2型糖尿病の「隠れ肥満」はインピーダンス法で簡単に判定できる CTによる内臓脂肪面積の測定と高い相関 国立循環器病研究センター

 国立循環器病研究センターは、2型糖尿病患者の「隠れ肥満症」は、インピーダンス法で簡便に判定でき、高血圧・脂質異常症の合併と関連しているという研究を発表した。
2型糖尿病患者98人を対象に腹部CTとインピーダンス法で内臓脂肪を測定
 研究は、国立循環器病研究センター糖尿病・脂質代謝内科の大畑洋子医師、孫徹医長、細田公則部長らの研究チームによるもの。研究成果は「Cardiovascular Diabetology」電子版に掲載された。

 外見から肥満だと分からない場合でも、腹腔内に脂肪が蓄積する内臓脂肪型肥満は、「隠れ肥満症」とも呼ばれている。内臓脂肪の蓄積は、体脂肪の蓄積に比べ、心筋梗塞や脳梗塞などの動脈硬化性疾患関連していることが報告されており、改善すべき病態となっている。

 これまで隠れ肥満症の判定は、腹部CTを用いて、へその位置で内臓脂肪面積を測定することが必要だった。一方、近年開発された簡便な内臓脂肪測定機器を使えば、インピーダンス法により簡単に計測できる。

 インピーダンス法は、体内に微弱な電流を流して電気抵抗を測定し、脂肪の割合を算定する方法で、医療用の内臓脂肪計も販売されている。

 しかし、この検査法は微量な電流を使用するため、体に余分な水分が溜まっているような状態(心不全や、腹水貯留、むくみなど)では正確に測ることができない。また、動脈硬化性疾患を起こしやすい2型糖尿病患者でも、内臓脂肪型肥満の有無を調べることは重要だが、同機器を用いて調べられるかどうかは分かっていない。
CTとインピーダンス法による内臓脂肪測定は高い相関関係がある
 そこで、研究チームは、2011年10月~2012年9月までに糖尿病脂質代謝内科に入院し、腹部CTとインピーダンス法で内臓脂肪測定を行った患者98人(男性73人、女性25人)について解析した。

 CTとインピーダンス法による内臓脂肪面積の関連を検討した結果、体の余分な水分の貯留が疑われるBNP100pg/mL以上の患者では、CTに比べてインピーダンス法での内臓脂肪が低値だった。

 水分の貯留がインピーダンス法に影響を及ぼしている可能性が考えられたため、そうした患者を除いたうえで、CTとインピーダンス法による内臓脂肪面積の関係を解析したところ、高い相関関係があり、両者は同様に内臓脂肪面積を測定できた。
 次に、高血圧・脂質異常症の合併との関連をみたところ、この2つの方法による内臓脂肪面積は、同じように高血圧と脂質異常症の合併と関連していたことが明らかになった。
 これらの結果から、2型糖尿病患者において、インピーダンス法はCTと同様に内臓脂肪蓄積型の肥満の有無を調べられることが示された。研究チームは、インピーダンス法によって測定した内臓脂肪面積が、将来の動脈硬化性疾患の発症を予想できるかどうか、検討を続けていくとしている。

 また、「隠れ肥満をコントロールすることで、その後の脳梗塞や心筋梗塞などの病気の発症がどの程度予防できるか、新たな知見につながると考えられる」と述べている。

国立循環器病研究センター糖尿病・脂質代謝内科
Efficacy of visceral fat estimation by dual bioelectrical impedance analysis in detecting cardiovascular risk factors in patients with type 2 diabetes(Cardiovascular Diabetology 2019年10月22日)
[Terahata]

関連ニュース

2020年03月05日
冠動脈疾患・脳卒中の10年以内の発症を予測するスコア「吹田CVDスコア」を開発 都市部の地域住民が対象 国立循環器病研究センター
2020年03月03日
【新型コロナウイルス感染症】 日本臨床微生物学会が「緊急Webセミナー」を開催 日本環境感染学会が「医療機関における対応ガイド 第2版」を公開
2020年03月03日
【新型コロナウイルス感染症】 新たな検査法の開発が急ピッチで進む 検出時間を大幅短縮 今月中にも実用化か
2020年02月27日
【新型コロナウイルス感染症】日本医師会が3月を「強化月間」に位置付け 一般の医療機関での対応方法も解説
2020年02月27日
重症下肢虚血を細胞治療による血管再生で治療 患者自身の脂肪細胞から作られる「DFAT細胞」を使用 世界初の臨床研究を開始
2020年02月27日
1型糖尿病を根治する先進的な研究を支援 新たな研究助成を募集 日本IDDMネットワーク
2020年02月19日
糖尿病網膜症での「網膜機能障害」を解明 神経栄養因子「BDNF」の減少が関与 EPA内服で発現が改善
2020年02月19日
医療ビッグデータの利活用が本格化 EHRは医療者にも患者にもメリットがある 「千年カルテプロジェクト」が進行中
2020年02月18日
【新型コロナウイルス感染症】 厚労省が「帰国者・接触者相談センター」への相談・受診の目安を公表
2020年02月14日
「医療機関における新型コロナウイルス感染症への対応ガイド」を公開 日本環境感染学会

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶