SGLT2阻害薬「フォシーガ」が米国で2型糖尿病患者の心不全による入院リスク低減の承認を取得

 アストラゼネカは10月21日、米国食品医薬品局(FDA)より、SGLT2阻害薬「フォシーガ」(一般名:ダパグリフロジン)の心血管疾患の既往歴または複数の心血管リスク因子を有する成人2型糖尿病患者の心不全による入院リスク低減の承認を取得したと発表した。
心不全による入院リスクを低減する機会を提供
 同剤は、複数の心血管リスク因子または心血管疾患の既往歴を有する2型糖尿病患者の心不全による入院リスクの低減を適応として、米国で承認された最初のSGLT2阻害薬となった。

 この承認は、「DECLARE-TIMI58」試験の結果にもとづく。同試験は、複数の心血管リスク因子または心血管疾患の既往歴を有する2型糖尿病患者を対象としたSGLT2阻害薬の心血管アウトカム試験(CVOT)。

 同試験は、広範な患者集団を対象とした、第3相無作為化二重盲検プラセボ対照多施設共同試験で、複数の心血管リスク因子、あるいは、心血管疾患の既往歴を有する患者を含む、心血管イベントリスクが高い成人2型糖尿病患者を対象に、フォシーガの有効性と安全性をプラセボと比較評価した。

 日本を含む世界33ヵ国882施設から1万7,000例超の患者が登録され、TIMI試験グループ(米・マサチューセッツ州ボストン)がHadassah Hebrew大学メディカルセンター(イスラエル・エルサレム)と協力し、独立して実施された。

 その結果、フォシーガはプラセボと比較して、心不全による入院または心血管死の主要な複合評価項目のリスクを有意に17%低下させた(4.9% vs. 5.8% ハザード比0.83 [95% 信頼性区間0.73-0.95] p=0.005)。

 この結果は心不全による入院における27%の有意なリスク減少(2.5% vs. 3.3% ハザード比0.73 [95% 信頼性区間0.61-0.88])にもとづいている。治療ベネフィットはすべての患者サブグループにおいて一貫していた。

 FDAは、フォシーガの第3相DAPA-HF試験およびDELIVER試験にとづき、左室駆出率が低下した心不全(HFrEF)または左室駆出率が保持された心不全(HFpEF)の成人患者における心血管死または心不全悪化のリスク低減を目的とした開発に対し、ファストトラック指定を付与した。

 また、第3相DAPA-CKD試験に基づき、慢性腎臓病(CKD)患者における腎不全の進行遅延、心血管死ならびに腎死の予防を目的とした開発に対し、ファストトラック指定を付与した。

 同試験の共同治験統括医およびThrombolysis in Myocardial Infarction(TIMI)試験グループの主任研究員を務める、ブリガム・アンド・ウィメンズ病院およびハーバード大学医学部のStephen Wiviott氏は、「DECLARE試験は、ダパグリフロジンが複数の心血管リスク因子または心血管疾患の既往歴を有する2型糖尿病患者の心不全リスクを低減することが可能であることをはっきりと証明した重要な試験。これらのデータは、多様な患者集団の心不全リスクに対応するために、私達の糖尿病管理を、血糖コントロールを第一としたものから血糖コントロールを超えたものへと変える可能性がある」と述べている。

 この承認は2019年8月に発表したEUにおける販売承認内容への追加に続くもの。また、同適応の追加は中国においても承認審査中であり、規制当局の判断は2020年の上半期に得られる予定。なお、2型糖尿病患者の心不全による入院リスク低減の適応は日本では未承認だ。
[Terahata]

関連ニュース

2020年03月05日
高齢糖尿病患者などで血糖コントロールが厳格過ぎる 低血糖リスクが高い可能性
2020年02月27日
SGLT2阻害薬の心血管保護効果は背景因子に関わらず有意
2020年02月20日
膵島抗体スクリーニングで小児1型糖尿病リスクを評価可能
2020年02月13日
NAFLD併発2型糖尿病患者の医療費が今後20年で6兆円――米国の推計
2020年02月06日
高齢1型糖尿病患者では重症低血糖が認知機能低下のリスク
2020年01月30日
isCGMで成人1型糖尿病患者の低血糖や欠勤が有意に減少
2020年01月23日
SGLT2阻害薬で痛風発症率が低下
2020年01月16日
歯周病の治療で糖尿病の合併症が減り、費用対効果がアップ
2020年01月09日
高齢2型糖尿病患者の低血糖リスクを3項目で評価
2019年12月25日
男性は運動により空腹時GLP-1が低下し糖負荷後の応答が改善

関連コンテンツ

編集部注:
  • 海外での研究を扱ったニュース記事には、国内での承認内容とは異なる薬剤の成績が含まれています。
  • 2012年4月からヘモグロビンA1c(HbA1c)は以前の「JDS値」に0.4を足した「NGSP値」で表わすようになりました。過去の記事は、この変更に未対応の部分があります。ご留意ください。
ページのトップへ戻る トップページへ ▶