都市部の地域住民が対象 国立循環器病研究センター
2020年03月03日
【新型コロナウイルス感染症】 日本臨床微生物学会が「緊急Webセミナー」を開催 日本環境感染学会が「医療機関における対応ガイド 第2版」を公開
2020年03月03日
【新型コロナウイルス感染症】 新たな検査法の開発が急ピッチで進む 検出時間を大幅短縮 今月中にも実用化か
2020年02月27日
【新型コロナウイルス感染症】日本医師会が3月を「強化月間」に位置付け 一般の医療機関での対応方法も解説
2020年02月27日
重症下肢虚血を細胞治療による血管再生で治療 患者自身の脂肪細胞から作られる「DFAT細胞」を使用 世界初の臨床研究を開始
2020年02月27日
1型糖尿病を根治する先進的な研究を支援 新たな研究助成を募集 日本IDDMネットワーク
2020年02月19日
糖尿病網膜症での「網膜機能障害」を解明 神経栄養因子「BDNF」の減少が関与 EPA内服で発現が改善
2020年02月19日
医療ビッグデータの利活用が本格化 EHRは医療者にも患者にもメリットがある 「千年カルテプロジェクト」が進行中
2020年02月18日
【新型コロナウイルス感染症】 厚労省が「帰国者・接触者相談センター」への相談・受診の目安を公表
2020年02月14日
「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド」を公開 日本環境感染学会

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶